厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革の経年変化とお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(343)
(239)
(190)
(150)
(105)
(94)
(92)
(88)
(82)
(67)
(62)
(56)
(50)
(44)
(43)
(42)
(38)
(33)
(30)
(29)

最新の記事

イタリアンレザー・ブッテーロ..
at 2018-12-14 15:56
可動式定番長財布について。
at 2018-12-12 10:39
セミオーダー・プエブロ・シス..
at 2018-12-11 15:06
イタリアンレザー・ブッテーロ..
at 2018-12-07 15:59
オスマン・トルコパレスランプ..
at 2018-12-06 16:36

記事ランキング

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
アーティスト

ファン

イタリアンレザー・ブッテーロ・2つ折りコインキャッチャー財布とキーケース・時を刻む革小物

今回は、新規入荷したイタリアはトスカーナ産の
名門ワルピエ社で鞣される
世界の頂点に位置する
バケッタレザー
ブッテーロのグリーンを使った、
2つ折りコインキャッチャー財布とキーケースを制作しました。



{煩わしさから楽しさへの鍵}


2つ折りコインキャッチャー財布は、お札が入るようになった
コインキャッチャー財布です。

コインキャッチャー金具に

500円・100円・50円・10円を種類別に収納でき、
パットいくらか分かるので、お支払いが
とてもスムーズで、スマートです。

その他の小銭は、膨らみをもたせたポケットに
滑らすように入れられます。



{つぎ目のないカギを握る}


キーケースは、金具が外に来ないようにしてあるので、
革の握り心地を楽しんでもらえます。

内側は、すべてを削ぎ落としたフラットな形。
鍵がはみ出ないようにスリットを入れてあります。




f0032021_1553267.jpg




イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・2つ折りコインキャッチャー財布(改)(グリーン)


f0032021_15574297.jpg



f0032021_15544291.jpg



f0032021_15543463.jpg


f0032021_15545834.jpg



イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・キーケース(グリーン)


f0032021_15551228.jpg
f0032021_15552530.jpg




ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)


鎌倉・湘南・横浜などのポータルサイト
です。

https://shonan.storeinfo.jp/




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
# by sittemasuka | 2018-12-14 15:56 | レザー作品 | Trackback

可動式定番長財布について。

可動式定番長財布です。

色々な財布がありますが、

私はいつも長財布にお札、小銭はコインキャッチャー財布。

免許証など以外のカード類はL型財布かカードケースに入れています。



財布の中に余計なものを入れたくないのと、

掃除がしやすく、手入れがしやすいためです。



コンパクトな財布も好きですが、

いつどこで、すごい人に出会うかわかりません。

いつどこで、ちゃんとしたお店にお邪魔するかわかりません。



いつも着ている服や靴のように、財布も手入れを行き届かせ、

何時でも堂々としていられるための長財布です。



自らが見ているように、

一角の人や店はしっかりと見ていると思います。


f0032021_10205290.jpg



カードは最低限の4枚です。


f0032021_1027575.jpg



銭入れ部分が可動するのでお札の出し入れがとてもスムースです。



イタリアフィオッキ製の真鍮ホックで、しっかりと留まります。


f0032021_1029797.jpg



f0032021_10293524.jpg





今回使用している革(プエブロ)は、

イタリアはトスカーナ州ので生産されている

バケッタレザーを使用しています。



バケッタレザーを簡単に言うと、

「植物タンニンなめし」の後に「オイルを加える」ことで、

極上の経年変化を楽しめる革です。



プエブロや私のところで使用している革は、

ブライドルレザー、クロムエクセル、ルガトー、エルクレザー以外は、

全てこの「バケッタレザー」(タンニンなめしも含め)の世界最高峰に位置する革たちです。





プエブロの経年変化の様子です。


f0032021_10352100.jpg



f0032021_10325576.jpg




f0032021_10352359.jpg


f0032021_10353612.jpg



f0032021_10355889.jpg





手縫いで、すべての工程を一人で制作、

金具はイタリアの真鍮製フィオッキ社の最高級ホックを使用しています。


f0032021_10363016.jpg



オイルケアは不要で、

普段は乾拭きのみのケアが、一番いいです。
汚れが付いたときや、たまに、固く絞った柔らかい布で拭き、

乾拭きしてあげるといいです。

(馬毛ブラシがおすすめです。)



