厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(366)
(248)
(193)
(154)
(123)
(113)
(97)
(94)
(87)
(73)
(63)
(62)
(52)
(50)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

セミオーダー・プエブロコンパ..
at 2019-07-18 15:41
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2019-07-11 15:52
セミオーダー・病みつきエルク..
at 2019-07-10 13:51
消費増税の愚行ととどめ
at 2019-07-03 17:58
革の宝石ルガトー・2つ折りコ..
at 2019-07-03 17:25

記事ランキング

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

カテゴリ:ラメヘナアート( 15 )

光の立体曼陀羅「森羅万象」です。

立体曼陀羅を書くのは、1年ぶり程です。

数日かけて、完成しました。「森羅万象」です。

f0032021_15143745.jpg


f0032021_15144985.jpg


f0032021_15163445.jpg


f0032021_1515440.jpg


f0032021_15151774.jpg


f0032021_15152719.jpg


f0032021_15154094.jpg


f0032021_15155182.jpg

by sittemasuka | 2017-07-24 15:17 | ラメヘナアート

新年あけましておめでとうございます。

【お年玉プレゼント付き】 私の年末年始&新春の一枚!

新年あけましておめでとうございます。

今年は相棒も風邪気味で、私も胃を壊し、非常に健康的な食事と休暇を取れました。

結局制作も少ししてしまい、休めたような休めていないような感じですが、
気持ちを新たに明日から制作に励みます。

今年もよろしくお願いいたします。

新年なので久しぶりに、立体曼荼羅で、家のお守りを作りました。
今年は、家内安全、繁栄、安定、美を込めて製作しました。
縁起のいい金色を2色だけで使ったものです。
両端は、ピーコック(孔雀)。幸せを運んできてくれる縁起のいい鳥です。

f0032021_1573929.jpg
f0032021_1581073.jpg
f0032021_1582737.jpg
f0032021_1591589.jpg

by sittemasuka | 2015-01-03 15:09 | ラメヘナアート

光の立体曼荼羅

今日は手がつかれていたので、革小物の制作をお休みして、

数年ぶりに、曼荼羅を書きました。

数年前は、ヘナアートから、オリジナルでつくりだした技法で、毎日書いていたものです。

自分の内側を見るために、又いい流れに自らを導くために描いていました。

ヘナアートは面白いもので、それぞれのモチーフに意味合いがあり、お守りのように描く人へそれらを組み合わせて届けるものです。

人によって、同じモチーフの形も、シャープだったり、丸みを帯びたりもします。

自分の気持ちと描く人へのイメージが重なり合います。

その中で出会ったのが曼荼羅でした。

曼荼羅は、止まっている点ではなく、流動する円でとらえることです。

人へのイメージや物事も円でとらえると、良いこと(長所)欠点(欠点)も含めてその人や、物事を判断できます。
そして、それは、次の瞬間動いています。

流動する自分を曼荼羅を通して描くことは、面白いことです。

革小物も曼荼羅も人も色々な物事も、長く付き合ってみないとわからないことが多いですが、
選り好みはしたうえで、じっくりと色々な方向から付き合えればと思います。
それができれば、人生を肯定できる道が見えてきます。

f0032021_16113076.jpg
f0032021_16113332.jpg

f0032021_16113620.jpg

by sittemasuka | 2014-08-02 16:20 | ラメヘナアート

ラメヘナライトとコラボ作品と新年グラフィック

クリスマスプレゼント用に作っ昼も夜も楽しめるラメヘナライト
f0032021_057353.jpg

f0032021_0571332.jpg

f0032021_0572180.jpg


メガネケースアレンジ。
上のが俺ので、下のが相方作のもの
f0032021_0574240.jpg


こちらはコラボの絵 ヘナと透明水彩のコラボ
f0032021_058251.jpg


フォトショップで作った新年羊バージョン
f0032021_0575060.jpg

f0032021_23484827.jpg





るんちゃんとコラボのウェルカムボード
f0032021_21442337.jpg

by sittemasuka | 2012-01-09 01:02 | ラメヘナアート

クリスマス編 ウェルカムボードとグラフィック 

そろそろ肌寒さも体になじんできた所なので、
クリスマス系の作品を作り始めてみようかと今日思い立って作ってみました。

グラフィック
f0032021_0415062.jpg

f0032021_2349347.jpg



チョークアートとラメヘナアートアートのフェルカムボード
f0032021_04259.jpg

by sittemasuka | 2011-10-26 00:44 | ラメヘナアート

コラボウェルカム・ヘナアート雑貨

f0032021_22382223.jpg

f0032021_22384363.jpg

f0032021_22383276.jpg
f0032021_22385369.jpg

f0032021_22375447.jpg

f0032021_2238852.jpg

f0032021_1525916.jpg


こちらはコラボ
日々のありがとうを伝えるボード
f0032021_2239759.jpg

by sittemasuka | 2011-10-19 22:40 | ラメヘナアート

ひかりのラメ曼陀羅展

f0032021_1794981.jpg

f0032021_1520492.jpg


ひかりの曼陀羅展を小さいながらやります。
期間 2011年4月18日~4月28まで(日曜日休み)

