厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(371)
(248)
(193)
(154)
(125)
(115)
(97)
(95)
(88)
(77)
(63)
(62)
(52)
(52)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-21 16:08
セミオーダーやみつきエルクの..
at 2019-08-15 16:37
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-08-13 16:19
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-02 15:18
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-07-30 15:43

記事ランキング

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

カテゴリ:商品一覧と特徴( 12 )

可動式定番長財布について。

可動式定番長財布です。

色々な財布がありますが、

私はいつも長財布にお札、小銭はコインキャッチャー財布。

免許証など以外のカード類はL型財布かカードケースに入れています。



財布の中に余計なものを入れたくないのと、

掃除がしやすく、手入れがしやすいためです。



コンパクトな財布も好きですが、

いつどこで、すごい人に出会うかわかりません。

いつどこで、ちゃんとしたお店にお邪魔するかわかりません。



いつも着ている服や靴のように、財布も手入れを行き届かせ、

何時でも堂々としていられるための長財布です。



自らが見ているように、

一角の人や店はしっかりと見ていると思います。


f0032021_10205290.jpg



カードは最低限の4枚です。


f0032021_1027575.jpg



銭入れ部分が可動するのでお札の出し入れがとてもスムースです。



イタリアフィオッキ製の真鍮ホックで、しっかりと留まります。


f0032021_1029797.jpg



f0032021_10293524.jpg





今回使用している革(プエブロ)は、

イタリアはトスカーナ州ので生産されている

バケッタレザーを使用しています。



バケッタレザーを簡単に言うと、

「植物タンニンなめし」の後に「オイルを加える」ことで、

極上の経年変化を楽しめる革です。



プエブロや私のところで使用している革は、

ブライドルレザー、クロムエクセル、ルガトー、エルクレザー以外は、

全てこの「バケッタレザー」(タンニンなめしも含め)の世界最高峰に位置する革たちです。





プエブロの経年変化の様子です。


f0032021_10352100.jpg



f0032021_10325576.jpg




f0032021_10352359.jpg


f0032021_10353612.jpg



f0032021_10355889.jpg





手縫いで、すべての工程を一人で制作、

金具はイタリアの真鍮製フィオッキ社の最高級ホックを使用しています。


f0032021_10363016.jpg



オイルケアは不要で、

普段は乾拭きのみのケアが、一番いいです。
汚れが付いたときや、たまに、固く絞った柔らかい布で拭き、

乾拭きしてあげるといいです。

(馬毛ブラシがおすすめです。)



他にもいろいろなラインナップがあります。



f0032021_10191846.jpg





幸せは旅であり目的地ではない。

踊れよ、誰も見ていないかの様に。

恋せよ、一度も傷ついた事がないかの様に。

歌えよ、誰も聞いていないかの様に。

働けよ、金が必要でないかの様に。

生きよ、今日が最後の日であるかの様に。

(アルフレッド・スーザ牧師)






「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)


鎌倉・湘南・横浜などのポータルサイト
です。

https://shonan.storeinfo.jp/




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ
by sittemasuka | 2018-12-12 10:39 | 商品一覧と特徴

キーケースは「どれも同じ」ではないんです。

私はデザインを考える時、現在出回っているデザインを見て、

これ以外の形はないのか?

自分がほしいものはどんな形かを考えて、デザインを煮詰めていきます。



今回のキーケースもシンプルながら、どこにもない形です。


f0032021_1973318.jpg




キーケースを握るときに、革の手触りのみを楽しめるように、

金具は内側にしてあります。



f0032021_199877.jpg




キーケース二個分の革を使い、すべてを削ぎ落としてフラットにしてあります。



f0032021_1995667.jpg




鍵がバックやポケットで、

はみ出てこないように、スリットを入れてあります。





今回使用している革(アリゾナ)は、

イタリアはトスカーナ州ので生産されている

バケッタレザーを使用しています。



バケッタレザーを簡単に言うと、

「植物タンニンなめし」の後に「オイルを加える」ことで、

極上の経年変化を楽しめる革です。



アリゾナや私のところで使用している革は、

ブライドルレザー、クロムエクセル、ルガトー、エルクレザー以外は、

全てこの「バケッタレザー」(タンニンなめしも含め)の世界最高峰に位置する革たちです。





アリゾナの経年変化の様子です。



f0032021_19104552.jpg




製作工程はこちらで詳しく書いています。



手縫いで、すべての工程を一人で制作、

金具はイタリアの真鍮製フィオッキ社の最高級ホックを使用しています。



f0032021_1911133.jpg






オイルケアは不要で、

普段は乾拭きのみのケアが、一番いいです。
汚れが付いたときや、たまに、固く絞った柔らかい布で拭き、

乾拭きしてあげるといいです。

(馬毛ブラシがおすすめです。)



