厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革のエイジングとお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(339)
(239)
(190)
(149)
(103)
(92)
(90)
(87)
(81)
(67)
(61)
(56)
(50)
(44)
(42)
(42)
(34)
(33)
(30)
(29)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-20 15:57
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-18 16:30
イタリアンレザー・ブッテーロ..
at 2018-11-14 15:05
チーク無垢材のローテーブル・..
at 2018-11-12 12:49
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2018-11-10 15:23

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
アーティスト

ファン

カテゴリ:未分類( 22 )

もう国産は安心ではない。添加物・産地・ニセエキストラバージンオイルから見る現実と改良策2/2

前回の記事の続きです。

※あくまで個人的な意見ですので、判断はそれぞれお考えください。
専門家ではありませんので、これから書くことは、あくまで参考程度に考えてください。
私の実体験と個人的な考えです。
私は、菜食主義者でもありません。


「数字から見る食品添加物」


私は統計というものは、どこから見るかにより変わるもので、そこまで信憑性を感じていませんので、
あくまで、こういう数字があると知ることが大切だと思います。

日本の食品添加物数(2007年8月時点では)
●指定添加物:約400種
●既存添加物:約400種
●天然香料:約600種
●一般飲料物添加物:約100種
合計1500種

○他国の食品添加物の認可数・・・
アメリカ・・・133品目
ドイツ・・・・・64品目
フランス・・・・32品目
イギリス・・・・21品目

現在更にものすごい勢いで増えています。
日本の食品は世界でダントツ1位の「添加物」が入っていると言われています。

もう海外のものより、基準が厳しく安全安心の国産はごく少数になっているということでしょう。

これが、自由な資本主義社会の縮図です。
人の命を考えるか、利益と効率を優先するかも自由ということです。

※添加物は、よく放射能などの時に言うように、直ちに体に危害を及ぼすことがない言われます。
危険性は否定出来ないが、いろいろな要因が他にあるので、
直接添加物と癌などの病気と因果関係が証明できないので、
「まあ大丈夫でしょう」ということです。

食品の個別検査・添加物と添加物が組み合わされた時の健康被害については調査していないと言われています。
海外では論争になり、製造も販売も禁止になっているものが
日本で「安全」とされ、
国が大丈夫というので、安全と書ける仕組みです。

こんなことをしている国産食品をただ国産というだけで、安全だと思いこむのを辞める必要があります。


息抜きに下記に
面白い動画があります↓



数え上げればきりがないので、代表的なものを書いておきます。

「着色料」
赤色102号などの着色料類(日本以外のほぼすべての国で禁止)
他にもカラメル・青・黄色など

「酸化防止剤」
BHAブチルヒドロキシアニソール
※表示されていないことが多く、植物油脂・マーガリン・パーム油などと書かれていることが多い。


「発色剤・防腐剤」
亜硝酸Na

「甘味料」
アスパルテーム
サッカリンなどなど。

※糖類・糖質ゼロは人工甘味料がたっぷりのものが多数です。
和菓子に至っても、よく見かける大量生産の和菓子には人工甘味料を中心に添加物がいっぱいです。

割れせんべいなども見栄えのために、カラメル色素をよく見かけます。

「トランス脂肪酸」
マーガリン・ショートニング・植物性油脂などなど
※乳製品や作物、養殖物などには、遺伝子組み換え・成長ホルモン剤などの問題も多数存在します。
ホルモン剤で病気になり、抗生物質を投与したものが残っていたりなどの問題も。

「漂白剤」
過酸化水素などなど

「防腐剤・合成保存料」
ソルビン酸
ソルビン酸カリウムなどなど

「小麦改良剤」
臭素酸カリウム
※パンと菓子は群を抜いている印象です。
天然酵母を使っていても添加物はたんまりです。
こだわりの小麦・国産原料使用でも添加物は良いみたいですね。

更に100%と表示のないものは、
あくまで「使用」であって、色んなところから輸入した安価で危険性のあるの
を入れてもこだわり、国産~使用といえます。


他にもヘルシーや美容にいい・無糖・減塩・カロリーオフ・
健康的とうたって、添加物がたんまり入っているものも多数です。
きりがありません。
発癌性物質や生活習慣病にかかる恐れのあるものがたんまりです。
原産国の表示も調べてみれば信用でないことがわかると思います。