他にもいろいろなラインナップがあります。



f0032021_10191846.jpg





幸せは旅であり目的地ではない。

踊れよ、誰も見ていないかの様に。

恋せよ、一度も傷ついた事がないかの様に。

歌えよ、誰も聞いていないかの様に。

働けよ、金が必要でないかの様に。

生きよ、今日が最後の日であるかの様に。

(アルフレッド・スーザ牧師)






「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)


鎌倉・湘南・横浜などのポータルサイト
です。

https://shonan.storeinfo.jp/




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ
# by sittemasuka | 2018-12-12 10:39 | 商品一覧と特徴 | Trackback

セミオーダー・プエブロ・システム手帳とアコーディオンコインキーケース・時を刻む革小物

今回は、
イタリアはトスカーナ産の
名門バダラッシカルロ社で鞣される
バケッタレザー

プエブロのコッチネラを使った、
システム手帳とアコーディオンコインキーケースを制作しました。


{共に刻む歴史}


システム手帳は、ペンホルダーを左側にしたことで、
筆記の際に邪魔にならず、書きやすいんです。

太めのペンも収納可能です。

写真は、DELTAヴィンテージです。


カードも4枚収納可能で、
その下がポケットになっています。



{手の平に収まる2way}


手のひらサイズながら、真鍮の
キーリングがついているので、
キーケースとして、

2つの仕切りがあるので、小銭を種別に収納が
できる、すぐれものです。


f0032021_1533833.jpg




イタリアンレザー・革新のプエブロ・システム手帳(コッチネラ)



f0032021_1544339.jpg

f0032021_154519.jpg

f0032021_1545932.jpg

f0032021_155711.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・アコーディオンコインキーケースミニ(コッチネラ)


f0032021_1551880.jpg

f0032021_1552570.jpg

f0032021_1553548.jpg






「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)


鎌倉・湘南・横浜などのポータルサイト
です。

https://shonan.storeinfo.jp/




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
# by sittemasuka | 2018-12-11 15:06 | レザー作品 | Trackback

イタリアンレザー・ブッテーロ・マネークリップと2本差しペンケース・時を刻む革小物

今回は、新規入荷したイタリアはトスカーナ産の
名門ワルピエ社で鞣される
世界の頂点に位置する
バケッタレザー
ブッテーロのグリーンを使った、
マネークリップと2本差しペンケースを制作しました。


{軽快さの選択}


マネークリップは、軽快さの選択です。
お札とカードをスマートにコンパクトに
持ち運べます。


お札がはみ出にくいようにサブポケット。
ホック付きなので、しっかりと閉まります。



{少数精鋭}


2本差しペンケースは、厳選された2本のペンを
持ち運ぶためのペンケースです。

万年筆も入る太さです。

写真のペンの太い方は、
ファーバーカステルエモーション(万年筆)です。

長さ:約138mm(収納時)

最大胴軸径:約14.4mmφ キャップ径:約16.8mmφ(クリップを除く)


f0032021_1558668.jpg



イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・マネークリップ(グリーン)


f0032021_15572935.jpg

f0032021_15573781.jpg

f0032021_15574674.jpg
f0032021_15575337.jpg




イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・2本差しペンケース(グリーン)


f0032021_15582083.jpg

f0032021_15582887.jpg
f0032021_15583512.jpg

f0032021_15584632.jpg




ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)


鎌倉・湘南・横浜などのポータルサイト
です。

https://shonan.storeinfo.jp/




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
# by sittemasuka | 2018-12-07 15:59 | レザー作品 | Trackback

オスマン・トルコパレスランプ・味わいを増していくもの達

リビングのメインランプは、エジプシャンランプと
散々迷った挙げ句、
トルコのパレスランプにしました。


和の鎌倉にもあう、シックな佇まいです。


f0032021_16331826.jpg



天井にも美しい光の模様を写してくれます。


f0032021_16343567.jpg




f0032021_1635015.jpg





好みの部屋のテイストが変わっても馴染んでくれそうな
素敵なランプです。
# by sittemasuka | 2018-12-06 16:36 | お気に入りの良い物・本 | Trackback