アリゾナ の他にもいろいろなラインナップがあります。


f0032021_1144261.jpg




スティーブ・ジョブスが言っています。



シンプルであることは、複雑よりも難しい。




「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。


「イタリアンヴィンテージバケッタレザー」は、

イタリアはトスカーナ州で鞣されている
フルベジタブル
オイルドプルアップバケッタレザーです。


ビンテージテーブルの天板のように、
なめらかな手触りと極上の光沢。

美しい濃淡のある色味。

最高級であるベンズの中央部分を
使用し、
通常よりもたっぷりのオイルを
染み込ませた事により、

革を曲げると色が薄くなる「オイルが走る」
現象をおこします。

俗にいうプルアップですので、曲げるところを中心に、
使う方によって全く違う上質なエイジングを
お楽しみいただけ、

唯一無二の経年変化を遂げていきます。



「ブッテーロ」は
ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-08-19 19:12 | 商品一覧と特徴

コインキャッチャー財布の最終形態。2つ折りコインキャッチャー財布(改)について。

f0032021_11043794.jpg



これまで、前回紹介したコインキャッチャー財布

とお札の入る2つ折りコインキャッチャー財布がありました。


2つ折りコインキャッチャー財布(改)は、この2つの財布の良いところを

合わせ持つ財布です。


「コインキャッチャー」とは、80年代に流行した金具で

500円、100円、50円、10円を種類別に仕分けることができます。

100円、50円、10円は、8枚程度、

500円硬貨は5枚程度入ります。

ですので、財布を開けた瞬間にいくらあるのかが

ひと目で分かるので、お支払いも簡単です。

もちろん出し入れも簡単で、取り出すときは小銭を引っ張り出すだけです。

しまうときも、小銭を種別の場所に押し込むだけです。

逆さにしても小銭が落ちません。



f0032021_11052435.jpg


更にカードなどを入れられる可動式のL型ポケットが

付いているので、

ICカード(5枚程)も収納でき、

スイカなどのカードも取り出すことなく、

改札を通過できます。


その下にお札も入れられるようになったのが大きな違いです。



f0032021_11040975.jpg
f0032021_11041880.jpg

1円5円は、膨らみをもたせたことで、

出し入れがしやすいポケットに収納できます。



f0032021_11065646.jpg


金具のカラーは

新色「アンティークゴールド」


f0032021_11082740.jpg



ニッケルカラーのものもあります。


f0032021_11095765.jpg


今回使用している革(プエブロ)は、

イタリアはトスカーナ州ので生産されている

バケッタレザーを使用しています。

バケッタレザーを簡単に言うと、

「植物タンニンなめし」の後に「オイルを加える」ことで、

極上の経年変化を楽しめる革です。

プエブロや私のところで使用している革は、

ブライドルレザー、クロムエクセル、ルガトー、エルクレザー以外は、

全てこの「バケッタレザー」(タンニンなめしも含め)の世界最高峰に位置する革たちです。

プエブロの経年変化の様子です。

マットな起毛革がツルツルになり、

艶をまとい

色が深く美しく変化し、

しっとり柔らかい、吸い付くような手触りに変化しています。




f0032021_11022608.jpg


製作工程はこちらで詳しく書いています。

手縫いで、すべての工程を一人で制作、

金具はイタリアの真鍮製フィオッキ社の最高級ホックを使用しています。

オイルケアは不要で、

普段は乾拭きのみのケアが、一番いいです。
汚れが付いたときや、たまに、固く絞った柔らかい布で拭き、

乾拭きしてあげるといいです。

(馬毛ブラシがおすすめです。)

スティーブ・ジョブスが言っています。


「模倣するほうが楽かもしれない。

でもそんなことをしても

世界はよくならない。」


by sittemasuka | 2018-07-30 11:11 | 商品一覧と特徴

限りなくシンプルで、ミニマムな3本差しペンケース

私は多くのモノを持つよりも、自分の琴線に触れるモノを選び、

使いたいと思います。



結局使うお気に入りのペンは数本ですから、大切な3本を入れられる

ペンケースを作りました。


f0032021_16414858.jpg




ペンとペンの間にステッチが入っているので、

通常のペンケースと違い、ペンを傷つけずに持ち運べます。




f0032021_1645116.jpg




太めのペンも入ります。

ペンケースのサイズが、

全長縦約15.5
縦約11cm(縫ってあるところ)
横約11.2
ペン(ステッチとステッチの間)3.5cm



大きさの参考に、

画像のペンは、DELTAヴィンテージ(長さ:約125mm(収納時)/約143mm(筆記時) 軸径:約13mm)です。



f0032021_16454938.jpg

f0032021_16462846.jpg


蓋もないので、出し入れもしやすいです。





製作工程はこちらで詳しく書いています。



手縫いで、すべての工程を一人で制作しています。





オイルケアは不要で、

普段は乾拭きのみのケアが、一番いいです。
汚れが付いたときや、たまに、固く絞った柔らかい布で拭き、

乾拭きしてあげるといいです。

(馬毛ブラシがおすすめです。)





