厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革のエイジングとお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(339)
(239)
(190)
(149)
(103)
(92)
(90)
(87)
(81)
(67)
(61)
(56)
(50)
(44)
(42)
(42)
(34)
(33)
(30)
(29)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-20 15:57
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-18 16:30
イタリアンレザー・ブッテーロ..
at 2018-11-14 15:05
チーク無垢材のローテーブル・..
at 2018-11-12 12:49
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2018-11-10 15:23

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
アーティスト

ファン

カテゴリ:革のエイジングとお手入れ( 16 )

イタリアンレザー経年変化レポート・プエブロ・ヴィンテージバケッタ・ブッテーロ・

世界最高の革は、イタリアトスカーナにあります。

イタリアンバケッタレザーは、経年変化も最高です。

今日は、プエブロ(ショコラ・ネイビー・グリージオ)
ブッテーロ(葡萄酒)
イタリアンヴィンテージバケッタ(コニャック)の
経年変化レポートです。


ブッテーロ(葡萄酒)2年数ヶ月

プエブロ(ネイビー)3ヶ月


f0032021_14475444.jpg




プエブロ(グリージオ)7ヶ月

f0032021_14492614.jpg





イタリアンレザー・・ブッテーロ・2本差しペンケース(葡萄酒)
新品

f0032021_14512834.jpg



イタリアンレザー・・ブッテーロ・2本差しペンケース(葡萄酒)
経年変化1ヶ月

f0032021_14515125.jpg



イタリアンレザー・プエブロ・2本差しペンケース(ショコラ)
新品

f0032021_14522578.jpg



イタリアンレザー・プエブロ・2本差しペンケース(ショコラ)
経年変化1ヶ月

f0032021_1453450.jpg


f0032021_14531643.jpg



イタリアンヴィンテージレザー・カードケース(コニャック)
新品

f0032021_14535313.jpg



イタリアンヴィンテージレザー・カードケース(コニャック)経年変化2ヶ月


f0032021_14542379.jpg





「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。


「イタリアンヴィンテージバケッタレザー」は、

イタリアはトスカーナ州で鞣されている
フルベジタブル
オイルドプルアップバケッタレザーです。


ビンテージテーブルの天板のように、
なめらかな手触りと極上の光沢。

美しい濃淡のある色味。

最高級であるベンズの中央部分を
使用し、
通常よりもたっぷりのオイルを
染み込ませた事により、

革を曲げると色が薄くなる「オイルが走る」
現象をおこします。

俗にいうプルアップですので、曲げるところを中心に、
使う方によって全く違う上質なエイジングを
お楽しみいただけ、

唯一無二の経年変化を遂げていきます。



「ブッテーロ」は
ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-08-19 14:55 | 革のエイジングとお手入れ | Trackback

イタリアンレザー・プエブロ・エルバマット・ミネルバリスシオの経年変化レポートです。

世界最高のイタリアンバケッタレザーは、
イタリアのトスカーナにあります。


プエブロ・・ミネルバリスシオ
・エルバマット・ブッテーロの
エイジング(経年変化)レポートです。

f0032021_171219.jpg



イタリアンレザー・プエブロ・コインキャッチャー財布
(ネイビー)新品

f0032021_17124928.jpg




イタリアンレザー・プエブロ・コインキャッチャー財布
(ネイビー)


経年変化2ヶ月


f0032021_17132596.jpg




イタリアンレザー・プエブロ・キーケース
(ショコラ)新品


f0032021_1714486.jpg




イタリアンレザー・プエブロ・キーケース
(ショコラブラウン)


経年変化2ヶ月



f0032021_1714338.jpg



イタリアンバケッタレザー・プエブロ・巻きたばこケース・
(グリージオ)

経年変化・半年


f0032021_17155074.jpg



イタリアンバケッタレザー・プエブロ・コンパクト2つ折り財布
(コニャック)