「日本のエキストラバージンオリーブオイルの現状」
オリーブオイルは健康に良いと思いこんで、使用をしていていました。

最近オリーブオイルを変えて、何だか滞りがあるので、
調べてみるとまた、がっかりです。

例えばスペインでは、
オリーブの搾りかすなどを原料に化学的な溶剤で抽出して生産されたオイルを
「ポマース・オリーブオイル」というそうです 。

日本ではこれをピュア・オリーブオイルとして販売しています。

ヨーロッパなどにある国際オリーブ協会(革で言うタンニン鞣し協会)に日本は加盟していないためないため、
JASマークなどをつけたり(私の買ったものは、green/world good foodと記載されていました。)
して、甘い基準さえ通れば、
とりあえず「エキストラバージンオリーブオイル」と表記していいそうです。

オリーブオイルの値段の幅は、とても広いので、
ここでも小規模の信頼できそうな生産者から買わないと、
健康のため取り入れたはずが、
酸化していて、原料が悪い薬品漬けのものを日々使うことになります。


「三人に一人の癌と抗癌剤世界シェアについて」


世界の抗がん剤のシェアの実に7割が日本で使われていると言われています。

蛇足ですが、世界では統合医療が多いと多いと言われています。
あくまで、選択肢として、CBDオイル(医療用マリファナ)の流れも頭の片隅に
入れておいてもいいかもしれません。



なんだか、カラクリが見えてきていると思います。
これが、自由な資本主義社会の一つの側面かと思います。

病気の人が増えれば、薬や保険、健康食品などが売れる側面もあるということです。
善良な人たちが多ければありがたいのですが、
命よりも利益や効率を優先する人たちもいることは、否定出来ないと思います。


「買い物から考える改善策」
何だか救いのない話のように見えますが、希望はしっかりとあります。

私も革小物を制作して、買っていただいて、生計を立てて生活しています。
作りての立場からみれば、原料にこだわり、手間をかけたものは、
大手の様に量産をしているところよりも、当然高くなります。

商売なのでもちろん利益が出ないといい物は作れない現実は自ら痛いほどわかります。
綺麗事だけで、利益が出なければ、いいものは作れません。

ですが、
作り手には、選択肢があります。


(利益を選ぶ)か、(志をもって品質にこだわるか)です。

幸いなことに、日本には美味しいものやいい物がたくさんあります。
もちろん量産品より生活を犠牲にしないかぎり、高いです。

※ブランドなどのイメージだけで、広告と人件費に殆どをさき、原料は残念なところもありますので、
高い=いいものではないとお思います。

私も、作り手であると同時に消費者です。

安く買い物ができることは、ありがたいことです。
でも安さの裏には、もちろん犠牲があると思います。

他の国に安いものを提供するために、安い賃金・過重労働・農薬や危険・土地の買収。
安価で、見栄えが良くなる添加物などなど。


価格ではなく価値に重きをおく「フェアトレード」が基準にできると思います。
(フェアトレードショップで買うことではありません)


「安くて・旨くて・綺麗なもの」を求めないことが大切かと思います。

有機物は、無機物の作り物と違い、傷やばらつきがもちろんあります。
天然の色は草木染めをしていてわかるのですが、ビビットなカラーではありません。

タンニンなめしの革も牛は生き物ですので、傷や欠陥の後などがあります。
人が染める染料の色付けは、ムラがあります。

ですが、そこに限りない魅力風合いがあり、生活とともに経年変化していきます。

対して、安価なクロムなめし・顔料染め(いいクロムなめしももちろんあります。)は、
素肌ではあまり品質の良くないものを薬品でそれなりにし、顔料でペンキを塗るように見栄えを良くします。
このような革は、もはや無機物です。
(食品添加物と、とても似ている構造です)

クロムなめし顔料染めの革ができるのは、安くて、効率が良くて、見栄えが鮮やかで、
なにより均一でクレームが来ないことに充填が置かれた結果ともいえます。


調味料や野菜や商品も、均一で、見た目が綺麗で、安いものが求められ、
高くて(適正価格)で売れなければ、添加物や農薬を添加して、見栄えはいいけれど、
味はイマイチで危険性のあるものが出まわり、いいものを作っている人が姿を消していってしまいます。