エルクの他にもいろいろなラインナップがあります。


f0032021_1648214.jpg





尊敬するスティーブジョブス氏が言っていました。



「何を捨てるかで誇りが問われ、
何を守るかで愛情が問われる。」




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-07-08 16:49 | 商品一覧と特徴

鍵+小銭を持ち歩ける、手のひらサイズのミニマムなコインケース。

イタリアンオイルレザー・アコーディオンコインケースミニは、


ジョギングや近所の散歩に最適な、手のひらサイズのポケットに入る
アコーディオンコインケースです。



ちょっとそこまでに必要な鍵と小銭だけを持ち歩けるので、

玄関においておけば、さっと何も考えずに出かけられます。



そしてもちろん、イタリアンバケッタレザーの最高峰の経年変化を、真鍮製の金具と共に楽しめます。



f0032021_14505395.jpg




3っつのポケットに分かれている一番手前側には、真鍮製の2重リングがついているので、

鍵を収納できます。

真鍮製なので,革と共に経年変化を楽しめます。


f0032021_14512641.jpg




もう一つの蓋を開くと、2つのポケットがあるので、

種類別に小銭を入れたり、他のものを入れたり、

アイディア次第で、いろいろな使い方ができます。



f0032021_1452330.jpg




アコーディオンの仕切り部分は、金属のカシメではなく、

手縫いで仕上げているので、

丈夫で壊れにくいようになっています。



ホックもイタリアのフィオッキ社製の最高級ホックなので、

開閉の感触や音が非常にいいのも特徴で、もちろん壊れにくいんです。


今回使用している革(アリゾナ)は、

イタリアはトスカーナ州ので生産されている

バケッタレザーを使用しています。



バケッタレザーを簡単に言うと、

「植物タンニンなめし」の後に「オイルを加える」ことで、

極上の経年変化を楽しめる革です。



アリゾナや私のところで使用している革は、

ブライドルレザー、クロムエクセル、ルガトー、エルクレザー以外は、

全てこの「バケッタレザー」(タンニンなめしも含め)の世界最高峰に位置する革たちです。





経年変化(アリゾナ・アルノブルー)の様子です。



艶をまとい

色が深く美しく変化し、

しっとり柔らかい、吸い付くような手触りに変化しています。

やがて、シボ(凹凸のあるシワ)が伸びて平になっていきます。



f0032021_14534495.jpg




アリゾナの他にもいろいろなラインナップがあります。


f0032021_14542080.jpg




ムーミン谷に出てくる、スニフが言っていました。



「見るだけと、手でもって自分のだと思うのは、全然違うのになあ。」
by sittemasuka | 2018-07-02 14:54 | 商品一覧と特徴

イタリアンヴィンテージバケッタレザーのシステム手帳と{共に刻む歴史}

手帳とは、日々の生活や仕事、時間を共にする相棒のような存在です。

それは、日々の小さな歴史です。



一人ひとり生活スタイルや手帳の使い方にも違いがあり、

それを経年変化と共に反映できるような手帳です。



「サイズ」
約15cm x 11cm(閉じた状態)



f0032021_15104818.jpg




一番の違いは、簡単なことですがペンホルダーを左側に配置したことです。



筆記の際、右側にペンホルダーがある右手にあたってしまうため、

少しのストレスがありましたが、

左側にすることにより右手に当たらずにすみます。



加えて太い軸のペンが入るように大きめにしてあります。

(写真ペンはDELTAヴィンテージです。)





f0032021_15114775.jpg





バインダー金具はネジ式で取り外しがきくため、

バインダー金具が壊れた場合もご自身で交換可能です。



取り外しが必要ない場合は、ボンドを穴に少し入れ、ネジで締め上げると

取れにくくなります。



カードも収納したいとご要望がありましたので、

4枚収納可能です。



その下も両側ポケットになっています。




f0032021_15122535.jpg




バインダー金具以外は、真鍮製のカシメを使っているので、革と共に経年変化を楽しめます。



販売している革小物は全てセミオーダー・再販が可能です。



システム手帳の仕様は数種類あります。

システム手帳のセミオーダーももちろんセミオーダー再販可能です。



帯の留め方も数種類あります。







システム手帳A


帯部分は真鍮製カシメ(丸型)


f0032021_15144516.jpg




帯部分は真鍮製カシメ(帯の形が剣先)