経年変化半年

f0032021_17161772.jpg



イタリアンレザー・プエブロ・3本差しペンケース
(コッチネラ)
経年変化・1年半

f0032021_1717758.jpg

f0032021_17171749.jpg



ミネルバリスシオ・ジョッターケース
(ショコラ)

経年変化半年


f0032021_17151626.jpg



イタリアンバケッタレザー・エルバマット・コンパクト2つ折り財布・
(グリーンアップル)
経年変化・1年3ヶ月

f0032021_1453816.jpg




イタリアンバケッタ・エルバマット・マネークリップ
(ミモザイエロー)

1年3ヶ月

f0032021_14532358.jpg



f0032021_17183123.jpg


イタリアンバケッタレザー・ブッテーロ・長財布2・
(葡萄酒)
経年変化2年2ヶ月


f0032021_17203030.jpg



イタリアンオイルバケッタ

経年変化1年ほど

f0032021_1454167.jpg



それぞれの極上バケッタレザーは、新品の何倍も美しく、
深く経年変化をしていっています。



「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。




「ミネルバ・リスシオ」は、プエブロ・ミネルバボックスのもととなる革で、

イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法
(タンニン鞣し)で鞣されています。


ベジタブルタンニンベースに牛脂を加える、
古来のバケッタ製法を 駆使出来る唯一のタンナーです。

牛脂は革に浸透するのに、時間とコストがかかりますが、
一度浸透するとオイルが抜けず、
ほぼ永久に潤いと艶のある革質を味わえます。

リスシオ(Liscio)はイタリア語で「滑らか」という意味です。
名前が示すとおり、
滑らかで、吸い付くような質感。美しい色合い。

想像を超える劇的なエイジングを生みます。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-04-23 17:21 | 革のエイジングとお手入れ | Trackback

イタリアンバケッタレザー・経年変化・プエブロ・ブッテーロ・ミネルバリスシオ・エルバマット

世界最高のイタリアンバケッタレザーは、
イタリアのトスカーナにあります。


プエブロ・ブッテーロ・ミネルバリスシオ
・エルバマット・イタリアンオイルバケッタレザーの
エイジング(経年変化)レポートです。


f0032021_16152731.jpg



イタリアンバケッタレザー・プエブロ・
コンパクト2つ折り財布(コニャック)2ヶ月半


f0032021_16162898.jpg




イタリアンバケッタレザー・プエブロ・巻きたばこケース・(グリージオ)2ヶ月半


f0032021_16165124.jpg




イタリアンレザー・プエブロ・
コインキャッチャー財布(オルテシア)1年3ヶ月


f0032021_16173281.jpg





イタリアンレザー・プエブロ・
3本差しペンケース(コッチネラ)1年4ヶ月



f0032021_16183519.jpg



ミネルバリスシオ・ジョッターケース(ショコラ)2ヶ月半


f0032021_16225688.jpg




イタリアンバケッタ・エルバマット・
マネークリップ(ミモザ)8ヶ月



f0032021_16192059.jpg





イタリアンバケッタレザー・エルバマット・
コンパクト2つ折り財布・(グリーンアップル)5ヶ月


f0032021_16204472.jpg




イタリアンオイルバケッタレザー・
キーケース(グリーン)エイジング(8ヶ月)


f0032021_16212936.jpg





イタリアンバケッタレザー・ブッテーロ・長財布2・1年4ヶ月



f0032021_16235058.jpg






「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。




「ミネルバ・リスシオ」は、プエブロ・ミネルバボックスのもととなる革で、

イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法
(タンニン鞣し)で鞣されています。


ベジタブルタンニンベースに牛脂を加える、
古来のバケッタ製法を 駆使出来る唯一のタンナーです。

牛脂は革に浸透するのに、時間とコストがかかりますが、
一度浸透するとオイルが抜けず、
ほぼ永久に潤いと艶のある革質を味わえます。

リスシオ(Liscio)はイタリア語で「滑らか」という意味です。
名前が示すとおり、
滑らかで、吸い付くような質感。美しい色合い。

想像を超える劇的なエイジングを生みます。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-12-17 16:25 | 革のエイジングとお手入れ | Trackback