これは、消費者にとって選択肢がなくなっていくということです。

逆に、小規模の志のある生産者から食品を買うことで、
量産品の消費量と追いついてくれば、
良い物を作れば売れるという市場になっていきます。

結果、消費者も安全で美味しいものが食べれることに繋がっていくと思います。

選択肢がなくなれば、どんなものでも買うしかない状態に追いやられていってしまいます。


これから、TPPが始まり、守っていかなければならない瀬戸際だとお思います。


理想(品質)現実(利益)
考えて、より良い方向に進むために
買い物が非常に重要な役割を果たすと思います。

何よりも何を買うかが、生産者へのメッセージになると思います。

正直で人を思いやる日本人ももちろんいれば、そうでない人もいるし、
外国人についても同じで、適当でいい加減な人もいれば、伝統を守り、
人や環境を一番に考えてくれる人もいます。


「まとめ」
無数にある添加物を避けることは不可能だと思います。

ですが、意識して減らしていくことはできると思います。


日本語特有の言い回しと、誇大広告を見破るために日本語を正しく読み、自分で確認をすることだと思います。

料理をつくる手間
毎日食べるものについて調べる手間が重要です。

せめて、毎日食べる(調味料や食品)を改善していくことはできるとお思います。

自信のあるものは、アピールポイントになりますので、何処県産と書いてあります。
着色料は、ないものがあります。
人工甘味料もないものがあります。
保存料は種類がありますので、見極めを。

材料の少ない昔ながらの製法を守っている生産者の方もたくさんいます。
インターネットで、調味料は問い合わせしてくれている人もいますし、
会社にはホームページも有ります。(製造工程の説明をしてくれている生産者の方もいます。)



何も、自然食品の店やフェアトレードショップだけで買う必要はないです。
ストレスがたまらない程度に、
物事を疑い、見極めることで、自分の体や、
身近な人の健康を考えることは非常に重要だとお思います。

その近道は単純に本当に良い物や旨いものを体験して、判断していくことと、
健康は、自分の体のことですので調子が悪いなーと思えば、
原因があり、改善していくことが大切だとお思います。

病気になるのは仕方がないと諦める前に、健康や権利は自ら守っていこうと思います。

長々と失礼いたしました。
by sittemasuka | 2015-10-12 19:21 | Trackback

もう国産は安心ではない。添加物・産地・ニセエキストラバージンオイルから見る現実と改良策1/2

長くなりますので2回に分けて書いていきます。

革とはあまり関係のないことですが、皆様の「健康」へのきっかけになればと思い書かせていただきます。
日々の当たり前のことほど非常に大切だとお思います。
そして、選択肢を持つことは非常に大切だと思います。


※あくまで個人的な意見ですので、判断はそれぞれお考えください。
専門家ではありませんので、これから書くことは、あくまで参考程度に考えてください。
私の実体験と個人的な考えです。
私は、菜食主義者でもありません。

日本の食品添加物・産地、オリーブオイル
 などの表示や基準・抗癌剤使用率からみる、
日本人の癌の多さと、病気の多さ。




「胃腸科と漢方医院」

現在漢方医院に通院しています。
「痰湿」ということです。(長くなるのでお調べください)

いわゆる水毒で、日々の生活で簡単にいうと余分な悪い水がたまり、滞り、
うまく外へ排出できない状態と私は考えています。(舌の苔の厚さで見る)

初め、胃腸科に行ったところ、血液検査をして、膵炎の疑い(あくまで疑いです)がありと言われ、
糖・脂肪・油分・食物繊維の摂取をなるべく控えるようにと言われ、
消化剤と胃薬のようなものを飲むように言われました。(殆どの物は食べれません。)


一週間経ってもあまり改善が見られなかったので、
その間色々と調べ、
漢方医院に行ってみることにし、痰湿と言われました。


消化剤(胃腸科と同じもの)と漢方の生薬を処方され、
積極的に食物繊維(葉物)やきのこ、発酵食品をとり、熱い飲み物を飲み・脂質や糖分・乳製品
・小麦(グルテン)(モチも粘り気があります)を控える必要があるということです。


葉物の取り方は、野菜炒めが一番良く、電子レンジ・蒸す・煮るの順番がいいということです。
(以外にもオイルを使う野菜炒めが他の調理法よりもいいということです。
それは、オイルは全般悪いものではなく、人間の体には必要で、
他の調理法は繊維が溶けてしまうので、
食物繊維をとり、外へ排出する力が弱まるということです。)


