厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革のエイジングとお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
沖縄
アジア旅行記
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

検索

タグ

最新の記事

イタリアンバケッタレザー・ア..
at 2017-04-25 15:46
動き出す春とクレマチスや植物..
at 2017-04-22 15:33
イタリアンバケッタレザー・プ..
at 2017-04-19 17:45
イタリアンオイルバケッタレザ..
at 2017-04-19 16:45
イタリアンバケッタレザー・ア..
at 2017-04-16 14:04

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

アート・デザイン
アーティスト

ファン

イタリアンバケッタレザー・アリゾナ・システム手帳とブックカバー名刺入れ・時を刻む革小物

今回は、トスカーナ州で生産される、バケッタレザー・アリゾナのウィスキーを使った、
システム手帳とブックカバーを制作しました。



{共に刻む歴史}

システム手帳は、携帯に便利なミニ6穴サイズです。

ペンホルダーを左にしたことで、筆記の際邪魔にならず、書きやすいです。
カードも4枚収納可能で、ポケットも2つ付いています。



ブックカバーは、文庫本サイズです。

サイズさえ合えば、色々な手帳カバーとしても使えます。




f0032021_15435148.jpg


イタリアンオイルレザーアリゾナ・システム手帳(ウィスキー)


f0032021_1544064.jpg

f0032021_15441049.jpg

f0032021_15441795.jpg





イタリアンオイルレザー・アリゾナブックカバー(ウィスキー)




f0032021_15443066.jpg
f0032021_15444010.jpg











アリゾナは、イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で作られた
ハンドメイドレザーです。
特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、
天然植物タンニンでなめし、
タンブル(シボ出し)加工しています。
そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められた
イタリアを代表する最高級レザーです 天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、
そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
[PR]
# by sittemasuka | 2017-04-25 15:46 | レザー作品 | Trackback

