厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(363)
(244)
(193)
(151)
(116)
(111)
(96)
(93)
(86)
(70)
(63)
(61)
(52)
(48)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

ザッセンハウスコーヒーミルと..
at 2019-05-20 14:44
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-05-18 14:12
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-05-11 16:04
イタリアンレザー・プエブロと..
at 2019-05-09 15:06
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-05-08 16:34

記事ランキング

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

ザッセンハウスコーヒーミルとカリタ銅ポットと新作鍋つかみ。

ゴールデンウィークの影響か、今月の
売上が激減で大変な状況の中、そんな場合でもないのですが、

ある焙煎の達人の店との出会いをきっかけに、
今までのコーヒーへの価値観が変わり、
コーヒー沼に更に更に入り込んでしまっています。

ドリッパーやポット、ペーパーなどを買っては
試し買っては試しの沼の中です。

そんななか、
あるかたから、ずっと気になっていたコーヒーミル
ザッセンハウスを頂きました。

f0032021_1355753.jpg



前に買った、カリタのすりつぶす刃と違い、
ザッセンハウスは豆をカットする刃なので、
手応えが軽く、豆の粗さが均一になります。

挽いているときの香りも段違いで、
ドリップの最初の蒸らしの時の香りのたちも
全然違います。

カリタと同じ細挽きでの湯抜けも良く、
細かいながら、湯だまりができにくいのも
優秀です。

雑味のもとの微粉もかなり少なくなります。


ただ一つ、粗さの調節ネジが、
固定式ではないので、
引く前に少量挽いてみて、粗さの確認が必要なのと
挽き具合が変わるため
安定した淹れ方が難しいです。

安定感、香り、手応え、デザイン、木の質感
どれをとっても買う価値のある逸品です。



ポットもステンレスのものから、
カリタの銅のポット(内側は錫メッキ)のものに
変えました。

錫メッキは、水の味を良くする効果があると
色々なところで、聞きますが、

個人的な感じ方ですが、
錫メッキの質にもよるのかもしれませんが、
コクが少し薄くなる印象があります。

そそぎ心地は、600mlの小さいもののせいか、
ドリップをするときに持ち上げながら、
お湯を落とさないと、ドリッパーに
当たります。

特に2人~4人用のドリッパーでは、注ぎにくく当たります。
1人~2人用ののドリッパーであれば、
奥側を注ぐときに少し持ち上げ気味にすると
湯量が均一になります。


それと、ポットの先から注ぐ時の湯量ですが、
やや太く、角度が急なので、特に初めは急に太く
お湯が出る傾向にあります。

急須スキッターを付け、角度を急にしてやると、
かなり改善します。


それでも、スレンレスの角度がゆるいものと比べ
湯は少し太くなります。

(ステンレスのものはこのぐらいの太さにできます。)
f0032021_1415263.jpg



色々なものをさしひいても、経年変化と共に、
銅のポットを使うのは、盛り上がります。


プラスチックの持ちてのものは、便利ですが、
デザインが野暮ったいのと、特に外で使う場合、
プラスチックが溶けてしまうので、真鍮製のものにしました。

f0032021_14192166.jpg





そこで、イタリアンバケッタレザー・プエブロで
新作の鍋つかみを制作しました。

f0032021_14194539.jpg


プエブロを贅沢に2枚重ねにし、
2箇所のスリットにより、人差し指から小指までと親指を
入れられます。
親指や小指は出しても使え、
左右どちらの手でも使用可能です。


画像を見てもらえれば、わかりますが、
縦型のポットの場合、三角形の先の部分が
持ったときに支えの役目を果たし、
革の厚みもありますので、
軽い力でも支えられるようになっています。

出かけるときや、フックに掛けられるように
真鍮製尾ハトメとプエブロの紐が付いています。


f0032021_1423496.jpg

f0032021_14231724.jpg



内側

f0032021_1427022.jpg


縦型の他に上から持つタイプにも使用可能です。


f0032021_11473870.jpg



使い初めは、少し固く感じるかもしれませんが、
使用につれ革も柔らかくなり、使いやすくなっていきます。



銅のポットやザッセンハウスと共に
プエブロの鍋つかみも経年変化を重ね
美しくなっていきます。


余談ですが、

ドリッパーはステンレスのものよりも、
ハリオの円錐型ドリッパーがおすすめです。

f0032021_1431472.jpg


そこに写真のように、メリタのドリップペーパーを
折っていれるのが、現在のところおすすめです。


ただのコーヒーを淹れる時間が、
道具により豊かに深くなっていきます。

買い物は、新しい扉を開いてくれ、
物事をより深いところまで連れていってくれるので、
失敗や発見がとてもおもしろいです。
# by sittemasuka | 2019-05-20 14:44 | お気に入りの良い物・本

イタリアンレザー・プエブロ・長財布2・時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、世界最高峰の革が集まる
イタリアはトスカーナ産の
なかでも抜きに出るバケッタレザー
を鞣す、名門バダラッシカルロ社の

プエブロのバイオレットを使った、
長財布2を制作しました。



{シンプルにお札を入れる}

長財布2は、シンプルにお札を入れるための
長財布です。

100万円以上たっぷりとお札が入り、
マチも広いので、出し入れがスムーズです。

カードは最低限の4枚。

小銭を入れることも可能です。

私もいつもこの長札入れと小銭を分けて
使用しています。


余計なもの入れないと掃除もしやすく、
清潔に保てます。


イタリアンレザー・革新のプエブロ・長財布2(バイオレット)



f0032021_14112184.jpg
f0032021_14113089.jpg
f0032021_14113969.jpg
f0032021_14114637.jpg
f0032021_1411579.jpg