同じように見えるかもしれませんが、かなり食べれる範囲は変わります。
野菜・魚・発酵商品・米粉・たまに赤身肉・料理に使う分の糖分はOKです。
現在のように改善してくれば、卵・肉・豆腐・たまにの外食やケーキ・チーズ
・小麦製品なども食べられています。

長くなりましたが、要はバランスです。食べ過ぎず
、偏食をせず、体に負担のかかる食べ物を取る場合は、
繊維や発酵食品などを多く取り、バランスを取ることが大切です。

{大切なのは、手間をかけ、熱いものを飲食、過食をしない・脂質・油・糖質・乳製品・小麦・、
本題の利益追求のために作られている、添加物と見た目だけいいものを極力取らないことです。}





「その答えがマクロビオティックではなく、和食です。」
和食の考え方は、3食でバランスをとり、最低限の調味料で素材の味を活かし、季節のものを食べる。
非常に理にかなっています。
和食はそして、奥が深く、簡単です。

ストレスなく時間のあまりかけられない方でもできます。
●(良質な油を取れる)魚は下処理には、少し手間がかかりますが、煮る時間は肉よりも早く、
早いもの15分ほどでできます。

●野菜は、工程が短く、和える・焼く・煮る・漬け込むなどの代表的な調理方法です。
調味料も良い物を選んでも、揃える種類が少ないので敷居はそんなに高くありません。
醤油・味噌・酒・塩・酢・みりん・蜂蜜(又は甜菜糖やきび砂糖)でだいたいのものは作れます。

特に、いい調味料を選び、酒は飲酒用の余計なものが入っていない大吟醸
ミリンは酒と同様本みりん
を選ぶだけでも味が格段に変わります。(料理酒やみりん風調味料は味も悪く添加物の塊です。)


簡単にストレスなく続ける方法は、夕食の際にメインのものを多く作り、常備菜を何品か数日に一度作っておくことです。
そうすれば、朝ごはん、昼ごはん、晩ごはん、お弁当などに使えるため、
全体で見れば、夕食の手間は減ることになります。

最近の魚屋さんや市場では、魚を用途に合わせ三枚おろしや、内臓を抜いたり、ぶつ切りにしてもらうなどもしてもらえるところが増えています。(ここ1年は。いまさらながら魚の旨さに心底驚いています。)


調味料は選びさえすれば、
何もオーガニックのショップに行かなくても手に入ります。
(小規模で信頼の置ける会社や個人か、原産地・添加物の有無を比較してみてください。)



「痰湿になった原因について思うこと」
私は料理が趣味で、和・洋・中・エスニック・イアドカレー・洋菓子全般作れるため、
常に90%以上は自炊です。

国産を選び、玄米中心で、
バターやマーガリンを使うお菓子は極力作らず(スコーンなどはオイル)

野菜は中国産を避け、

調味料は国産を中心に良い物を選び、オイルはオリーブオイルやごま油を使い、
スーパーやコンビニの惣菜、冷凍食品・外食でもチェーン店やファミレスなどのものは食べない生活でした。
(市販のお菓子・肉は食べていました。)
何となく健康的に見えるかもしれませんが、間違いが多くありました。



一人旅で10年近く放浪し、フルーツピッキングをしたり、自然食品店で働いていたこともあり、
玄米と野菜中心の食生活を5年前まではしていました。
(肉もお菓子も乳製品も食べますので、マクロビオティックとは全然違います)


それがここ5年ほど前から、食生活のスタイルが変わりました。

旨いものを求める生活。
自炊や物を選ぶ基準は変わらないのですが、
肉中心で、毎日のようにヨーグルト食べ(生乳100%に牛乳からヨーグルトメーカーで作っていました。)、
うまいパンにはまり、市販のお菓子を毎日のように食べる生活でした。

自炊も揚げ物・インドカレー・洋食・中華・エスニック・パスタ・チーズ・韓国風・時間をかける煮込み料理
クーベルチュールチョコレートを使ったお菓子などの
脂肪分・乳製品・砂糖・刺激の強いスパイス・小麦粉・おまけに添加物までたっぷりと食べていました。


自分の中では、自炊は90%以上・野菜は毎日ふんだんに使い、
ヨーグルトを毎日食べ、スパイス(取り寄せ)たカレーを作り、
調味料は国産のものを選び(安いものは避けて)、
産地の確認と国産を選ぶ(主に九州産)
・オイル選び・お菓子以外の市販品はあまり食べず、
カップラーメンやスーパー・コンビニの惣菜・チェーン店では極力食べない。
生活なので、健康に気を使っているはずでした。

