厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革の経年変化とお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(348)
(241)
(190)
(150)
(107)
(97)
(94)
(89)
(82)
(68)
(62)
(57)
(51)
(45)
(44)
(42)
(41)
(33)
(30)
(29)

最新の記事

ブッテーロ・プエブロ・ミネル..
at 2019-01-21 14:46
革の宝石ルガトー・長財布2・..
at 2019-01-19 12:19
革の宝石ルガトー入荷です。ブ..
at 2019-01-16 15:10
「日本の心」小泉八雲さんの本..
at 2019-01-15 16:30
イタリアンハウスドレミ (平..
at 2019-01-14 15:51

記事ランキング

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

カテゴリ:お気に入りの良い物・本( 51 )

「日本の心」小泉八雲さんの本~日本人がなくしたもの。

ここ数年気にかかっていることがありました。
なぜ日本は物質的には豊かであるはずなのに、
貧しく、町や壁は張りぼてで、
ロボットが作ったような量産品や
偽物が溢れ、心に暇がなくなってしまったのかを。


そして、日本人が本来持っている
美意識や生き方が、
形だけのものになり、
真心が薄らぎ、
誇りや自信をどの時点で失ってしまったのかを
探していました。

古書店で見つけた「日本の心」にその一端を
見つけた気がします。


「日本」というだけで、どちらかに偏っているような
印象があるかもしれませんが、そんな要素はなく、
不自然な日本賛美でもありません。

外国人が見た日本を外国人に向けて書かれた本で、
西洋と比較して日本を描き出している本です。


内容量が多く、まるで違う国の本を読んだような
衝撃とやっぱりそうか!という
確認もできました。


f0032021_034993.jpg




黒船がやってきて、日本人が守ろうと捨てたもの。

物質の豊かさと引き換えに、
失われた数々の「美」や心の豊かさと細やかさ。


現在置かれている、伽藍堂(がらんどう)の教育と
西洋の資本主義社会のシステムに抑圧されている
日本人の考え方やものの見方や
捉え方。


そして何よりも、ずーと感じてきたことですが、
日本人の誇りは、志や自分以外の人や社会のために
生きる「仕事」をすることで初めて持てるのだと
思います。

(「仕事」はお金を稼ぐビジネスではなく、
社会の中での役割を果たすとことだと思います。)


