厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(366)
(248)
(193)
(154)
(123)
(113)
(97)
(94)
(87)
(73)
(63)
(62)
(52)
(50)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

セミオーダー・プエブロコンパ..
at 2019-07-18 15:41
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2019-07-11 15:52
セミオーダー・病みつきエルク..
at 2019-07-10 13:51
消費増税の愚行ととどめ
at 2019-07-03 17:58
革の宝石ルガトー・2つ折りコ..
at 2019-07-03 17:25

記事ランキング

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

カテゴリ:バケッタレザーとは?( 1 )

本物を知る人に支持される。バケッタ製法で作られる「バケッタレザー」とは?の説明です。

最近チラホラと耳にすると思うバケッタレザーについて、書いていこうと思います。


f0032021_17273973.jpg


バケッタ製法の発祥の地は、イタリア・トスカーナ州です。


バケッタ製法とは、1000年前から受け継がれていた、歴史的な製法の鞣し方のことです。
一度継承が途絶えて幻の製法となっていました。

現在ごく一部のイタリアのタンナーが秘密のレシピを復元し、改良しています。

一度途絶えたでけに、厳密な定義は、難しい部分があることも確かですが、
いろいろな情報と、私が実際に「バケッタレザー」を使い、革小物を制作し、
実際に革小物を普段使っている中での、見えた共通する印象を交え、

「タンニンなめし」「バケッタレザー」の違いについて説明していこうと思います。




他のタンニンなめしとの違いは、100%タンニンなめし(植物のタンニン)であることと
「オイルの加脂」(オイルを加えること)です。





「時間・工程・経年変化」


バケッタ製法は、限られたタンナーの熟練した職人によって、手作業で行われています。
クロムなめしと比べ、膨大な手間と時間がかかる工程があります。


クロムなめしは早いもので24時間以内

バケッタ製法では実に1年以上かかるものもあります。



この時間の掛かる工程に選ばれる革は、当然最高品質のものに限られます。
(フランス産・スイス産など)

一部を覗いて、染料仕上げのため、革の表情がダイレクトにでます。

それが、経年変化(美しく磨き上げられていく)

経年劣化(乾燥による割れなどで消耗していく)の分かれ目です。



そこで、重要な役割をするのが、「オイルの加脂」です。
多大な時間をかけ、タンニンで鞣した後に、
さらに、じっくりと、牛脂や魚脂や植物油に漬け込みます。

オイルにくぐらせているだけのものと違い、オイルを革の芯まで染み込ませます。



そうすることで、たっぷりのオイルが革の中に含まれ、
バケッタならではのしっとりとした手触りと、
使用により、革の中からのオイルで磨かれ、美しい艶をまとい、
ひび割れを起こしずらく、耐久性があります。


ブライドルレザーも堅牢というイメージが有ると思いますが、
厚手のものを曲げると、
割れを起こすこともあると知られる革です。



ブライドルレザーが(剛)の強さなら、


バケッタレザーは(柔)のしなやかな強さです。




「ケア」




このたっぷりのオイル分があるため、メンテナンスは、ブラッシング・乾拭き・水拭きで大丈夫です。



靴磨き同様、他のメンテナンスオイルやワックスで光らすよりも、
本来の美しさが出ます。

(オイルが抜けていないのに、更にオイルを入れると、
植物の肥料過多のように、革にもあまり良くありません。)




「色」


色の変化も、
手染めの技術とオイルや蝋を含むものもあり、美しく変化をとげていきます。
(濃い色はわかりづらいものもあります。)



「安全性」

革小物は、手に触れそのままその手で食べるものに触れるものなので、
天然成分であることは非常に重要です。


欧州の調査では、クロムなめしの工程で3価クロムが6価クロム(猛毒)に変化し、
その残存例があるという結果もありますので、

、素肌での激しい摩擦には注意を払う必要もあるかもしれません。

(私の住んでいるところもそうなのですが、
燃えないゴミで革小物が捨てられない一つの要因です。)


※安全性には、色々な捉え方があると思いますので、
あくまで私の捉え方です。




これらが、本革(クロム鞣し・顔料仕上げも含む)と、
タンニン鞣し
バケッタ製法による、イタリアの「バケッタレザー」違いだと私は思っています。



私のところの革ですと、


「エルバマット」

(バケッタ製法・染料仕上げ・ヌメ革・100%タンニン鞣し・イタリア産)

f0032021_1729558.jpg




「イタリアオイルバケッタ」は、

(バケッタ製法・染料仕上げ・ヌメ革・100%タンニン鞣し・イタリア産)

f0032021_17292279.jpg




「アリゾナ」

(バケッタ製法・染料仕上げ・ヌメ革・100%タンニン鞣し・手もみシボ加工・イタリア産)


f0032021_1730199.jpg





「プエブロ」

(バケッタ製法・染料仕上げ・ヌメ革・100%タンニン鞣し・イタリア産)


f0032021_17301562.jpg


「ブッテーロ」

(バケッタ製法・染料仕上げ・ヌメ革・100%タンニン鞣し・イタリア産)

f0032021_17303553.jpg




「ハバナ」

(バケッタ製法・染料仕上げ・ヌメ革・100%タンニン鞣し・イタリア産)


f0032021_17304667.jpg







「ルガトー」


(タンニン鞣し・染料仕上げ・ヌメ革・アイロン光沢仕上げ・ベルギー産)

※アイロン加工は革の表面にアイロンの熱を加え、革を引き締め、光沢を出すものです。

f0032021_17311773.jpg





「UKブライドル」

(タンニン鞣し・染料仕上げ・ヌメ革・イギリス産)

f0032021_1732296.jpg





「クロムエクセル」


(コンビ鞣し・アリニン染料仕上げ・プルアップレザー・アメリカ産)

f0032021_17325415.jpg


です。



ご参考になれば、幸いです。






気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-03-26 17:51 | バケッタレザーとは?