それが今思うと色々な事が見えてきました。
本は厳しい基準があり、比較的国産は安全だと思い込み、
日本の食材や製品は世界的に高品質だと思い込み、
表示や添加物を見過ごし、
野菜の取り方を見誤り、
オイル選び(エキストラバージンオリーブ)に失敗し、
ヨーグルトとスパイスは体に良いと思い込み、体を冷やした結果


「痰湿」を引き起こしたのだと現在は思います。


次の記事で異常なほど多い添加物国産食品・偽エキストラバージン・
国産の信用性、
なぜ、健康に人一倍気を使っているはずの
日本人に癌や病気が突出して多いのか?
思い込みから脱却する方法について、個人的に書いていこうと思います。

つづく
by sittemasuka | 2015-10-12 15:44 | Trackback

通常営業を再開いたします。.

色々なストレスと食事の偏りからきたと思われる
膵炎の疑いがあり、休養と検査をいたしまして、一時今後の人生がどうなることかと思いましたが、
漢方でいう、痰湿のようで、やっと体調も戻ってきました。
食事療法と漢方の力を借りながら、
再開いたします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

明日から、3件のセミオーダー製作に入ります。

革小物の製作を長く続けていきたいとおもっているので、生活習慣を見直し、精進していこうと思います。
by sittemasuka | 2015-02-21 15:44 | Trackback

レザークラフト動画 シリーズ レザーバーニング ピーコック

ユーチューブの画面に行けば、説明も書いています。
レザーバーニングの動画です。メヘンディのピーコックdesignです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
by sittemasuka | 2012-11-30 10:10 | Trackback

レザークラフト動画 シリーズ レザーバーニング アラビア式

ユーチューブの画面に行けば、説明も書いています。
レザーバーニングの動画です。メヘンディデザイン

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
by sittemasuka | 2012-11-30 10:07 | Trackback

レザークラフト動画 レザー バーニング蓮

ユーチューブの画面に行けば、説明も書いています。
レザークラフト動画・番外編 レザーバーニング

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
by sittemasuka | 2012-11-30 10:04 | Trackback

こころのかたわれ

まったくのわたくしごと。
のろけ話。
神話とかによく出てくる話。
もともと一つだった人間は2つにさかれて、不完全になって生きていく。
 いつもどこか一人でしょい込んで、倒れて、立ち上がる。
孤独・・・その孤独にもだんだんとなれていき、生きるのに忙しく片割れの存在もあきらめて、自分の心の隙間といつもどこかで向かい合っている。

この世界には自分の片割れは存在するのだろうか?
凹と凸。
ココロとココロがそのまま触れるように。
互いに変化する中で触れ合うと一つになるように。
1人の時より2人でいる時の方が自分でいられるように。
自分を自然に変えれるように。
いつも(ありがとうね)のなかにいられるように。
仕合わせを分かち合うように。

そんな相手がいてくれました。

「〜吉野弘「生命は」より引用させてもらいました。〜

生命は
自分自身だけでは完結できないようにつくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や 風が 訪れて
めしべとおしべを仲立ちする
生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ
世界は多分
他者の総和
しかし
互いに欠如を満たすなどは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときにうとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのはなぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も  あるとき
誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない」



森の中にいるとよく思う。
互いにただまっすぐと生きることにそれぞれが命を燃やしている。
時に他者の命を奪い、時に共生し生きる自然。
風も雨も土も陽も生も死さえも廻っている。

人間は自然の対局のように思われがちだが、個別に取り上げればみな不完全なもの。
他者があって、あらゆるものがあって、生かされている。
個々では生きてゆけない。

そんな世界の中で結局は(一人)と思って、あきらめて生きるのはなかなかに大変なこと。
だから、「人生みな修行」なんて言葉がはやったりすのだろう。
確かに生きることはなんやかんやありますが、一人で起き上がることが(強さ)なのではないように思います。
誰かを想って、未来のために立ち上がるほうが、やる気も出るし、力まなくてもしなやかな強さがでるようです。
弱みを許してくれる存在が、違った世界の見方を教えてくれます。

一人旅は自由で楽だけど、誰かと、空気や風や匂いや美味しさやつらいことやうれしいことを、おいしいものを食べたときのように、(おいしいね)と分かち合えることのほうが楽しいのだと今さらながら、気づきました。