f0032021_15151893.jpg




帯の形が丸型

フィオッキホック式


f0032021_1518685.jpg



隠しフィオッキホック式


f0032021_15195028.jpg





ギボシ式


f0032021_15165575.jpg




コンチョ式


f0032021_15224413.jpg



内装はもう一種類あります。


f0032021_15213946.jpg




今回使用している革(イタリアンヴィンテージバケッタ)は、

イタリアはトスカーナ州ので生産されている

バケッタレザーを使用しています。



バケッタレザーを簡単に言うと、

「植物タンニンなめし」の後に「オイルを加える」ことで、

極上の経年変化を楽しめる革です。



Many CHOICE使用している革は、ルレザー、クロムエクセル、ルガトー、エルクレザー以外は、

全てこの「バケッタレザー」(タンニンなめしも含め)の世界最高峰に位置する革たちです。







イタリアンヴィンテージバケッタはプルアップレザーでもあります。

革を曲げると色が薄くなる「オイルが走る」
現象をおこします。


f0032021_15243531.jpg




製作工程はこちらで詳しく書いています。



手縫いで、すべての工程を一人で制作、

金具はイタリアの真鍮製フィオッキ社の最高級ホックを使用しています。




オイルケアは不要で、

普段は乾拭きのみのケアが、一番いいです。
汚れが付いたときや、たまに、固く絞った柔らかい布で拭き、

乾拭きしてあげるといいです。

(馬毛ブラシがおすすめです。)


他にもいろいろなラインナップがあります。



f0032021_15291782.jpg




{共に刻む歴史}



気に入ってもらえた革や仕様で共に歴史を刻んでいただければ幸いです。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-06-01 15:31 | 商品一覧と特徴

{山と街をつなぐ}イタリアンレザー・エルバマット・コンパクト2つ折り財布

山登りはちょっとした小旅行のようなもので、山を降りた時に
その土地の美味しい料理も
楽しみの一つです。



ナイロンの財布も水にも強いのでいいのですが、
30代を過ぎた頃にナイロンの財布で

レストランに行くのが少し気恥ずかしかったのと、

レザートレッキングブーツのように共に山の思い出を刻んでいける
財布を作りたいと
思い、イタリアンレザーの最高峰のエルバマットを使用した
このコンパクト2つ折り財布を制作しました。



f0032021_1850167.jpg



サイズは、10cm×11.5cm(閉じた時)で、

ポケットに収納可能です。



登山に最低限必要な

保険証・お札・小銭・ICカードを

収納可能です。



小銭入れ部分はしっかりとホックで留められ、

ICカードは改札を通る際、財布から出さず、そのままタッチして通れます。




f0032021_18504835.jpg





カードも複数収納でき、

お札の幅は、大きめなので、海外のお札も収納可能です。


f0032021_18512456.jpg




小銭入れ部分は両端を押すと、大きく開きます。

f0032021_13323938.jpg








プエブロ・エルバマット・イタリアンヴィンテージバケッタ
アリゾナ・ブッテーロ・ミネルバリスシオ
イタリアンオイルバケッタ・ハバナは、

イタリアはトスカーナ州ので生産されている

バケッタレザーを使用しています。



バケッタレザーを簡単に言うと、

「植物タンニンなめし」の後に「オイルを加える」ことで、

極上の経年変化を楽しめる革です。



Many CHOICE使用している革は、

ブライドルレザー、クロムエクセル、ルガトー、エルクレザー以外は、

全てこの「バケッタレザー」(タンニンなめしも含め)の世界最高峰に位置する革たちです。





経年変化(エルバマットグリーンアップル1年4ヶ月使用)の様子です。



マットな起毛革がツルツルになり、

艶をまとい

色が深く美しく変化し、

しっとり柔らかい、吸い付くような手触りに変化しています。


f0032021_18531881.jpg





タンニンなめしの革は、水に極端に弱いイメージですが、

使用により、革の表面が引き締まっていくと革のオイルが回り

水ジミになりにくくなっていきます。



f0032021_18534339.jpg




製作工程はこちらで詳しく書いています。



手縫いで、すべての工程を一人で制作、

金具はイタリアの真鍮製フィオッキ社の最高級ホックを使用しています。





オイルケアは不要で、

普段は乾拭きのみのケアが、一番いいです。
汚れが付いたときや、たまに、固く絞った柔らかい布で拭き、

乾拭きしてあげるといいです。

(馬毛ブラシがおすすめです。)


他にもいろいろなラインナップがあります。


f0032021_1855511.jpg




{山と街をつなぐ}



このコンパクト2つ折り財布と共に

山登りを楽しんでいただければ、幸いです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-05-29 18:56 | 商品一覧と特徴