「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
# by sittemasuka | 2019-05-18 14:12 | レザー作品

イタリアンレザー・プエブロ・システム手帳とロディアメモ帳カバー・時を刻む革小物

世界最高峰の革が集まる
イタリアはトスカーナ産の
なかでも抜きに出るバケッタレザー
を鞣す、名門バダラッシカルロ社の

プエブロのオリーバを使った、
システム手帳とロディアメモ帳カバーを制作しました。


{共に刻む歴史}

システム手帳は、左側にペンホルダーを配置したことで、
筆記の際邪魔になりません。

太めのペンも収納可能です。
(写真はDELTAヴィンテージ)

カードも4枚収納できます。



{筆記をアップグレードする}


ロディアメモ帳カバーはno11サイズです。

ペンホルダーも排除したことでスッキリとしたデザインで
コンパクトです。

シンプルなものほど、上質な革で。


f0032021_1615863.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・システム手帳(オリーバ)


f0032021_162113.jpg

f0032021_1622168.jpg

f0032021_1622966.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・ロディアメモ帳ホルダー(オリーバ)



f0032021_1624263.jpg
f0032021_1624984.jpg





「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
# by sittemasuka | 2019-05-11 16:04 | レザー作品

イタリアンレザー・プエブロとブッテーロの経年変化・時を刻む革小物

世界最高のイタリアンバケッタレザーは、
イタリアのトスカーナにあります。

バケッタレザー・タンニンなめしの不動の双璧、

バダラッシカルロ社・プエブロと

ワルピエ社ブッテーロの
緑の経年変化レポートです。


f0032021_1448158.jpg

f0032021_14482222.jpg

f0032021_14484745.jpg



まずは、先日新入荷したプエブロ(バイオレットとオリーバ)です。


イタリアンレザー・バケッタレザー・プエブロ
カメラストラップ(バイオレット)

新品

f0032021_14501559.jpg




使用1ヶ月ほど。

徐々に深い色合いへと艶をまといながら
変化してきています。


f0032021_14522836.jpg



イタリアンレザー・バケッタレザー・プエブロ
ジョッターケース(オリーバ)


新品

f0032021_1453762.jpg



使用1ヶ月ほど。

徐々に艶をまとっていくていますが、
まだ、経年変化の初期段階です。


f0032021_1454132.jpg


イタリアンバケッタレザー・プエブロ
2本差しペンケースショコラと共に。

f0032021_14543636.jpg


抜群の色と艶です。(熟成期)
f0032021_14563726.jpg



イタリアンバケッタレザープエブロ
コインキャッチャー財布(ネイビー)と
巻きたばこケース(グリージオ)も
抜群の色合いと艶です。
触っていても、もちっとして気持ちがいいです。
(熟成期)


f0032021_14572683.jpg



イタリアンバケッタレザー・ブッテーロ
ミニマム財布とブックカバーの経年変化の様子です。

使用半年ほど。
前回よりも色も少し深くなり
質感もしっとりとしてきました。

抜群の色です。

f0032021_14594622.jpg



イタリアンバケッタレザー・ブッテーロ
ミニマム財布


f0032021_1515521.jpg





イタリアンバケッタレザー・ブッテーロ
ブックカバー


f0032021_1522841.jpg


イタリアンバケッタレザー・ブッテーロ
長財布(葡萄酒)も
熟成期です。


f0032021_154572.jpg



やはり、プエブロとブッテーロは頂点にふさわしい
経年変化と質感です。




「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。




「ブッテーロ」は
ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
# by sittemasuka | 2019-05-09 15:06 | 革の経年変化とお手入れ

イタリアンレザー・プエブロ・ミニマム財布とキーケース・時を刻む革小物

世界最高峰の革が集まる
イタリアはトスカーナ産の
なかでも抜きに出るバケッタレザー
を鞣す、名門バダラッシカルロ社の

プエブロのバイオレットを使った、
ミニマム財布とキーケースを制作しました。



{ミニマムで、変幻自在}

ミニマム財布は、折りたたんでお札、
カード、小銭や鍵などを収納できる
ミニマムでコンパクトな財布です。

マチも付けてあるので、出し入れがしやすい、
新しい財布です。



{つぎ目のないカギを握る}

キーケースは、金具が外に来ないので
革だけを握れて、
革の質感を存分に楽しんでもらえます。

二個分の革を使用した堅牢な仕様です。

鍵がはみ出ないようにスリットも入れてあります。


上品で美しいバイオレットとともに
楽しんでもらえれば幸いです。


f0032021_16302432.jpg




イタリアンレザー・革新のプエブロ・ミニマム財布(バイオレット)


f0032021_16304010.jpg

f0032021_16323474.jpg

f0032021_16324344.jpg

f0032021_16325093.jpg

f0032021_16325768.jpg




イタリアンレザー・革新のプエブロ・キーケース(バイオレット)


f0032021_1633824.jpg
f0032021_16331677.jpg
f0032021_16333242.jpg





「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
# by sittemasuka | 2019-05-08 16:34 | レザー作品