競争社会ではなく、めんどくさいことは
多々あっても助け合いの社会であり、

今のように、俺が俺がではなくて
自分だけが得をするようにではなくて、
小細工やシステムを操る悪知恵ではなくて、

自らに恥じない生き方だと思います。


物事は表裏一体で、自分に都合の良いことだけを
小狡い手や楽をして、手に入れることが
幸せな生き方ではないと思います。


仕合わせは、良いことも悪いことも
受け入れて、もがきながら生きていくことだと思います。



私も含めどこに行ってしまったのかも
わからない「日本の心」の断片は、

形式だけでも色々な風習、行事、慣例、仕来り、
そして何よりも歴史の中に眠っていると思います。


そのまま過去のようにではなく、
今再構築しないと、手遅れになって
しまう気がします。

出発点は、現状の良い面と悪い面とを
そのまましっかりと見ることからだと思います。

そのためには、知識が必要不可欠です。


堅い文章になってしまいましたが、
伸びやかで豊かな日本人や文化が
色とりどりに描かれているので、
機会があれば読んでみてください。

大切なことが書いてあります。



f0032021_0342717.jpg

by sittemasuka | 2019-01-15 16:30 | お気に入りの良い物・本

オールドチーク材のスツールとサイドテーブル・味わいを増していくもの達

リビングに置いたのは、無垢のチーク材でした。
チークが気に入ってしまい、
オイル仕上げのオールドチークのスツールを
探しました。

なんと運のいいことに、パソコンを置くための
サイドテーブルまで、同じお店にあったんです。

手作りのいい風合いのオールドチークの可愛い奴らです。


f0032021_18174518.jpg



この木目の虜です。

f0032021_1818313.jpg


f0032021_18181539.jpg


買ってきて、早速、クラックを蜜蝋で修復して、

汚れ落としとオイルを塗ってあげました。


今も刻々と美しい艶を増しています。


他にもチークの家具なども買ったので、

おいおい書いていこうと思います。
by sittemasuka | 2018-12-21 18:22 | お気に入りの良い物・本

クリスマースリース作り・モミの木・かすみ草・ユーカリ味わいを増していくもの達

毎年、予想以上の寒さに驚かせられます。

特に鎌倉は、緑が多いせいか、木造の家のせいか、
骨身にしみます。

今年は、塩害で紅葉がチリチリになっていて、
あまり見れなかったものの、季節の移ろいを見れる散歩が
とても心地が良いです。

道すがら、クリスマスリースを飾っているお宅も多く、
いろいろな所で、生花やドライフラワーがあり、
今年のリースは何にしようかと数週間考えていましたが、

やっと昨日相方と作りました。


結局ゴテゴテしたものはあまり好きではないので、

シンプルにもみの木とユーカリとカスミ草とくるみです。


山に舞う雪のように、冬の暖かさを感じられるリースに
なってくれました。


f0032021_1372048.jpg


f0032021_13872.jpg


f0032021_1382381.jpg


f0032021_1383393.jpg


f0032021_1385044.jpg



生花の移ろいとともに、クリスマスや年越しを待ちたいと
思います。


今年は雪が降ればいいなーと。
by sittemasuka | 2018-12-17 13:10 | お気に入りの良い物・本

オスマン・トルコパレスランプ・味わいを増していくもの達

リビングのメインランプは、エジプシャンランプと
散々迷った挙げ句、
トルコのパレスランプにしました。


和の鎌倉にもあう、シックな佇まいです。


f0032021_16331826.jpg



天井にも美しい光の模様を写してくれます。


f0032021_16343567.jpg




f0032021_1635015.jpg





好みの部屋のテイストが変わっても馴染んでくれそうな
素敵なランプです。
by sittemasuka | 2018-12-06 16:36 | お気に入りの良い物・本

ワイルドウッド・ヴィンテージスタンドランプ・味わいを増していくもの達

今回の部屋のコンセプトは、間接照明です。

あまり部屋を明るくしすぎずに、リラックスできる
部屋をめざし、読書もできる明るさを確保するため
難航したスタンドランプ選びの中
やっぱりいい塩梅なのが、
アメリカンヴィンテージです。

その中で選んだのは
「ワイルドウッド」社の2対のスタンドランプです。


f0032021_10242560.jpg



木と真鍮と鉄の組み合わせと色と
抜け感がとても気に入っています。


コンソールテーブルなどにのせるようなので、高さは
低めです。


そして、ボール紙のような和紙のようなシェードの
内側はゴールドなので、
美しい光です。


f0032021_10275461.jpg



f0032021_1028767.jpg



本当に気に入るものを見つけるのは、
時間と気力を使いますが、

使い捨てではなく、
使い続けられるものはそう多くないので、
必要な手間だと思っています。


それにしても、アメリカのデザイン力は
底が知れません。
by sittemasuka | 2018-12-01 10:30 | お気に入りの良い物・本

安土草多さんの波ガラスのランプシェード・味わいを増していくもの達

和室のランプシェードも方方探しました。

寝室なので、眩しすぎず寝転がった時も和み
美しいランプを。

そして重要なのが、昼間でも美しいか?
なんです。

そこで見つけた安土草多さんのランプシェード(特大)。

昼間は、空間を雨のように
優しく歪めてくれます。


f0032021_14302098.jpg




f0032021_14311339.jpg


夜は眩しすぎないように10w電球を入れてあります。

f0032021_1432278.jpg


ゆらぎの光が天井や壁に。

f0032021_14321429.jpg



温かみにある手仕事。



真似は所詮真似、
似たようなランプを見かけますが、
やっぱりこれがいいです。

10wだと明るさが足りないので、
スタンドランプと併用しています。
by sittemasuka | 2018-11-22 14:37 | お気に入りの良い物・本