イタリアンレザー・コインキャッチャー財布についての説明です。

f0032021_18291034.jpg



レジでの支払いの際、

小銭の出し入れで手間取ってしまうのが

煩わしかった経験から

制作した「コインキャッチャー財布」。



「コインキャッチャー」とは、80年代に流行した金具で

500円、100円、50円、10円を種類別に仕分けることができます。



100円、50円、10円は、8枚程度、

500円硬貨は5枚程度入ります。



ですので、財布を開けた瞬間にいくらあるのかが

ひと目で分かるので、お支払いも簡単です。



もちろん出し入れも簡単で、取り出すときは小銭を引っ張り出すだけです。



しまうときも、小銭を種別の場所に押し込むだけです。



逆さにしても小銭が落ちません。


f0032021_18301266.jpg




更にカードなどを入れられるポケットが2つ付いているので、

ICカード(5、6枚)や

折りたたんでお札も入れられます。



スイカなどのカードも取り出すことなく、改札を通過できます。



f0032021_18311521.jpg





1円と5円は、膨らみをもたせたことで、

出し入れがしやすいポケットに収納できます。



f0032021_1832057.jpg




金具のカラーは

新色「アンティークゴールド」と

f0032021_18333412.jpg



ニッケルカラーのものもあります。


f0032021_1842498.jpg




プエブロ・エルバマット・イタリアンヴィンテージバケッタ
アリゾナ・ブッテーロ・ミネルバリスシオ
イタリアンオイルバケッタ・ハバナは、

イタリアはトスカーナ州ので生産されている

バケッタレザーを使用しています。



バケッタレザーを簡単に言うと、

「植物タンニンなめし」の後に「オイルを加える」ことで、

極上の経年変化を楽しめる革です。



Many CHOICE使用している革は、

ブライドルレザー、クロムエクセル、ルガトー、エルクレザー以外は、

全てこの「バケッタレザー」(タンニンなめしも含め)の世界最高峰に位置する革たちです。





経年変化(プエブロネイビー2ヶ月使用)の様子です。



マットな起毛革がツルツルになり、

艶をまとい

色が深く美しく変化し、

しっとり柔らかい、吸い付くような手触りに変化しています。



f0032021_18392674.jpg





製作工程はこちらで詳しく書いています。



手縫いで、すべての工程を一人で制作、

金具はイタリアの真鍮製フィオッキ社の最高級ホックを使用しています。





オイルケアは不要で、

普段は乾拭きのみのケアが、一番いいです。
汚れが付いたときや、たまに、固く絞った柔らかい布で拭き、

乾拭きしてあげるといいです。

(馬毛ブラシがおすすめです。)





極上の経年変化と共に、

{煩わしさから楽しさへの鍵}を

手にしていただければ、幸いです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-05-29 18:40 | 商品一覧と特徴

2/4革小物のラインナップと特徴です。(バック・ペンケース編)時を刻む革小物Many CHOICE

販売やセミオーダーをしている革小物の種類や革の種類が多くなってきましたので、
数回に別けてご紹介していきます。

一覧を見るには商品一覧と特徴からどうぞ。

ラインナップ革小物の特徴をまとめていきたいと思います。

「革小物は、全て電気式の機械を使用せず、手作業(手縫い・コバ(革の断面)は磨き)で一人で制作しています。」

セミオーダーに関しては詳しくは下記を御覧ください、
http://djembe311.exblog.jp/20029670/




ご不明な点があれば、下記まで、お問い合わせください。
modeuru182@yahoo.co.jp

「現在セミオーダー再販に対応している使用皮革」

ルガトー全色(紺・緑・赤・葡萄酒・コニャック・紫・茶・焦げ茶・黒)
ルガトーの裏張は都合上(紺・緑・黒・茶・葡萄酒)から、ご選択いただきます。


アリゾナ全色(ウィスキー・チョコ・マルボロ・ライトマスタード・ターコイズ・黒・オレンジ)
アリゾナ裏貼りご希望の場合は、都合上(チョコ・ウイスキー)になります。


EUヌメ革(無染色・手染めの場合は応相談)
※現在裏張りには対応してません。


スムースプルアップレザー(クロムエクセル)全色(マホガニー・ブルーグリーン)
現在裏張りは対応していません。


UKブライドルレザー(現在革の変更予定ですので、決まり次第ご案内します。)
鹿革(ディアスキンは廃盤・エルクスキンは現在革の変更予定ですので、決まり次第ご案内します。)


✤ラインナップ



バック6種類あります。
(1種類廃盤にします。)