動き出す春とクレマチスや植物が教えてくれること。

f0032021_1510894.jpg




引っ越してきて、取り戻すように、暇があれば、
花々や草木を買ってきています。


冬の終わり頃、花が咲いているクレマチスの苗を買ってきました。

クレマチスの茎がもろいものだと知らず、
絡めてある、支柱からとき、
植え直すことにしました。


新しい鉢に土を入れ、
クレマチス苗から、支柱を引き抜こうと、絡まり合う苗をほどいていく時に気づきました。

茎はもろくパキパキと折れることを。




それでも植え替えたい欲求に負け、ほどこうとすれば、する程、パキパキと折れてしまいます。


2時間ほど格闘の末、ほどけましたが、見るも無残な状態です。


気づいていたはずなのに、事態は悪化しました。



調べてみると、折れやすいクレマチスの茎が折れそうになった所に、
セロテープを貼るといいと知り、

また、1時間くらいかけて、セロテープを巻きました。


夜になり、クレマチスを見に行くと葉っぱがクタッとなっていました。



それで、強剪定のクレマチスだったこともあり、3時間を無駄にするように,

数センチを残し、切ることにしました。


見るも無残な状態です。


生きているようには、とても見えない様態でしたが、他の植物と同じように、

水をあげながら、雨に気をつけながら、1ヶ月程がたち、暖かかくなってきたある日、

枯れたように見える茎から、薄い緑の芽が出てきました。




うまくいかない時、物事が動かない時、

成果が思うように出ない時、


何が原因で、うまくいっていないのかが、絞り込めない時、


疑う必要があると思います。

疑うというと、あまり良い響きではないようですが、

必要なことだと思います。


賞賛された過去や、やり方、人に対しても。


同じやり方で通用するのは、自分だけの世界で、変化を見ないことでしか、
通用しません。

そこで、大切なのは、うまくいっていた事ほど、
伝わっていたと思うことほど、

疑うことです。

自分が間違っていたと認めてはじめて、原因が見えてきます。

おごりや、あっていると思いこんでいたものを、考え直し、
何が足りないのかを必死で考えます。



それを打開する次の一手が、思うように打てない時、

見た目ではわからないことほど、地味なところほど、
改善をしなくてはならない時があります。


目に見えない、一手を積み重ねていれば、時期が来た時に(チャンスが来たときに)、
やっと、新しい芽を出すことができると思います。


クレマチスや、庭にアトリエに、リビングに。

春の時間はしっかりと来てくれています。



自らの時間は進んでいないようにみえる時期も、自分にとっての
来る春がきた時に芽が出せるように、

疑い、必死で考え、次なる一手を打ち続けることの大切さを、

何時も自然の強さが教えてくれてくれるようです。



芽が出ないときに、根を張る大切さを。
[PR]
# by sittemasuka | 2017-04-22 15:33 | 日々 | Trackback

イタリアンバケッタレザー・プエブロ・長財布と3本差ペンケース・時を刻む革小物

イタリアは、トスカーナ州で生産される、極上バケッタレザー・プエブロのオルテシアを使った、
長財布とコッチネラを使った、3本差ペンケースを制作しました。



{可動式・定番長財布}


定番長財布は、コインケース部分が可動式になっているため、
お札の出し入れがし易いデザインです。

他にお札を入れるポケット2つと、小銭入れ。
カードは最低限の4枚です。


必要最低限のデザインにすると、余計なものを入れず、
お財布を清潔に保てます。


プエブロ・オルテシアの財布は、手元の在庫が少数になったため、ラストになりそうです。




{少数精鋭}



3本差ペンケースは、お気に入りのペンを3本っ持ち歩くためのペンケースです。

蓋がないので、革が馴染むと、ペンの出し入れがスムーズです。


太めのペンも入ります。
画像はDELTAヴィンテージです。


プエブロ・コッチネラも、手元の在庫がごく少量になりました。

プエブロは、手元の在庫がなくなり次第、終了です。



f0032021_17425394.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・長財布(オルテシア)


f0032021_17432243.jpg

f0032021_17433284.jpg

f0032021_17433854.jpg




イタリアンレザー・革新のプエブロ・3本差ペンケース(コッチネラ)



f0032021_17435159.jpg
f0032021_17435893.jpg
f0032021_1744327.jpg






「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。






気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
[PR]
# by sittemasuka | 2017-04-19 17:45 | レザー作品 | Trackback

イタリアンオイルバケッタレザー・エルバマットのエイジング(経年変化)

ブッテーロとプエブロと肩を並べる、イタリアンバケッタレザーの最高峰・
エルバマットの経年変化と
「イタリアンバケッタレザー」のエイジングレポートです。


まだ2ヶ月なので、劇的な変化ではありませんが、
美しい艶と質感の変化を起こしています。


エルバマット(ミモザ)を使って制作したマネークリップは、
しっとりとした質感はそのままに、
そこにハリが出てきています。

上質な艶と茶色っぽく色の変化もしてきました。

このムラ感がとても好きな革です。



新品
f0032021_16254551.jpg



使用2ヶ月
f0032021_16261997.jpg


f0032021_16262888.jpg






エルバマットのオリーブを使ったジョッターケースも、美しい艶をまとってきています。


新品
f0032021_16271121.jpg




使用2ヶ月


f0032021_16272655.jpg

f0032021_16273262.jpg






「イタリアンバケッタレザー」は、前回よりも艶がまし、少しやわらかくなりました。

ゆっくりと熟成をしていくエイジングです。


新品
f0032021_16293014.jpg




使用2ヶ月

f0032021_16295151.jpg

f0032021_16295825.jpg





さすが、イタリアンバケッタレザーは、上質さ、美しさ、経年変化どれをとっても、一級品です。

どちらかといえば、エルバマットがおすすめです。







エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
[PR]
# by sittemasuka | 2017-04-19 16:45 | 革のエイジングとお手入れ | Trackback

イタリアンバケッタレザー・アリゾナ・巻きたばこケース・時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、トスカーナ州で鞣されている、バケッタレザー・アリゾナの黒を使った、巻きたばこケースを制作しました。



巻きたばこケースの改良しました。

マチ以外を一枚にすることで握り心地がよくなり、高級感も増しました。

巻きたばこのペーパーを収納できるペーパーホルダーがついています。
フィルターは、たばこのパッケージに一緒に入れて、使っています。


新しいたばこの楽しみを始められた人に贈る巻きたばこ用ポーチです。
巻きたばこは、吸う量や太さを調整でき、様々な香りのする(バニラ・お茶・チョコ・カクテルフルーツなどなど)物をブレンドして楽しむものです。



イタリアンオイルレザーアリゾナ・巻きたばこケース(改)(黒)



f0032021_1455044.jpg


f0032021_1455963.jpg

f0032021_146697.jpg





アリゾナは、イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で作られた
ハンドメイドレザーです。
特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、
天然植物タンニンでなめし、
タンブル(シボ出し)加工しています。
そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められた
イタリアを代表する最高級レザーです 天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、
そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
[PR]
# by sittemasuka | 2017-04-16 14:04 | レザー作品 | Trackback