何のために季節があって、
行事があって、
仕事があって、
言葉があって、
色々な出来事があって、
食べ物があって、
楽しみがあって、
悲しみがあって、
出会いががあって、
別れがあって、
生きることがあるのかがいつかわかるのかもしれません。

そして、温もりのある今の中でこそ、色んなことを考えたり、
伝えたり、
感謝したり
する方が良いように思うのでした。

誰かのための虻になれたらいいな~
誰かのための風になれたらいいな~
f0032021_22214468.jpg

f0032021_22223234.jpg

こころのかたわれにいつもいつも感謝。





                  
by sittemasuka | 2012-02-17 22:28 | Trackback

フォトレタッチ サーカスとあるひのゆめ

フォトショップ・フォトレタッチ作品 
サーカス
f0032021_20473484.jpg


あるひのゆめ
f0032021_20472956.jpg


ラメ曼陀羅のほうもちょこちょこと数を増やしていってます。
by sittemasuka | 2012-02-17 20:50 | Trackback

ぐるり庵を撤退します。

まず初めに、改装やイベントを手伝ってもらえて、ありがたかったです。
仕事を回す仕組みは、どうやら、他の場所でつくる流れになりました。
 オーナーとのずれは、力及ばず、いい方向には向かいませんでした。 

それぞれの立場、考え方、動くスピード、伝えあうこと。
今回は強引にでも、なんとか、イベントと改装は形にはなりましたが、想いは、空廻りのようでした。
スピードもリズムもテンションも大事だけど、やはり、伝える事が一番大事なようでした。
最近色んな社長さんや大人の方と話す機会も多く、自分に足りないところがおぼろげに、見えてきています。
一つ一つ話を聞いて、実践して、人間の幅を広げなばならないようです。

作品を置く場所。お客さんとかかわる場所は、ただ売れる(売れる事はもちろん現実的に大事。)ところではなくて、何かを感じてもらえて、買ってもらえる所にすることにしました。

手伝ってくれた人たちに、感謝とすみません。
by sittemasuka | 2011-08-03 12:52 | Trackback

ありがたいこと、気付き、反省、繰り返し

予定が変わり、イスラエル・ヨルダン・モロッコへの撮影の同行の話は、スポンサーが付いてくれ、旅券も手配も終え、後は待つばかりの所で、自分のカルマが出てきました。
 いつもの悪い癖。一度根深い所で考えの違い、言葉に引っかかってしまうと、理屈をつけて、その違いばかりを見てしまう。それが、どんどん大きくなってきて、大きくなってきて、一番弱く、ある意味で楽な選択。。。関係を断ち、身をひいてしまう。
 頭の中で大きくなってきたことを念頭にその人と話し、その中で、薄々、大げさすぎたと気付くのだが、それを受け入れられず、攻撃のような形になってしまうのだ。
そのあとで、決まって、自責の念と、反省と、虚しさが残るのも知っているのに。

人を信じる。受け入れる。話を聞く。違いを認める。相手を思いやる。
そういう、大切で必要なことを出来ない自分がいる。

今回、たまりにたまった色んなこと、自分にとって大切なことを一方的に言ってしまった。
確かにそれはどれも本当のことなのだが、一方で弱みのような所をついてしまう。。。
そういう所が、子供だと言ってから気付くのだ。。。。
 人間はみんな違うし、完ぺきではないし、自分の望んだ形でもないのも分かっているし、やっぱりわかっていない。
いつものパターンではここで、すべての扉を閉めてしまうのだが、この話にかかわってくれている人々の器の広さと、優しさのおかげで、首の皮一枚残すことができた。
話を受け止めてくれ、考えてくれ、みんながよくなって行けるように提案してくれ、気遣ってくれるのだ。

本当にありがたく、久しぶりに涙が出た。
器の広い人間になりたいと思う。
相手の話を聞ける人間になりたいと思う。
人を思いやれる人間になりたいと思う。
繰り返すカルマから抜け出したいと思う。
いつでも変われる、自信をつけたいと思う。

ひとつ気付いてこれからどう行動するかは自分次第である。
何をしに中東に行くのかをもう一度考えて、自分と向き合って答えを出していこうと思う。

人生はやはりありがたく温かく、濃密で、厳しく、常に試されているものである。
by sittemasuka | 2010-11-14 01:33 | Trackback