「1」
{必要なものだけを持ち出せる上質}

トートバックA
サイズは、
縦約26cm
横約(最長)32cm
横約(最短)24cm

男性が持つとこんな感じです(身長170cm)
f0032021_2058920.jpg


持ち手 61cm
持ち手には、芯を入れ縫い、すべての面を丹念に磨き、
取っ手部分は取り外しができます。永く使えて、気分も新鮮に使ってもらえるように。

画像は女性身長153cmです。

真鍮製ジャンパーホック
真鍮製ハトメ
真鍮製二重カン×4(鍵などもかけられます)

f0032021_20585396.jpg

写真は、雑誌、長財布、コインキャッチャー財布、システム手帳を入れている状態です。
柔らかくなれば、もっと入ります。
f0032021_2104431.jpg


「特徴」・必要な物を最小限入る大きさにしたことで、無駄なものを入れず、
鞄の中身もごちゃごちゃにならず、
持ち運ぶ際も、必要以上に重い荷物を運ばずに済みます。

作りはとてもシンプルに。
金具は全て経年変化していく真鍮製。
持ち手には、芯を入れ縫い、すべての面を丹念に磨き、
サイズを小さく必要最低限の物を入れられるようにしました。


「2」
{贅沢な革で包む鞄}

トートバックB


{サイズ}
A4サイズもすっぽり入ります。
サイズは、縦約31cm
横約46cmです。


女性身長153cmです。



f0032021_19223032.jpg


f0032021_19224044.jpg


f0032021_19224846.jpg


真鍮製ジャンパーホック
真鍮製ハトメ
真鍮製二重カン×4(鍵などもかけられます)

ベルト部分には、ネジ式なのでマイナスドライバーで交換可能です。)

取っ手部分は取り外しができます。永く使えて、気分も新鮮に使ってもらえるように。




「特徴」・A4サイズもすっぽり入りますので、A4ノートや少し荷物が多い時におすすめです。
作りはとてもシンプルに。
金具は全て経年変化していく真鍮製。

持ち手には、芯を入れ縫い、すべての面を丹念に磨き上げます。
取っ手部分は簡単に取り外しができます。




「3」
{散歩を楽しむ形}

アコーディオンコインキャッチャーバック

アコーディオンコインキャッチャーバックは、通常のタイプと脱着式のタイプが有ります。

通常
f0032021_2214532.jpg

肩紐は編み上げ、
紐の長さは通常1m20cm

女性身長153cmです。
f0032021_2295574.jpg

一番体側のポケットにはコインキャッチャー。

コインキャッチャー(シルバー)10円・50円・100円・がそれぞれ8枚ほど収納可能です。500円は5枚ほど。
一円・五円の小銭は小銭入れに収納可能です。
f0032021_22183719.jpg

真ん中には金具が当たらないので、スマートフォンを入れて、
f0032021_22213679.jpg

一番外側には、ひも付きのキーリングをつけました。
f0032021_2223412.jpg

通常の背面
f0032021_22242867.jpg


コンチョ式
f0032021_2225194.jpg



脱着式
f0032021_22254653.jpg

背面
f0032021_2226223.jpg


脱着式なので、クラッチバックとしても
f0032021_22265074.jpg


「特徴」・ちょっとそこまで行こうと思った時に。
財布はコインキャッチャーで、キーリングも付いているし、
あとはスマートフォンを入れるだけです。
カードがタップリと入ります。

コロンとした丸みも、革が変わると大人っぽくも、軽やかにもなります。



「4」
「ファッチョンとしてのバック」


クラッチバック

f0032021_22313287.jpg

31cm×20cm(閉じた状態)
f0032021_22322375.jpg

真鍮製ジャンパーホック
コンチョ(ねじ式なので、マイナスドライバーで交換可能です。)
f0032021_2234558.jpg

内側に金具が来ないようにしてあるので、アイパッドも入ります。
「参考」
アイパッドair 高さ:240 mm幅:169.5 mm
f0032021_22343868.jpg



「特徴」・ファッチョンアイテムとしてのバックのデザインです。
コンチョもネジ式なので簡単に気分によって変えられます。

金具が内側に当たらないようにしてあるので、
アイパット入れとしても。


「5」
{長財布が入るウエストバック}

ウエストバック


「仕様」横約25cm×縦約15cm

長財布が横に入る大きさです。
f0032021_22491636.jpg

真鍮製ジャンパーホック
真鍮製コンチョ
真鍮製ハトメ
真鍮製二重キーリング(真鍮製なので、錆びませんし、良い感じのエイジングが楽しめます)
ベルトループはお手持ちの物を使っていただけるようにしました。

4cm幅までが推奨です。
f0032021_22513121.jpg

後ろに二重キーリングを付けているので、ウォレットチェーンやキーケースなども外にかけられるようにしました。
f0032021_2253766.jpg

長財布が横に入る大きさです。
f0032021_22544346.jpg


「特徴」・長財布の入るベルトに通すタイプのバックです。
さまざまなシーンの服装に合うようにシンプルに作りました。
今回の革は水に強いながら、エイジング、プルアップしていくのもポイントです。