イタリアンバケッタレザー・プエブロ・ミネルバリスシオ・経年変化1月半

世界最高の革を鞣すタンナーが集まる・イタリアはトスカーナ州で生産されている、
イタリアンバケッタレザー
プエブロのグリージオとコニャック。

ミネルバリスシオのショコラの
エイジング(経年変化)レポートです。

まだ1ヶ月半ですが、美しく経年変化してきました。


f0032021_14501995.jpg


f0032021_14502862.jpg





イタリアンバケッタレザー・プエブロ(グリージオ)

新品

f0032021_14511517.jpg




使用1月半


f0032021_14513744.jpg


グレーから美しいオリーブ色が出てきました。



イタリアンバケッタレザー・プエブロ(コニャック)


新品


f0032021_14524336.jpg




使用1月半


f0032021_1453121.jpg


厚みも少し薄くなり、美しい光沢と色の変化をしてきました。




イタリアンバケッタレザー・ミネルバリスシオ(ショコラ)


新品


f0032021_145552.jpg

f0032021_1501283.jpg



使用1月半


f0032021_14552544.jpg
f0032021_14553271.jpg



透明感のある光沢をまとってきました。



プエブロ
ミネルバリスシオ共に心を奪われる経年変化です。



「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。




「ミネルバ・リスシオ」は、プエブロ・ミネルバボックスのもととなる革で、

イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法
(タンニン鞣し)で鞣されています。


ベジタブルタンニンベースに牛脂を加える、
古来のバケッタ製法を 駆使出来る唯一のタンナーです。

牛脂は革に浸透するのに、時間とコストがかかりますが、
一度浸透するとオイルが抜けず、
ほぼ永久に潤いと艶のある革質を味わえます。

リスシオ(Liscio)はイタリア語で「滑らか」という意味です。
名前が示すとおり、
滑らかで、吸い付くような質感。美しい色合い。

想像を超える劇的なエイジングを生みます。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-11-11 15:01 | 革のエイジングとお手入れ | Trackback

ALDENの靴をサドルソープで洗う。靴のカビ対策にも効果があります。

今年は、長雨が続いたのでたまった湿気を洗い流すためと、
実験のため、ALDENのUチップ(バーガンディ)と
イタリアンカーフの靴をサドルソープでついに、洗ってみました。

カビ対策にも効果がありますので、こちらと合わせて、参考にしていただければと
思います。

f0032021_17215475.jpg


あくまで一例ですので、靴を洗う際は、自己責任でお願いします。


必要なもの

柔らかい布
ステインリムーバー(モブレイ)
バケツ
サドルソープ
スポンジ
シューキーパー
タオル
靴磨きの道具
(私の場合は)
タピールフレーゲ
馬毛ブラシ×2(クリーム用・ホコリ落とし用別)
豚毛ブラシ(クリーム用)
靴底用ナイロンブラシ
水牛の角
ネル生地
仕上げよう磨き布
消毒用エタノール
です。


カビがある場合は、コードバンは馬毛ブラシ・イタリアンカーフは豚毛ブラシで
払い落とします。
(カビがある場合は、靴磨きとは別にブラシを用意してください。)

靴底はナイロンブラシ。

全体をよく払い落とします。



コバ(革の断面)は汚れがたまりやすいので、
消毒用エターノールを革につかないように薄くぬります。
靴の内側も。



ステインリムーバーでいつもより念入りに汚れや、オイルを落としていきます。



バケツに水を張り、スポンジに水を含ませ、サドルソープをとり、
靴の内側に入らないように洗っていきます。

f0032021_1736042.jpg



水でそそぐのは、コバ部分とアッパーです。

あとは、サドルソープを拭き取るようにタオルで拭いていきます。



シューキーパーを入れ、しっかりと乾かします。(陰干し)
※日の当たるところに干すと、変形を起こしますので、ご注意を。


艶もかなりなくなりました。
f0032021_174062.jpg


f0032021_1740177.jpg



しっかりと乾いたら、


靴磨きの要領で磨いていきます。


簡単に書きますと、

タピールフレーゲを手で薄く伸ばし、満遍なく摩擦が起きるように塗る。
(摩擦熱を起こすことで、クリームがしっかりと溶け、革に浸透も深くなります。)
ここで、あまりクリームを厚く塗りすぎると、逆効果です。


