厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(371)
(248)
(193)
(154)
(125)
(115)
(97)
(95)
(88)
(77)
(63)
(62)
(52)
(52)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-21 16:08
セミオーダーやみつきエルクの..
at 2019-08-15 16:37
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-08-13 16:19
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-02 15:18
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-07-30 15:43

記事ランキング

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

カテゴリ:お知らせ( 8 )

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いいお正月を。

f0032021_9496100.jpg


f0032021_9491713.jpg



f0032021_9492768.jpg



f0032021_9503074.jpg

by sittemasuka | 2019-01-01 09:51 | お知らせ

Many CHOICE6周年と年末年始について。使い手と共に生きるタンニンなめしの革

今年も残り僅かです。

今年もたくさんのお買い上げ、本当にありがとうございました。

年末年始は、今日31日~1月4日まで、お休みを頂きます。

ご注文の受付・配送は通常通り行います。


セミオーダーや制作は、1月4日~始めますので、よろしくお願い致します。
(お問合わせは随時受け付けてます。)


f0032021_16261368.jpg



短いようで長く、Many CHOICEを始めて
今年で6年を迎えます。


もうかなり歳を重ねてきた気でいたのですが、
鎌倉に来て、色々なお店の人などと話すうちに、

自分が若輩で、足りないところだらけなことを
気付かされました。

自分なりに必死にやってきたこと、
6年仕事をなんとか続けられてきたことなどは、

商売の激戦地鎌倉で、数十年、
数百年生き残ってきた
先人たちを前にすると、
まだまだ少し続けられた程度という
気持ちになるのです。


鎌倉には新旧入り乱れて、いろいろな種類のお店があり、
残念ながら見せかけのお店も多いですが、
魅力的なお店があります。

それはやはり、50歳以上の店主のいる個人店です。

人間のアクがあって、お上品ではなくて、
気さくで、上から目線ではなくて、
前のめりで、自分の話をしてくれて、
前のめりで、私の話も興味を持って聞いてくれます。

外から見る鎌倉は、
敷居がとても高い古都のイメージでしたが、
いいお店は、気取らず話しやすい店主さんがいます。


常連さんも、ただ買い物をするのではなく、
その店主さんとお店の信用から
商品を買い、対価を支払っている、
対等な商いのかたちがあります。


礼には礼を、無礼には、無礼を。


線引はするけれども、間口は人間の広さに比例して、
広いのです。

そして、何よりも自分の経験を話してくれるので、
アクがあって面白いんです。


物作りは、技術の鍛錬に重きを置きがちですが、
それだけでは、単なる競争を続け、
すり減っていってしまいます。


そこに人間的な魅力がないものや、店は
長く続けられないような気がします。


「色即是空」

商品に込める「色」の力も大事ですが、
限られています。


「空」の見えない、人間力を磨かない限り、
革小物を作る仕事も続けられないような
気がします。


色々な大切なアドバイスも
聴くことができなければ、
自分の身になりません。


話す前に聴く力と、
見えないところでの
さらなる地味な鍛錬が
来年の課題です。


誰しもが通る道と色々な方に言われましたが、
突き抜けるには、
生半可な地力では足りなそうです。

それまでは、楽しみながら、
もがくしかないようです。


今年も本当にたくさんのお買い上げ、
ありがとうございました。


皆様のおかげで、今年も続けられました。

急に寒くなりましたので、
お体に気をつけて、
良いお年をお迎えください。



Many CHOICE



f0032021_1712934.jpg

by sittemasuka | 2018-12-30 17:02 | お知らせ

鎌倉に引っ越しのため、10月14日15日16日の配送はお休みさせていただきます。

またまた遊牧民のように引っ越しの準備に追われています。
ほとんど家具選びに躍起になっているせいですが、、

茅ヶ崎に引っ越してきて、2年と経たず鎌倉に拠点を
移すことにしました。


茅ヶ崎を離れるのは、
一つは、茅ヶ崎の個人店の閉店。
一つは、美味しかったお店の品質低下のため。

鎌倉に移るのは、
一つは、四季を目で見て感じるため。
一つは、散歩のときに自然を感じたいため、
一つは、文化を感じられる街に住むため。
一つは、日本の文化を再度見直すため。