画像はスムースプルアップ(クロムエクセル)ですが、アリゾナでも作れます。
ルガトーの場合は、もう一回り大きくする必要がありますので、
現在のところは対応できていません。


「6」

メディスンバック
はウェストバックが出来またので、廃盤にすることにしました。
f0032021_2343260.jpg



<




ペンケース2種類あります。
(ロディアペンケースと廃盤にする2種類は含みません。)


「1」
{L型の取り出しやすさ}


L型ペンケース

f0032021_1812010.jpg

あまりない長さのファスナーを使用しているので、玉付きのファスナーのみの対応になります。
f0032021_1855054.jpg

ペン×4
ハサミ
15cm定規を入れてもまだ余裕です。
f0032021_18412.jpg

L字型なので、出し入れしやすいです。
f0032021_1852182.jpg


「特徴」・シンプルな構造ながら、ファスナーをL型にすることにより、
ガバっと開き、ペンの出し入れがし易いです。


「2」
{少数精鋭}

3本差ペンケース
f0032021_1892229.jpg

f0032021_1894958.jpg

f0032021_18111855.jpg

全長縦約16cm
縦約12.5cm(縫ってあるところ)さらに、取り出しやすいように改良しました。
横約11.2
ペン(ステッチとステッチの間)3.5cm
写真は15cm定規です。
f0032021_1812117.jpg


「特徴」・限りなくシンプルな形にしました。
大切なペンを3本だけ持ち歩くためのペンケースです。
15cm定規も入ります。
使い込んで柔らかくなっていくと、それぞれのペンの形になっていくのがタンニンなめしの魅力です。



「3」皆さん作っておられるので、廃盤にすることにしました。
型紙はとっておきますので、ご要望があれば、作らせていただきます。

ロールペンケース
f0032021_18144758.jpg


「4」
ペンケースの種類が増えてきましたので、廃盤にすることにしました。

ブックカバーペンケース
f0032021_18172866.jpg




メイクブラシケース1種類です。

「1」
{美しく時をまとう}

メイクブラシケース
「サイズ」
横18cm x縦 10.5cm(閉じた状態)
f0032021_20481163.jpg

小ポケット×4
一回り大きいポケット2
f0032021_2049468.jpg

メイク道具を携帯する時に、筆がバサバサにならないように、蓋をつけました。
f0032021_20504295.jpg

f0032021_2051675.jpg


「特徴」・一枚革が優しくメイク道具包みます。
メイク道具を携帯する時に、筆がバサバサにならないように、蓋をつけました。
タンニン鞣しの美しい経年変化と共に。

つづく

2/4
by sittemasuka | 2015-06-20 14:49 | 商品一覧と特徴

3/4革小物のラインナップと特徴です。(名刺入れ・キーケース・スマホケース・通帳ケース編)

販売やセミオーダーをしている革小物の種類や革の種類が多くなってきましたので、
数回に別けてご紹介していきます。

一覧を見るには商品一覧と特徴からどうぞ。

ラインナップ革小物の特徴をまとめていきたいと思います。

「革小物は、全て電気式の機械を使用せず、手作業(手縫い・コバ(革の断面)は磨き)で一人で制作しています。」

セミオーダーに関しては詳しくは下記を御覧ください、
http://djembe311.exblog.jp/20029670/

長財布のセミオーダーについて詳しくは、下記を御覧ください。
http://djembe311.exblog.jp/21354134/


ご不明な点があれば、下記まで、お問い合わせください。
modeuru182@yahoo.co.jp

「現在セミオーダー再販に対応している使用皮革」

ルガトー全色(紺・緑・赤・葡萄酒・コニャック・紫・茶・焦げ茶・黒)
ルガトーの裏張は都合上(紺・緑・黒・茶・葡萄酒)から、ご選択いただきます。


アリゾナ全色(ウィスキー・チョコ・マルボロ・ライトマスタード・ターコイズ・黒・オレンジ)
アリゾナ裏貼りご希望の場合は、都合上(チョコ・ウイスキー)になります。


EUヌメ革(無染色・手染めの場合は応相談)
※現在裏張りには対応してません。


スムースプルアップレザー(クロムエクセル)全色(マホガニー・ブルーグリーン)
現在裏張りは対応していません。


UKブライドルレザー(現在革の変更予定ですので、決まり次第ご案内します。)
鹿革(ディアスキンは廃盤・エルクスキンは現在革の変更予定ですので、決まり次第ご案内します。)