コードバンの場合は、馬毛ブラシ(クリーム用)でなじませます。

水牛の角(靴用だとアビィ・レザースティック)
(カッサ用の水牛の角で代用可能です。)

で、毛を倒すようにいろいろな方向からこすります。(しろっぽくなります)

手でさらに磨き、

ネル生地で余分なクリームを落としながら、磨きます。

仕上げ用の馬毛ブラシやストッキングや仕上げ用の布で磨けば、
こんな感じになります。

今回は、時間がなかったので、
タピールのフレーゲ(ニュートラル)だったので、小キズがあります。
こういう場合は、モブレイアンカニーフ(バーガンディ)を塗ると消えると
思います。


f0032021_1752780.jpg


f0032021_17521791.jpg



靴を磨いあとは、すぐにしまわず、風通しの良いところに置いてから、
靴箱に戻すといいかと思います。



参考になれば、幸いです。
by sittemasuka | 2017-08-22 17:59 | 革のエイジングとお手入れ | Trackback

イタリアンバケッタレザー。エルバマット・グリーンアップル・経年変化1ヶ月

世界最高の革を鞣すタンナーが集まる・イタリアはトスカーナ州で生産されている、
バケッタレザー
エルバマットのグリーンアップルの
エイジング(経年変化)レポートです。

まだ1ヶ月ですが、とてもいい感じです。



f0032021_1881534.jpg



エルバマット・コンパクト2つ折り財布(グリーンアップル) 
新品


f0032021_1873597.jpg




使用1ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_18252484.jpg

f0032021_1884691.jpg




色も濃淡が出てきて、艶も質感も美しくなってきました。


エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-08-07 18:10 | 革のエイジングとお手入れ | Trackback

ALDENシェルコードバンとイタリア靴の靴磨き

普段はブラッシングのみのケアなので、久しぶりの靴磨きです。

ALDENに使われている。
シェルコードバンは、ホーウィン社が鞣す最高峰のコードバンです。
クロムエクセルも鞣している会社です。

黒のイタリアの靴は、実力派のブランドです。
黒ですが、パーツごとに使われている革が違い、
とても歩きやすいものです。


ケアは、タピールのフレーゲ、ブラシのみです。

今回は、布をネル生地に変更しました。
確かにいい艶が生まれました。

ムラ感もいい感じです。



f0032021_9411313.jpg
f0032021_9413261.jpg
f0032021_9414035.jpg



踵のゴムも交換後、またすり減ってきたので、今度はオールソールで変更予定です。
by sittemasuka | 2017-07-15 09:44 | 革のエイジングとお手入れ | Trackback

イタリアンバケッタレザー・エルバマット・オイルバケッタ・プエブロ・ブッテーロ・アリゾナの経年変化

世界最高の革を鞣すタンナーが集まる・イタリアはトスカーナ州で生産されている、
バケッタレザー
エルバマット・オイルバケッタ・プエブロ・ブッテーロ・アリゾナの
エイジング(経年変化)レポートです。


エルバマット・マネークリップ(ミモザ) 新品

f0032021_1665264.jpg



使用5ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_168479.jpg





エルバマット・ジョッターケース(オリーブ) 新品


f0032021_1683789.jpg




使用5ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_1691691.jpg





イタリアンオイルバケッタレザー・キーケース(マラカイト) 新品


f0032021_1695364.jpg





使用5ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_16103678.jpg



アリゾナ(ウィスキー) 新品

f0032021_16191667.jpg



使用数年(毎日の使用ではありません。)



f0032021_1620834.jpg

f0032021_1632643.jpg




プエブロ(コッチネラ) 新品


f0032021_16124066.jpg




使用10ヶ月(毎日の使用ではありません。)