一つは、新旧の個人店があるためなどなど
色々な理由があるのですが、
引っ越すのは、いつも人の縁や
次に自分には何を学ぶ必要があるかなのです。


物件成約までは非常に難航して、
改めて引っ越しは気力と
体力とお金を使うものだと痛感しているのですが、
引っ越したいと思うと居ても立ってもいられないのです。


久しぶりにテレビを捨て、プラスチック製品をほぼほぼ
捨て去り、家具選びの中で、
改めて人の作るものは良いと感じました。

新生活に選んだものは、ほぼ手作りのもので、
引っ越すたんびに捨てるものではなく、
直したり、ケアしながら使い続けていくものです。


値段に妥協して選んだものや、プラスチック製品のゴミを見ながら、
無駄にした時間とお金を思います。


「時を刻まない」使い捨てのものを作る社会、
私を含め「時を刻まない」ものを買う側の貧しさを
見ることができました。


その代り、貯金はほぼほぼ消えてしまいました。。。。


まずは、お世話になった道具たちを掃除して、


f0032021_19234743.jpg

f0032021_19235413.jpg



引っ越し先では、何よりもまずアトリエの準備をし、
作業を再開します。


10月14日15日16日の配送はお休みさせていただきます。


10月13日までは、通常通り配送いたします。

10月17日には通常通り配送を再開いたします。

よろしくお願いいたします。






f0032021_17234510.jpg

by sittemasuka | 2018-10-10 17:26 | お知らせ

革の宝石ルガトー紺のみ販売・セミオーダーを再開します。

革の宝石ルガトー紺のみ再開いたします。


ルガトーを休止して1年半が過ぎました。

去年から、現在まで多数のお客様からの
ルガトーのセミオーダーを下記の理由で
https://djembe311.exblog.jp/27401828/


お断りしてきました。


そのたびに折角のご要望に答えられず、
申し訳ない気持ちの中
なんとか打開策を探しながら、現在まで至りました。


打開策はルガトー紺のみにはなりますが、
再開することにしました。



今回ルガトーの紺を久しぶりに入荷してみて、
その美しい色合いと光沢と質感は実に魅力的です。


f0032021_13581178.jpg

f0032021_13582127.jpg

f0032021_13583848.jpg



巻ジワが深い部分は、捨てざるをえませんが
使える部分の方が多いので、
何とか紺だけならば、再開ができそうです。


他の色については、最悪1枚まるまる捨てる場合のことを考えると、
なかなか難しい状態です。



よろしくお願いいたします。
by sittemasuka | 2018-07-20 13:59 | お知らせ

年末年始について。今年も本当に有難うございました。5周年を迎えられました。

まだ、5日程ありますが、
今年もたくさんのお買い上げ、本当にありがとうございました。

年末年始は、今日31日~1月4日まで、お休みを頂きます。

ご注文の受付・配送は通常通り行います。


セミオーダーや制作は、1月4日~始めますので、よろしくお願い致します。
(お問合わせは随時受け付けてます。)


f0032021_16405224.jpg





Many CHOICEを初めて、おかげさまで5周年を迎えることが、
できました。

Many CHOICEでは、広告料にお金を使うことはせず、
知り合いをたどることも一度もせず、
今年まで(今年からインスタを始めました。)、SNSも使わず、
イベントなどにも出ずにネット販売のみで、続けてきました。


自分が感動できる素材を使い、出来る限り手間をかけて、
いいものを作るためです。



相方のお陰で、色々なところへ出かけてはいますが、
来る日も来る日も一人で、革を探し、デザインを考え続け、
制作を続け、地味に改良を重ね、

撮影方法を考え、撮影をして、出品し、

配送し、

ブログを書く日々です。


毎日のように手に穴があいて、体力も地味に使います。


温かい感想を受け取る
喜びがあって、

小さな発見や反省があって、

少しの飽きがあって、

生活や未来への不安があって、

憤りや達成感や希望が入り混じる毎日ですが、



制作の時間は革と音楽だけがあり、そんなことは頭から消えてしまいます。


今年は壁がこれでもかと立ちはだかって、一番大変な1年でしたが、

首の皮一枚で、今年も生き残れたのは、
本当に、本当に
お客様の温かいご感想のおかげです。


ただ、信じる道を進み、
私の革小物を買ってくれる方がいる限り
この有り難い仕事を続けていきたいと思っています。


まだ、5日程もありますが、今年も本当に有難うございました。

皆様も良いお年をお迎えください。


f0032021_23132724.jpg



Many CHOICE
by sittemasuka | 2017-12-26 16:24 | お知らせ

年末年始とルガトー紺以外の休止についてです。

※2018年7月20日ルガトーは紺のみ、
下記の理由で再開いたします。

https://djembe311.exblog.jp/29943944/


年末年始は、今日30日~1月5日まで、お休みを頂きます。

ご注文の受付・配送は通常通り行います。


セミオーダーや制作は、1月6日~始めますので、よろしくお願い致します。






現在手元にあるルガトーが(紺以外)