🍁 ラインナップ


名刺入れ4種類あります。


「1」
{大人の嗜み(たしなみ)}

名刺入れA
f0032021_17472498.jpg

f0032021_18283056.jpg

カードポケット×2
サブポケット×1

・名刺40枚程収納可能
f0032021_17492877.jpg


サブポケット付き。
これが、付いたことによって、名刺交換の際、まごつかずに、素早く名刺交換ができます。
f0032021_17504062.jpg



「特徴」・形はシンプルに。
サブポケットが付いているので素早く、スマートに名刺い交換が出来ます。
頂いた名刺の一時保管にもお使いいただけます。

第一印象を左右する、大切な場面を考えて制作しました。


「2」
{大人の嗜み(たしなみ)}


名刺入れB

f0032021_16194467.jpg
f0032021_16195328.jpg

カードポケット×2
約名刺40枚程収納可能
f0032021_17582683.jpg

サブポケット付き。
これが、付いたことによって、名刺交換の際、まごつかずに、素早く名刺交換ができます。
f0032021_1832179.jpg


「特徴」・名刺を包見込むデザインです。

Aタイプと同様素早く、スマートに名刺交換が出来るように
サブポケット付きです。
頂いた名刺の一時保管にもお使いいただけます。


「3」
{手紙のような想いを込めて}

封筒型名刺入れ
f0032021_1810251.jpg

名刺40枚ほど収納可能です。
f0032021_18114429.jpg


「特徴」・封筒型の、温かみのあるデザインです。
金具もなくシンプルな作りですが、タップリと名刺も入ります。


「4」
{日常の細部にもこだわる。}


カードケース(名刺入れ)


f0032021_18203075.jpg

ICカードや定期券入れ、クレジットカード入れとして。
f0032021_1822423.jpg

名刺40枚ほど収納可能です。

真鍮製・FIOCCHI社のホック(最高品質のホックです。真鍮製なので、錆びませんし、良い感じのエイジングが楽しめます)
f0032021_18221888.jpg



「特徴」・おすすめはクレジットカードやICカード入れです。

ポイントカードやレシートの一時保管など、
細部にも手を抜かない方に向けて作りました。


キーケース2種類です。


「1」
{継ぎ目のないカギを握る}

キーケース
f0032021_1841258.jpg

内側も表革と同じ革をを贅沢に、使用しています。
f0032021_1843277.jpg

真鍮製・FIOCCHI社のホック
(最高品質のホックです。真鍮製なので、錆びませんし、良い感じのエイジングが楽しめます)

五連キー金具(真鍮メッキ)
f0032021_1844499.jpg

鍵が落ちないポケット×1
f0032021_18455582.jpg

f0032021_18461864.jpg



「特徴」・ホックも内側にして、何よりも継ぎ目のない革の握り心地にこだわりました。
内側もフラットで、移動の際カギが出てきにくいように
ポケット付きです。


「2」
{手のひらに収まる2way}

アコーディオンコインキーケース

f0032021_18541473.jpg

アコーディオンポケット×3
f0032021_18551092.jpg

一つのポケットのところに鍵を入れられるように革紐と
真鍮製の二重リングをつけて、キーケースと小銭入れを一体化しました。
f0032021_18562873.jpg



「特徴」・手のひらに収まる大きさながら、小銭を分けて収納でき、
キーケースとしても使えます。
ポケットに入るので、手ぶらの時に活躍します。


スマートフォンケース1種類です。

「1」
{音楽をケイタイする}

スマホケース

「サイズ」縦15cm×9cm

f0032021_19524687.jpg

ベルトに画像のようにイヤフォンをかけることもできます。
f0032021_19533237.jpg

真鍮製釣り針フック
真鍮製ハトメ
真鍮製・FIOCCHI社のホック
(最高品質のホックです。真鍮製なので、錆びませんし、良い感じのエイジングが楽しめます)
f0032021_19553583.jpg


L型ファスナーのフックでベルトループやバックにかけられる、スマホケースです。
f0032021_19485275.jpg



「特徴」・特に音楽を良く聞く人にむけて、
スマートフォンケースをデザインしました。

真鍮製の釣り針フックが付いているので、
バックに引っ掛けても、
ベルトループに引っ掛けて、手ぶらでも歩けます。

イヤフォンもベルトに巻きつけられます。



通帳ケース1種類です。

「1」
{大切なモノは上質な革で}

通帳ケース

f0032021_19363878.jpg

通帳入れ(パスポートも入ります)×1
サブポケット×1
カード入れ×2
印鑑入れ×1
f0032021_19372860.jpg



「特徴」・印鑑・キャッシュカード・通帳・パスポートが入るようにデザインしました。
バラバラのものも、一つにまとめておくと、思い立った時にすぐに出かけられます。

大切なモノは、むき出しではなく、
上質な革に包むのもいいかもしれません。


つづく

3/4
by sittemasuka | 2015-06-20 14:49 | 商品一覧と特徴