f0032021_1613198.jpg





プエブロ(オルテシア) 新品



f0032021_16134930.jpg





使用10ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_1615423.jpg




ブッテーロ(紺) 新品


f0032021_16154198.jpg





使用1年3ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_16162739.jpg




ブッテーロ(葡萄酒) 新品


f0032021_16173751.jpg




使用1年1ヶ月(毎日の使用ではありません。)

f0032021_1710080.jpg


f0032021_1710876.jpg



写真では、なかなか撮るのは難しいですが、
どのバケッタレザーもそれぞれの成長の仕方で、
新品よりも遥かに美しく成長していっています。








エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-07-10 16:23 | 革のエイジングとお手入れ | Trackback

イタリアンバケッタレザー・エルバマット・エイジングレポート3ヶ月

世界最高のタンニンなめしの革を鞣すタンナーが集まる、イタリアは、トスカーナ州で生産される、
最高峰バケッタレザー・「エルバマット」と
「イタリアンオイルバケッタレザー」の3ヶ月目のレポート(エルバマット)と
4ヶ月目の経年変化レポート(イタリアンオイルバケッタレザー)です。



f0032021_15545192.jpg





エルバマット・マネークリップ(ミモザ) 新品
f0032021_15532579.jpg



使用3ヶ月


f0032021_15552659.jpg






エルバマット・ジョッターケース(オリーブ) 新品


f0032021_15563484.jpg





使用3ヶ月


f0032021_15571633.jpg

f0032021_15572880.jpg






イタリアンオイルバケッタレザー・キーケース(マラカイト) 新品


f0032021_15582712.jpg




使用4ヶ月


f0032021_1559158.jpg



f0032021_1559848.jpg




前回より更に美しい艶をまとってきました。



エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。


「イタリアンオイルバケッタ」は、

イタリアのトスカーナ州でなめされた
フルベジタブルタンニン鞣しオイルドレザーです。


古代イタリアトスカーナ地方に伝わる製革法「バケッタ」による
たっぷりのオイルでじっくり時間をかけた、丁寧な鞣しにより、

しっとりした重量感と透明度の高い自然なムラ感のある染色が美しく、

フルベジタブルならではの透明感のある艶上がりエイジングをしていきます。


アルプスの自然に育てられた放牧の雄牛の原皮を使用。
特に上質なショルダーのみを使用しています。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-05-27 16:01 | 革のエイジングとお手入れ | Trackback

イタリアンオイルバケッタレザー・エルバマットのエイジング(経年変化)

ブッテーロとプエブロと肩を並べる、イタリアンバケッタレザーの最高峰・
エルバマットの経年変化と
「イタリアンバケッタレザー」のエイジングレポートです。


まだ2ヶ月なので、劇的な変化ではありませんが、
美しい艶と質感の変化を起こしています。


エルバマット(ミモザ)を使って制作したマネークリップは、
しっとりとした質感はそのままに、
そこにハリが出てきています。

上質な艶と茶色っぽく色の変化もしてきました。

このムラ感がとても好きな革です。



新品
f0032021_16254551.jpg



使用2ヶ月
f0032021_16261997.jpg


f0032021_16262888.jpg






エルバマットのオリーブを使ったジョッターケースも、美しい艶をまとってきています。


新品
f0032021_16271121.jpg




使用2ヶ月


f0032021_16272655.jpg

f0032021_16273262.jpg






「イタリアンバケッタレザー」は、前回よりも艶がまし、少しやわらかくなりました。

ゆっくりと熟成をしていくエイジングです。


新品
f0032021_16293014.jpg




使用2ヶ月

f0032021_16295151.jpg

f0032021_16295825.jpg





さすが、イタリアンバケッタレザーは、上質さ、美しさ、経年変化どれをとっても、一級品です。

どちらかといえば、エルバマットがおすすめです。







エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-04-19 16:45 | 革のエイジングとお手入れ | Trackback