最後の在庫になります。


http://djembe311.exblog.jp/27371625/


と重複しますが、

「革の宝石ルガトー・茶を入荷したのですが、今回も点在して、巻じわがあり、捨てる部分が非常に多く、
安定した、供給が出来ないため、休止することにしました。



ルガトーは色質感クウォリティーがとても気に入っていた革で、本当に悲しいことです。

タンナーの名誉のため、書きますが、革のクウォリティーが落ちた訳ではありません。

あくまで、保管・輸送時にできる巻じわです。


日本に入荷するときは、巻かずに、平積みにされて入荷しますが、

保管・輸送時に巻いてしまうため、巻じわができてしまいます。

少し前は、それでも比較的巻じわがあまりないものが中心だったのですが、
前回も革をまるまる一枚捨てざる負えず、

今回も巻きじわが、点在しているため、

バックなど大物は作れそうもありません。

巻じわのひどい部分は、全て捨てざるおえません。

これは、革の個性でも、個体差でも、天然の革のせいでも、タンニンなめしだからでもないのが、

とても残念でなりません。


上記の理由で、この巻じわの問題の解決策が見つかるまで、ルガトーの休止を致します。」



ここまで、ルガトーとアリゾナの定番革と共に歩んできました。

始めの頃は、あまり扱っているところも少なく、Many CHOICEを代表するような革になってただけに、
取扱を休止するのは、ご要望のお客様も多いだけにとても残念です。

数ヶ月悩みに悩んで、決断したことですので、ご理解いただけば、ありがたいです。


来年から、目星をつけているイタリアトスカーナ産の上質なタンニン鞣しの革を出していこうと思いますので、
よろしくお願いいたします。


今年も本当にたくさんのお客様、特にリピーターの方にお買上げいただき、来年に繋げることができました。
毎日毎日を生き延びている感じです。

やっと引っ越しも済、なんとか体裁を整えたアトリエを改装しながら、
「生きている革」タンニンなめしの素晴らしさを、届けられれば幸いです。



今年も本当に、本当にたくさんのお買いあげありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

皆様も良いお年を迎えてください。



Many CHOICE






f0032021_18494215.jpg

by sittemasuka | 2016-12-30 18:49 | お知らせ

2016年・11月27~11月30日まで引っ越しのため、配送が遅れます。9年間と革の仕事。

お知らせとお願いです。

2016年・11月27~11月30日まで引っ越しのため、配送が遅れます。

厳密には、11月26日には梱包を済ませ、荷物を受け取るのが11月30日です。

最優先で、配送の準備をし、アトリエの準備に取り掛かります。


現在お待ちいただいているお客様を含め、セミオーダーの対応は12月初旬を予定していますので、
詳しくはmodeuru182@yahoo.co.jpまでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。