チーク無垢材のローテーブル・修復と蜜蝋・味わいを増していくもの達

新しい生活に向けてローテーブルを探しに探し、
新品と迷ったげく、中古のチーク材の
無垢のテーブルを買い、修復して新たに命を入れることに
決めました。

手に入れたローテーブルは、手彫りで仕上げられた
人が手作業で作ったものです。

前の持ち主は、あまり掃除などもしていないようで、
ホコリ、傷、オイル不足、天板の裏に達するクラック
などで悲鳴をあげていました。


無垢材(オイル仕上げ)のいいところは、
合板と違い、ヤスリがけとオイルを入れられるところです。

買った当初


f0032021_12254590.jpg

f0032021_12262390.jpg

f0032021_1383567.jpg




まずは、ブラシと乾拭きで徹底的にホコリを落とし、
水を含ませて、よく絞った綿100%の
柔らかい布拭き上げ、
激落ちくんで輪染みなどの汚れ部分を削り取り、
ネル生地で磨きました。

その後、木目に沿ってあら目のヤスリで、傷を丁寧にヤスリ、
400番 600番のヤスリで仕上げました。


ステインが取れ、本来のチーク材の色と木目が
現れました。

f0032021_1231026.jpg



再び削りカスを乾拭きとブラシで落とし、
クラック部分をオモテとウラ両方に、
熱した蜜蝋を丸錐で、
溶かし込んでいきます。


f0032021_12364171.jpg


その後ヤスリをかけて、
拭き上げて平にしました。

f0032021_12372212.jpg



愛用のオールドヴィレッジのオイルを薄く布で
伸ばし、たわしで木目に塗り込み、

ネルで磨き上げました。

美しい木目と滑らかな手触り、
生き生きと命を取り戻してくれました。

f0032021_1239298.jpg


f0032021_12391655.jpg


f0032021_1324921.jpg


f0032021_12393245.jpg


あとは、毎日の乾拭きで、清潔さを保ち、
つややかに仕上げていくだけです。


無垢材は熱いものを直接のせたり、
水ジミにもなりやすく、(チークは水には強いのですが)
ものを長期間置いてはいけないなど
丁寧に使う必要がありますが、
木目の美しさ、手触り、
自分でメンテナンスができるなど、

ケア次第では、とても長く使える美しい素材です。

革と同様、いい天然素材は、少しの
手間がかかりますが、

その手入れの時間が、とても心地よく
その時間を通し、自分のものになっていく
良さがあります。

そして、何より美しいです。
by sittemasuka | 2018-11-12 12:49 | お気に入りの良い物・本

寝具先進国オルセリオセル、折りたたみマットレスの実力。

寝具は、奥が深く何度失敗を重ねてきたことでしょう。

作品作りにも、睡眠は非常に需要です。

前回は、巨大なイケアの8年保証のマットレスを
買いましたが、はじめは良かったものの、
2ヶ月もしないうちに、沈み
腰が痛くなる始末でした。

引っ越しの際に茅ヶ崎市は、
マットレスの粗大ごみ回収は
していないとホームページに載っていたものの、
電話をしてみると、

ダブルサイズまでは、市の委託業者が、粗大ごみ回収を
してくれるとのことで、

ダブルはそのまま出せたのですが、

クイーンサイズは、半分に割らなければならず、
1、2時間ほどの格闘の末マットレスを分解しました。


f0032021_1115682.jpg


もう、スプリングマットレスは買わないと、
心に誓い、敷布団を探し始めて、数週間やっと見つけたと
思ったのが、
イタリアの寝具DORMEOの3つ折りマットレスでした。