場所 アニパニ(フェアトレードショップ)
福岡県春日市春日公園7丁目108
http://www1.plala.or.jp/AWCenter/annipanni/
入場は無料なのですが、アニパニというフェアトレードショップのカフェで展示・販売させてもらうので、ドリンクなどを頼んでいただきたです。
カフェ営業日 月曜日~土曜日
営業時間 月曜~土曜 11:30~17:00

ついでに。4月30日・(天神中央公園)にもここの展示と違う曼荼羅をグローバルビレッジにて展示販売します。写真とヘナアートと一緒に。 http://www.perapan.co.jp/event/index.php#e0047

曼荼羅は宇宙の眼・眼球・輪・バランスなどなどの意味が込められている。
これも確かにそうなのだが、もっと単純に言うと、常に変化する自分のなかと目には見えない変化をみるためのものなのだ。内観と外観。変化・バランス・線。それを見るための もの。
曼荼羅は空間を埋める。新しい空間を作る「変化に対応する」事でもある。
手書きでの曼荼羅は、機械ではないので、完全に左右対称にはならない。つまり、非対称なのだ。
有機物は何をみても、非対称だけど、ととのっている。花を見ても花びらの形はバラバラなのだが、見ていて安心する。光も、風も、流れも空気も、水も。樹も何もかもが曼荼羅 なのだ。
一つの形が小さければ、他を大きくする。つまり補う。囲う。対称でないものを描く。
 そして、全体でバランスをとる。点をとらえることではなくて、動き続ける流れを、その時その時つないでいって、
言葉で言うと「感じる」。だいたいのぼや~っとした円を感じることが曼荼羅の様な気がする。

by sittemasuka | 2011-04-11 15:21 | ラメヘナアート

なぜ曼陀羅をかくのかと本当の情報について。

今日原発の話と原発の話をしに来た若い人がきた。
 原発・放射能・避難・情報。。。。。。
今回の地震と原発のことで、あくまで、自分の中で、わかったことがある。
情報。大げさに言うなら、本当の情報についてだ。言い換えれば、真実。
なにから書けばいいのやら。

 原発の前半の人の話を聞いて、得た情報。その前に色んなところで調べた情報、数字。テレビの報道。インターネット、人からのまた聞き、直接聞いた話・政府の発表。
みんな、どれが(本当の情報)か?を論議し合っている。
まことしやかな数字・記者会見・原発の職員の告発・メディアの報道・色んな講義。。。
誰もがみな、これが本当のことですよ。大変ですよ。危険ですよ。などと騒ぎ合っている。

      知ることは必要。
20代前半の若者が何を今考え動いているのか興味があり、そして、どういう(本当の)情報を流し、それによって、人々がどういう動きをしていくかが、興味があって、後者の若者にんな質問をしてみた。
(彼は自分で勉強したり、原発を作ろうとしている職員の人の話を直接きいたり、その他いろいろで、本当の情報を持っていると言っている。他の人間は関心がなく、何もしないというようなことを言っている前提。)
本当の情報はどこで手に入るのか?と。
彼は言う。自分で見てきた、信用のおける人からとあるインターネットのサイトだと。
単純に思う。俺たちの世代と大して変わらないと。テレビがインターネットにかわっただけ。情報が発信される数が多くなっただけ。

そもそも、本当の情報なんてものはないと思うのだ。例えるなら、中心も決まってないうちから、はるか先の点を求めるような滑稽な作業。

連日のように放射能漏れの数字。過去の被爆者の統計・予測。これだけの放射能の量なら影響がなく、これだけあったら、危ない。動かない点。止まっている情報。
数字はだいたいこんな感じですよというガイドラインを決めるなら、機能しているのかも知れない。
しかし、数字には個人差や状況などは含まれていないし、風向き。温度、その時の体調、調査範囲でいくらでも変わるもの。あくまで、こんな感じ。程度のもの。目に見えないもの。
(情報)もそんなもの。よく客観的にとらえるなんて言葉がある。これは自己をいれず、第三者の視点で物事を分析するようなものだろうか?
そんな器用なことはできない。あくまで、自分の主観でしかものごとは見れないと思う。
マスコミや冷静な判断を迫られる役職の人間が使う言葉に(事実)というものがある。つまり、起こったこと。
ここまでは客観かもしれないが、それを、判断するのは、数字を使おうが、記号を使おうが、統計を使おうが、判断をするのは、それぞれの(主観)で、それをむりやりまとめたのが、統計。

そんなものが、情報と言われるもので、こんな訳のわからない不確かなことに(本当の)とか真実なんて着いたらそれはもう大変である。

何かが起きて、何が起こったか。誰が何と言っていて、誰がこうだという。統計ではこうである。分析の結果・専門家が言うにはなどなど、まだ無数にちらばった「点」である。
その「点」ですら、次の瞬間には移動している。
座禅の言葉でこのような言葉がある。
(悟ったと思った瞬間、悟りではなくなる。悟った瞬間、悟りは消えているのだ。

