厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(371)
(248)
(193)
(154)
(125)
(115)
(97)
(95)
(88)
(77)
(63)
(62)
(52)
(52)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-21 16:08
セミオーダーやみつきエルクの..
at 2019-08-15 16:37
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-08-13 16:19
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-02 15:18
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-07-30 15:43

記事ランキング

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

革のカビ対策について。サドルソープ(モブレイ)編・時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、実験とともに革にカビが生えてしまった時の対処法の一例を紹介します。

特に今年のように長雨のときには、靴やカバンなど毎日使わないものがある場合、カビがはえることがあります。


原因は、湿気やケアをしないことによる、油や汚れ、食べかすなどとオイルなどのケアをやりすぎることで、

それを餌にして、カビが発生することがありますので、


今回は、愛用のカバンに実験台になってもらって、サドルソープ(モブレイ)ナイロンブラシ(コロニル)スポンジ(コロニル)シリカゲル・タピールフレーゲクリームを使った、ケアをしてみました。


靴の世界では知られていますが、なかなか革小物を水洗いすることは知られていないように感じます。


革は水に弱いわけではなく、水が水染み・色あせ・型崩れを引き起こしてしまうもとになりえるということです。


そもそも、革を鞣す段階で、大量の水が使われていますので、革は水に弱いわけではないことが、わかると思います。


水染み予防は、普段のブラッシング、水を固く絞った柔らかい布での水拭き・
乾拭き・ストッキング磨きです。
オイルが健康的に行き渡り、繊維が密で平らになっていれば、水は染み込みにくくなり、
浸透の度合いも浅くすみます。

逆に、オイルが切れパサパサな状態や、ならしていない傷があると、そこにより多く染み込みます。
(ブラシなどでならすと、傷が毛羽立ちの状態から、平らな傷になるので染み込みにくくなります。)



今回の実験の素材はイタリアンバケッタレザー「アリゾナ」です。

アリゾナは、しっかりとしたタンニンなめし・染料染め・バケッタ製法(オイルをたっぷりと染み込ませてある)です。

銀面(表面)はシボ。


※あくまで一例のため自己責任で行ってください。

※コードヴァン・スエードなどの起毛革・爬虫類の革・素仕上げのヌメ革(薄橙色のものは色の沈みが顕著です)
品質の良くない革は、洗い方の基本は一緒ですが、

コードヴァンは、洗ったあとに毛を倒す水牛の角が必要・

起毛革は、ブラシによる仕上げが必要

素仕上げヌメ革は、色が沈みやすいので、それを加味する必要があります。

品質の良くない革は、復元力に問題があるため、ヨレヨレ、パサパサ、型崩れを起こすことが予想されます。


※靴の場合は、シューキーパーと仕上げの工程が違うので、今度オールデンを洗うときにでも紹介します。





洗うときは、汚れがひどい時、不要なオイル分が層になっているとき、雨染み・浅いカビの時。
靴やカバンのようにハードに使われ、汚れがつきやすいものは1年に一回は洗ったほうが、キレイに保てます。

革小物は、日頃のケアをしていれば、数年は必要はないかと思います。





毎度、前置きが長くてすみません。


今回使ったのは、サドルソープ(モブレイ)ナイロンブラシ(コロニル)スポンジ(コロニル)シリカゲル・タピールフレーゲクリームです。





数ヶ月かけてカビを生やしてみました。

内側。外側は、撮り忘れてしまいました。



f0032021_16492342.jpg



まずは、ひたすらブラッシングで、カビを落としていきます。
床面(内側)は、ナイロンブラシ・

銀面(表面)は靴用の豚毛又は馬毛ブラシでひたすらキレイに落とします。
マスクをしたほうがいいです。


あらかた落ちました。


f0032021_1654299.jpg
f0032021_16541064.jpg


用意。
f0032021_16574154.jpg


次は水をまんべんなく染み込ませます。

f0032021_16561369.jpg


染み込ましたら、サドルソープ・ブラシ・スポンジで洗っていきます。


f0032021_1657933.jpg
f0032021_16572086.jpg


少し洗い流し、タオルで水気を拭き取ります。


後は、新聞などを詰め、形が崩れないようにベランダなどで陰干しします。
水が少し切れたら、シリカゲルを入れると尚いいです。


半乾きになってきたところで、必要であれば、ごく少量タピールフレーゲクリーム(復元力があります)を塗り、
完全に乾かします。

アリゾナはたっぷりとオイルを含んでいますので、あまり必要性を感じません。



※革は水に濡らし乾くと、その形状で固まる特性がありますので、密着しているところは、様子を見て離したり、型を直す感じで、乾かしていってください。





こんな感じにきれいになりました。

f0032021_1765887.jpg
f0032021_177823.jpg




洗う工程より、乾かす工程に少し注意が入りますが、革を洗ったあとは、洗いたてのシャツを着るように清々しい気持ちになります。


カビが生えてしまったら、捨てる前に、自分なりにも調べて、あくまで
自己責任で革の水洗いを試してみてはいかがでしょうか。


お役にたてれば幸いです。



by sittemasuka | 2016-10-28 17:11 | 革の経年変化とお手入れ