イトーヨーカドー、通販と在庫を探したのですが、
在庫が見つからず、


同じ構造のイタリア製の3つ折りマットレスを3っつ
導入しました。

「オルセリオセル」です。

f0032021_11234342.jpg





使用がまだ二ヶ月なので、耐久性ははっきりとは言えませんが、

寝心地、寝返りのしやすさはこちらのほうがかなりよく、
腰も痛くありません。

ヘタリも現在のところまったくなく、

3つ折りなので、毎日空気の入れ替えもできます。

幅も外国サイズなので、97cmと広々寝られます。


そして、廃棄の際、燃えるゴミでとして自分で切って出せるのが、
今回のポイントです。

2年ほどもってくれてば、またこのマットレスにしようと
思っています。


あくまで、主観ですので個人的なおすすめです。


快適な睡眠は、体や腰に負担がかかる
革の仕事にとっても、非常に重要です。



f0032021_11461782.jpg

by sittemasuka | 2018-11-07 11:32 | お気に入りの良い物・本

インド・カンタ刺繍の鳥の布・味わいを増していくものたち

鎌倉に引っ越してきてはや2週間。
忘れかけていた人情に触れられる毎日が、
とても嬉しい今日このごろ。

やっと落ち着いていたので、
今回貯金を大幅に切り崩した、
自分たちなりに選んだ品々を少しずつ
ご紹介していきたいと思います。

まずは、スチールラックを覆う布探しで
やっと見つけた
かわいいやつです。

インドのすべて手縫いの
カンタ刺繍の鳥たちです。

f0032021_19501776.jpg


多分数人の人で刺繍をしたのであろう
鳥の表情もできもバラバラの出来と温かみ。

裏は、玉止めの嵐です。


色といい、鳥の表情といい、植物のバランスといい、
かなりお気に入りに布です。

スチールラックよりも遥かに高い布が部屋を
明るく暖かくしてくれました。

手仕事はとても良いものです。


f0032021_19541899.jpg

by sittemasuka | 2018-10-30 19:54 | お気に入りの良い物・本

ノースフェイス・アルパインライト・ガゼル・ミレートレッキングパンツ比較・味わいを増していく者たち

ここ数年、山に街に海に家に大活躍のトレッキングパンツに
ついてです。

今年は更に輪をかけて暑すぎるので、ほとんど
山用の服を着ている次第です。

動きやすく、蒸れず、熱くなく、普通の服とも
相性抜群の4点の
春夏用(ノースフェイス・
ミレー・LD ALSACE EVO CARGO PANT)2点と


オールシーズン(ノースフェイス・アルパインライト、
ガゼルパンツ)
用の2点です。

私の体型は169cm54kg程です。


f0032021_17424578.jpg



夏用のミレーMサイズ
LD ALSACE EVO CARGO PANTは

野暮ったくない、スッキリとしたカーゴパンツです。

シルエットは、ほっそりとしていますが、
タイトではない程よい感じ。

軽く、通気性も抜群で、程よい股上の深さで、
足上げもスムーズです。

サイドのポケットは、小さいので行動食や小物が限度の
深さなので、歩きやすさを優先しています。

生地の耐久性もあり、撥水はまーまーな印象です。

ベルトは少し硬いですが、ポケットに財布を入れて
歩いても緩みにくいので、いい感じです。

裾のドローコードは、家にいる時は、邪魔ですが、
靴を履けばもちろん邪魔になりません。



オールシーズン用のノースフェイス
アルパインライトパンツSサイズは、

ほっそりとしたシルエットですが、
キツすぎず、冬場は、ノースのアンダーHOTの
スパッツを履いてもピチピチにならないほどです。

シルエットはとてもスッキリしていて、
程良くスポーティーです。

バーブライトと似たシルエットですが、
膝の切り替えなどは、バーブライトのほうが
スッキリしています。

細身でも、4方向にストレッチが効いているので、
足上げも、しゃがんでもとても動きやすく、
よく伸びます。

厚みは多少ありますが、夏でも通気性がいいので、
暑くありません。

ベルトはなく、スナップと打紐で留める仕様ですが、
紐なしでもずれ落ちてきません。

裾も折り返さずにジャストな丈で、
ドローコードがないので、快適です。

服装を問わず、オールデンと合わせてもいい感じです。




ノースフェイスガゼルチノパンツMサイズは、

一見トレッキング用のパンツに見えないシルエットで、
股上が、アルパインライトと比べあるため、
チノパンのシルエットですが、とてもスッキリとしています。

太さも適度にあるので、ゆったりと履けます。

厚みは、アルパインライトよりも薄く、
ミレーのLD ALSACE EVO CARGO PANT
よりも少し厚いハリのある生地です。

ベルトはカチッと留るバックルと紐の締め具合で
調整できて、腰回りに少しゴムが入っていて
少しストレッチがあります。


全体的にストレッチ性はあまりありませんが、
ゆったりとしたシルエットなので、
足上げも、しゃがんでもとても動きやすいです。

通気性もよく、夏でも暑くありません。

ノースフェイスのロゴも後ろポケットに刺繍してあるので、
ノースフェイスの主張が控えめで、
更にどんな服装にも合わせやすいです。

もちろん山でもいい感じです。
by sittemasuka | 2018-08-25 18:09 | お気に入りの良い物・本