厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革のエイジングとお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

検索

タグ

(287)
(231)
(179)
(130)
(85)
(67)
(66)
(64)
(59)
(48)
(45)
(44)
(37)
(34)
(33)
(30)
(29)
(28)
(28)
(24)

最新の記事

純喫茶探訪・北鎌倉(侘助)大..
at 2017-09-23 12:36
セミオーダー・イタリアンバケ..
at 2017-09-21 15:23
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2017-09-18 12:46
イタリアンバケッタレザー・エ..
at 2017-09-13 15:02
イタリアンバケッタレザー・..
at 2017-09-08 15:31

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
アーティスト

ファン

純喫茶探訪・北鎌倉(侘助)大船(珈琲庵)相武台前(東京珈琲)~神奈川編

今回は、2軒の純喫茶と1軒の喫茶店です。

1軒目は、北鎌倉を歩いてすぐの「侘助」です。

駅前の賑わいから、静かな時を味わえるお店です。

f0032021_12134587.jpg


内観は、洗練された大人の山小屋のようで、
秘密の場所を見つけたかのような、気分です。

f0032021_12155945.jpg
f0032021_12161494.jpg


ランチタイムに行ったので、カレーを相方と注文しました。

独自のスパイスが効いていて、深みのある味でした。
とても美味しかったです。

コーヒーは先を急いでいたので、頼めませんでしたが、
また、また鎌倉に行くときは、訪れたいところです。

静かな雰囲気なので、時を楽しめる場所です。




2軒目は何度か訪れている、大船駅から5分程のところにある、
「珈琲庵」です。

湘南は、改装や代替わりをして純喫茶が小奇麗であまり味のない店に
変わってしまっている所が多いので、
ここは、貴重な存在です。

レトロながら、清潔な空間。
ランプも渋く、壁や什器もとても好みです。
f0032021_12224584.jpg


私は、キリマンジェロを注文。

キリッとした苦味とほのかな酸味、澄んだ水感がある美味しいコーヒーです。

相方は、ウィンナーコーヒーを注文。

ウィンナーコーヒーは、予想以上です。
爽やかなコーヒーに、もったりと生クリーム。
ほのかな甘味。
推測ですが、発酵バターがのっていて、こっくり旨いコーヒーでした。

f0032021_12274048.jpg



メニューもコーヒーが中心で、レアチーズケーキとトーストなどがあるだけなので、
静かにコーヒーを味わえるいいお店です。



3軒目は、相武台前「東京珈琲」です。

ここは、代替わりをしたと思われ、
コーヒーは、正直薄く。
内装の一部が、変わっていたのですが、
空間は魅力的でした。

f0032021_12341877.jpg
f0032021_12342971.jpg

往年の頃に行ってみたかったお店です。


貴重な純喫茶にも早く行かなければ、なりません。
# by sittemasuka | 2017-09-23 12:36 | 純喫茶探訪 | Trackback

セミオーダー・イタリアンバケッタ・プエブロ・マネークリップとロディアメモ帳カバー

今回セミオーダー頂いたのは、イタリアはトスカーナ州で生産される、
極上バケッタレザー・プエブロのオルテンシアを使った
、マネークリップと
「イタリアンオイルバケッタ」マラカイトを使った、
新作ロディアメモ帳カバー(UNLIMITED)用です。



{軽快さの選択}

マネークリップは、お札とカードだけを持ち歩く、
大人の選択です。
お札がはみ出さないように、サブポケット付きです。

手持ちのプエブロオルテシアはほぼなくなりましたが、
現在交渉中です。



{筆記をアップグレードする}

ロディア(UNLIMITED)
9cm×14cm用のシンプルなブックカバーのような
形です。


後ほどお二人分配送予定ですので、
到着まで少々お待ち下さい。



f0032021_1518895.jpg



セミオーダー・イタリアンレザー・プエブロ・マネークリップ(オルテシア)