物事は常に変化している。思考も気持ちも時間も体も自然も全てのものが常に変化している。


ここで曼陀羅の話。ここ最近毎日毎日曼荼羅を書いている。
色んな人に聞かれる「曼陀羅」って?と。答えはいつも変わるのだけど、いつも同じことをいっている。
曼荼羅は宇宙の眼・眼球・輪・バランスなどなどの意味が込められている。
これも確かにそうなのだが、もっと単純に言うと、常に変化する自分のなかと目には見えない変化をみるためのものなのだ。内観と外観。変化・バランス・線。それを見るためのもの。
曼陀羅は空間を埋める。新しい空間を作る「変化に対応する」事でもある。
手書きでの曼陀羅は、機械ではないので、完全に左右対称にはならない。つまり、非対称なのだ。
有機物は何をみても、非対称だけど、ととのっている。花を見ても花びらの形はバラバラなのだが、見ていて安心する。光も、風も、流れも空気も、水も。樹も何もかもが曼陀羅なのだ。
一つの形が小さければ、他を大きくする。つまり補う。囲う。対称でないものを描く。
 そして、全体でバランスをとる。
曼陀羅も今回の情報も同じなような気がする。

こんな時曼陀羅を書いている。日々の生活がある。地震や原発で大変な人がいる。避難所を作ったりしなければならない自分がいる。それぞれの生活があって、他人生活があって、日本の事があって、次の世代のことがあって、生きることに必死な人がいて、青空があって、戦争をしているところがあって、川が流れていて、いい天気で、何かしている人がいて、何もしない人がいて。
色んな時間が同時にいくつもあって「点」を無数に作っていく。

それを、かき集めて、自分で判断して、「点」と「点」をつないでいって、自分の中でどの情報をとって、どう行動するか、それが、唯一本当の事なのだろう。

何が言いたいか、点をとらえることではなくて、動き続ける流れを、その時その時つないでいって、言葉で言うと「感じる」。だいたいのぼや~っとした円を感じることが曼陀羅の様な気がする。

情報も同じで、色々あるけど、自分の中の本当を探して、判断するしかない。

最後に、それをどう伝えるか。
善意の情報でも、危険だとかの情報でも、人に発信する前に過去の起きたことなどを調べながら、良い流れに繋がるように発信することが大切だと思う。
ただ、あれが危険、放射能の数値がどうだ、政府の対応が間違っている。情報操作だ。内部被ばくになる恐れが。2次被ばくの心配・みんな避難しろーなんて尻切れトンボで言われても不安が残るだけで何も良いことがない。
それも、それぞれが主張する目には見えない本当の情報ばかりが広がるだけ。

知ることは必要。

例え悪い情報だろうと良い情報だろうと、いい方向に持っていこうとする具体策のある情報なら良い流れが出来ると思うのだが。

例えばこれから、関西・九州・沖縄に避難してくる人がどんどん増えるだろう、情報の流れだ。
避難所を提供するだけでは、被災者の人も長くなれば、負担になっていないだろうか?などと考えるようになり、受け入れた側もだんだん大変になる。
受け入れるだけでなく、被災者の方で働ける人には労働力として来てもらい、農地を耕したり、避難所の建設をしたり、過疎の村や、活気がなくなっているところをたてなおしていき、限界集落やシャッター通りをかっきずかせ、新しい仕事を作れればいいように思う。
そうすれば、自給率・高齢化・介護・エネルギー・雇用・などの問題をいい方向に向ける活力になると思うし、それで、生活が出来るようになって、地元に帰るも、土地に落ち付くも選べるようになる気がする。
義援金の1部をまわして、場所を作ったり、給料を払ったりする方向に向かえばと思う。
f0032021_23562915.jpg
f0032021_19251738.jpg

 

アカルイミライ
臨機応変
by sittemasuka | 2011-03-29 19:26 | ラメヘナアート

ラメヘナアート 曼陀羅と新作2L

そろそろ画像にもでてきたので、写真を小さくします。

ラメ曼陀羅と2L達です。
f0032021_1655368.jpg

f0032021_1663127.jpg

f0032021_1665734.jpg

f0032021_167419.jpg
f0032021_1672484.jpg
f0032021_16114689.jpg

by sittemasuka | 2011-02-26 16:08 | ラメヘナアート

ラメヘナアート タペストリー達

ほとんど上げてばかりなので、いやー増えない。

プレゼント用鉢植えに
f0032021_20174319.jpg
f0032021_20171710.jpg
f0032021_20164928.jpg

タペストリー2L
f0032021_20185433.jpg

f0032021_2020116.jpg
f0032021_20194444.jpg
f0032021_20192112.jpg

こいつにヘナを詰めて。
f0032021_20203590.jpg

by sittemasuka | 2011-02-17 20:21 | ラメヘナアート