厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革のエイジングとお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(339)
(239)
(190)
(149)
(103)
(92)
(90)
(87)
(81)
(67)
(61)
(56)
(50)
(44)
(42)
(42)
(34)
(33)
(30)
(29)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-20 15:57
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-18 16:30
イタリアンレザー・ブッテーロ..
at 2018-11-14 15:05
チーク無垢材のローテーブル・..
at 2018-11-12 12:49
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2018-11-10 15:23

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
アーティスト

ファン

味わいを増していく物たち。turkフライパン・ホットサンド機(直火)

今回も革からちょっと離れて、いいものをご紹介していきます。
料理は、生涯の趣味で、革小物と同様、いいものを丁寧に手間をかければ、同様のものができるので常に創意
工夫の毎日で飽きることがありません。
作れば作るほど、工夫の余地がでてきます。

そこで大事なのが、道具です。
日常に革の作品に使っている道具を書くより先になってしまってしまったのですが、書き時が見つからないので、後回しです。

最近IHや短時間で簡単な料理法が普及していますが、私は、直火焼きで、長時間煮込むことや、下ごしらえの時間が、料理のうまさにつながると思っています。

長くなりましたが、ずっと欲しかったいい鉄のフライパンを求めきましたが、やっと発見しました。
ドイツ生まれで、古典的でシンプルな鉄を人が叩いてできたturk(ターク)のロースト用フライパンです。
短時間で効率よく安くて使い捨てのものが多いこの頃、日本刀のように職人が叩いて造るものには何かが宿っています。

f0032021_1520345.jpg
f0032021_15204042.jpg


テフロンははじめ使いやすく、すぐに駄目になって使い捨てるものです。
あるで、安価で、効率よく、見た目がきれいな、大半のクロムレザー、塗りコバ、顔料仕上げににていますね。

タークのフライパンはその点、手入れも必要で、重いし、見た目も素朴なものなのですが、
シンプルで使いやすく、使って、手入れをしっかりしていけば、どんどん良く油がなじみよくなっていくフライパンです。
タンニンなめしの革も、初めは固く、個体差も出ますし、コバもすべての作業も手間が非常にかかりますが、
しっかりケアをして使っていけばいくほどよく良くなっていき、初めて完成する点が非常に近くて気に入っています。

タークのロースト用フライパンで、パンケーキ、フレンチトースト、ローストチキン、焼き蒸しシュウマイ、炒めなどをしてきた感想をちょこっと書きます。

タークは中心が盛り上がっていて、余分な油分が淵に逃げていき、カリッと焼けます。
初め、そんなに違うのかと半信半疑でしたが、
単純にうまいです。
外側はカリッと焼けて、肉汁を閉じもけるので、本当にジューシーで、うまいのが焼けます。
f0032021_15204983.jpg


焼きシュウマイは、蒸し焼きにするので、お湯を入れるので、少しこびりつきますが、柔らかいもので、すぐに取れます。(もう少し馴染んで来れば、つかなくなるかもしれません。)
なので、今のところ煮込みなどは、タークで炒めて、他のフライパンで煮込んでいます

パンケーキもかなりふわっふわに焼けますよ。
写真はありませんが、コツとしては、卵は多めに、牛乳は少し温めて混ぜ、蓋をして焼けば、ふっかふっかです。
まだ、タークが来て間もないので、また気づいたときにでも。
やっぱり手作りで手間をかけたものは、値ははりますが日常を豊かにしてくれます。
お気に入りのものをケアする時間も愛着を増していく時間です。
時代は進んでも、手仕事の良さや、職人が生き残っていけるかは買い手にも大きくかかっていますね。

おまけですが、ホットサンド機も直火用のものがあって、カリッカリッでうまいのができるし、
具だくさんのものができるのでおすすめですよ。
f0032021_15205791.jpg

f0032021_1525487.jpg
f0032021_15255247.jpg


追記
因みに持ち手は熱くなりませんよ。
煮込み料理はいい感じにできますが、煮込んだ後は、油の層が取れるので、念入りに油ひきが必要ですが、
できます。
タークのフライパンを使い始めて、少し経ちましたが、やはり段違いにいいですよ。
野菜も肉もパンケーキもふっくらで、うまみが増しますね。
パエリヤ
f0032021_1653027.jpg

野菜の蒸し焼き
f0032021_165244.jpg

うにソースのパスタ
f0032021_1653898.jpg


ついでにエルクでグリップを作ってみました。エルクを2重にして、指にグリップが効くようにしました。
エルクは水にも強いし、耐久性もあるので、振るときにいいです。
f0032021_1833852.jpg
f0032021_1834568.jpg

f0032021_1833374.jpg

f0032021_1832762.jpg



エルク(ヘラ鹿)一度触れば、やみつきの柔らかさと、手に吸い付くような質感。
ニュージーランドの大自然を生き抜いてきた、たくましく、しなやかで強靭な風合い。
加工では出せない、自然なシワや傷はまさに一点ものです。
ディアスキン同様水に強く、しかも、ディアスキンより個人的には柔らかくしなやかです。

気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/


他に販売させていただいている販売サイトは下記になります。
「cotte」のサイトの方が、販売手数料が安いので、できれば、このサイトからお願いします。

http://cotte-shop.jp/artist/1040/



こちらの二つでも、販売しています。
http://hands-gallery.com/shop/many/exhibits
又は、
http://www.iichi.com/shop/F8595193

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ
by sittemasuka | 2013-12-29 15:28 | お気に入りの良い物・本 | Trackback
トラックバックURL : https://djembe311.exblog.jp/tb/21182480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。