福岡に引っ越してきてはや、9年近くになりました。

仕事をやめた次の日に、以前から縁がある友人に誘われ

そのまた次の日にイベントに参加するため湘南から
福岡に訪れ、

そのまま引っ越すことになったのがきっかけです。



人の縁はとても不思議で、人生を予想外に導いてくれます。


それを逃さないためには、
自分の心をフラットに保つことだと思います。


工房を引っ越してきてからは、イベントへの出店・店への出店・
路上での販売・2人展・個展・グループ展

撮影・動画・フライヤーの制作・ジャンベでのイベント出演・
ヘナアート学校・ショッピングモールへの出店

・ボランティア・漢方・革との出会い、
相方との出会いなどなど色々なことを体験できて、

色々な人に出会えました。



その中で、
色々な事に自分なりに気づくことができました。



○作品を作ることと、それを仕事にする場合の違いは、

自己満足ではなく、

信念をもって使ってくれる人のことを考え作り、
伝えること。



○作家は、作ることのみを追求してしまいがちだが、
伝えることを疎かにしてしまいがちなこと。



○誰かと仕事を一緒にやる場合は、
それぞれが役割を持ち、

価値を見出すことができなければ、

一人でやるよりも時間がかかり、続けられないこと。




○ボランティアは、まず自分が自立し、
自分の時間とお金を使って、

継続的にやらなければ、自己満足で終わり、

そこに関わった人の
時間やお金を使わせてしまうことになること。




○続けるということは、
同じところにいることや、同じことをするのではなく、

常に新しい試みを続け、自分の力の及ばないところや、

人の中に身を投じ続けること。




○新しいことをする時、それを留めようとするのは、
自尊心・虚栄心・恐怖心だが、

特に恐怖心よりも褒められたことや

居心地の良さが、現在やその場所に留めようとすること。




それを捨てることは、
過去や自分を否定することではなく、手放すこと。

きっぱりと積み上げてきたものを手放せれば、
いつかつながること。

出発点は、違う可能性や自らの間違いに
冷静に向き合うこと。



○居心地の良いところは、慣れや甘えや一定の価値観に
縛られてしまう可能性があること。



○それぞの人が違うことを考え、
自分のペースをもっていて、

それでも一緒に何かをやるには、

お互いの気持や言いたいことを言葉にして、
諦めずに伝えあうこと。




○違う人と何かを共有することは、陰(大変な部分)を諦めずに、

乗り越えてゆく方法を探していくことだということ。



○人間の厚みは、陽の時よりも、陰の時に深まること。





この9年間は、特に前半は楽しい反面、
金銭的にも精神的にもギリギリでやっていたように思います。

そのギリギリの中で、色々なことを体験できて、
色々なことに気づけたような気がします。



革と出会い、仕事にできてやっと4年です。

常に革のことが頭にあって、改良や新しいもの、
捨てるもの、

できること、できないこと、


お客様の感想やご意見を頭に染み込ませて、
練り上げる毎日を送っています。


革小物を製作販売をして、生活をするのは、
正直金銭的に儲かるものではないので、

金銭的なものだけでは、続けることは不可能です。


「自分が丹精を込めて作ったものを、買ってもらい、
日々の中でつかってもらえること」

「最初から最後まで、自分の目で見れる仕事」

だから納得して、続けられています。


自分の作るものに魅力を感じてもらえず、
気に入って買っていただけなくなることが、

続けられなくなることです。

とてもシンプルで、厳しく、温かい仕事です。


まだまだ、自分より上手い人やすごい人は限りなくいます。

競争相手は限りなくいます。


その人達に負けず、革の仕事を続けられるように、
新しい場所で再スタートする予定です。


20代の時よりも、
必要だと思うことに見切り発車ができなくなっているので、
鍛え直します。



この9年間出会い、時間を共有してくれた人々、

革小物を買ってくれるお客様、

そして、いつも支えてくれている相方、


本当に本当にありがとうございます。


年末のような挨拶にもなってしまいましたが、
今後共よろしくお願いいたします。
by sittemasuka | 2016-11-21 17:03 | お知らせ

入荷先の一部レザー○ニアの取引をやめることにしました。

お客様に説明のため書きます。


レザー○ニアと取引をやめる理由について。

本日ルガトーの茶が届きました。

最初に結論を言いますと、全面に深い折りたたみシワ(製造工程で出来たシワではなく巻ジワです。)が入り、小物一つ作れないものが届いてしまったためです。
{当社基準}ということで、販売店の検品にOKがでて送られて来たものです。

画像を送り確認済です。

シワが全面入っていても感じ方はそれぞれということで、基準では満たしているということでした。
1時間ほどの電話の末、返品交換できないとのことで、革をまるまる一枚捨てることになります。


今までも当然全ての部分を革小物に使えたことはありません。

殆どの革は入荷しても半分や3分1が深いシワや傷で使えず、捨てざるおえません。
元々が生き物のため、顔料で傷を隠さないタンニンなめしのデリケートな革のため、

さらに、人が作ってくれている革ですので、毎回色味も違います。


しかし、そこがタンニンなめしの革の素晴らしさと魅力を生みますし、エイジングもしていく革を生みます。



反面、クロム鞣し・顔料仕上げは、傷やシワを隠せ、色味もブレをおこしづらいため、
ほとんど流通しているものはクロムなめし・顔料仕上げになります。



私の販売する革小物も、最大限いい場所を選別し、捨てざるおえない革の量も多いですが
なるべく傷やシワが無いものを使うようにしていますが、小じわや小傷が含まれることがあります。


幸いこれまで買っていただいているお客様には御理解いただけているため、本当にありがたいことに、
革の状態のことで、クレームを頂いたことはありません。
そのおかげで、タンニン鞣しの革を使い、革小物を製作できています。
本当に有難うございます。




参考までに電話のやり取りのため、写真を撮りましたので、
今回捨てることにした革の画像を載せておきます。

あくまで、不良品ではなく、{当社基準}として送られてきたレザー○ニアの革の画像です。
今まで数十枚買いましたが、返品したいと思ったのは今回が初めてですので、
あくまで一例としてとらえてください。


不良品ではないけれども、やはり私のところで使える部分がありませんでしたので、
数万円が消えていきます。
流石に全部捨てるのは気が滅入りますし、かんべんして欲しいです。
牛にも革を作ってくれたタンナーの方々にも申し訳ない気持ちになります。

この折りたたみ巻きじわさえなければ、ルガトーは本当にいい革だと思っています。

写真では写りにくいですが、実物は更に深いシワとなっています。


f0032021_17262316.jpg


f0032021_17262964.jpg

f0032021_17264694.jpg
f0032021_17265447.jpg
f0032021_1727243.jpg
f0032021_17271164.jpg
f0032021_17272464.jpg


f0032021_1643393.jpg


#レザーマニア #ルガト
by sittemasuka | 2016-07-29 17:46 | お知らせ