f0032021_15182382.jpg

f0032021_15185564.jpg
f0032021_1519538.jpg




セミオーダー・イタリアンオイルバケッタ・ロディアメモ帳ホルダー


f0032021_15192195.jpg
f0032021_15193234.jpg
f0032021_1520784.jpg






「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。




「イタリアンオイルバケッタ」は、

イタリアのトスカーナ州でなめされた
フルベジタブルタンニン鞣しオイルドレザーです。


古代イタリアトスカーナ地方に伝わる製革法「バケッタ」による
たっぷりのオイルでじっくり時間をかけた、丁寧な鞣しにより、

しっとりした重量感と透明度の高い自然なムラ感のある染色が美しく、

フルベジタブルならではの透明感のある艶上がりエイジングをしていきます。


アルプスの自然に育てられた放牧の雄牛の原皮を使用。
特に上質なショルダーのみを使用しています。






気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
# by sittemasuka | 2017-09-21 15:23 | レザー作品 | Trackback

イタリアンレザー・プエブロ・長財布2・時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、劇的なエイジングを見せる、イタリアンバケッタレザー
プエブロのオルテンシアを使った、長財布2を制作しました。




{シンプルにお札を入れる}

長財布2は、お札を「たっぷりと収め・取り出しやすく」を意識して制作している財布です。

カードは最低限の4枚。
小銭も収納可能です。

余計なものを入れないことで、財布も清潔に保て、掃除もしやすいです。




イタリアンレザー・革新のプエブロ・長財布2(オルテシア)



f0032021_1244443.jpg

f0032021_12443447.jpg


f0032021_12445180.jpg


f0032021_12445881.jpg

f0032021_12456100.jpg





「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
# by sittemasuka | 2017-09-18 12:46 | レザー作品 | Trackback

イタリアンバケッタレザー・エルバマット・名刺入れとキーケース・時を刻む革小物

今回は、イタリアはトスカーナ産バケッタレザーの最高峰
エルバマットの紺を使った、名刺入れとキーケースを
制作しました。


{大人の嗜み(たしなみ)}


名刺入れには、サブポケットが付いていて、
名刺交換の際にスムーズにおこなえるようになっています。



{つぎ目のないカギを握る}


キーケースは金具が外にきていないので、革の握り心地を楽しんでもらえます。

鍵が外にはみ出ないように、スリットをいてれいます。



f0032021_1504328.jpg



イタリアンバケッタ・エルバマット・名刺入れ(紺)


f0032021_151368.jpg

f0032021_1511839.jpg

f0032021_1512753.jpg




イタリアンバケッタ・エルバマット・キーケース(紺)


f0032021_1514318.jpg
f0032021_1515342.jpg
f0032021_152359.jpg







エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
# by sittemasuka | 2017-09-13 15:02 | レザー作品 | Trackback

イタリアンバケッタレザー・エルバマット・ロディアメモ帳カバーと3本差ペンケース・時を刻む革小物

今回は、イタリアはトスカーナ産バケッタレザーの最高峰
エルバマットのオリーブを使った、ロディアメモ帳ホルダーと3本差ペンケースを
制作しました。


{少数精鋭}


3本差ペンケースは、大切な3本のペンを持ち運ぶためのペンケースです。
蓋もないので、出し入れがスムーズです。



{筆記をアップグレードする}


ロディアメモ帳ホルダーは、no11用のサイズです。

シンプルな形の縦型で、あえてペンホルダーはつけていません。
切った後のメモも収納可能です。

オレンジの表紙でおなじみ
1920年にフランスで誕生して以来、優れたデザイン性と使い勝手のよさで
ヨーロッパでは日常に欠かせないほど親しまれているメモパッドの定番です。

書き味も滑らかです。


f0032021_15292949.jpg



イタリアンバケッタ・エルバマット・3本差ペンケース(オリーブ)


f0032021_15295086.jpg

f0032021_1530269.jpg

f0032021_15301081.jpg




イタリアンバケッタ・エルバマット・ロディアメモ帳ホルダー(オリーブ)


f0032021_15302477.jpg
f0032021_15303232.jpg
f0032021_1530514.jpg







エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
# by sittemasuka | 2017-09-08 15:31 | レザー作品 | Trackback