厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革のエイジングとお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(339)
(239)
(190)
(149)
(103)
(92)
(90)
(87)
(81)
(67)
(61)
(56)
(50)
(44)
(42)
(42)
(34)
(33)
(30)
(29)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-20 15:57
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-18 16:30
イタリアンレザー・ブッテーロ..
at 2018-11-14 15:05
チーク無垢材のローテーブル・..
at 2018-11-12 12:49
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2018-11-10 15:23

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
アーティスト

ファン

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

隠れメイン ベンメリア遺跡へ

今回のカンボジアの密かなメインはこのベンメリア遺跡だった。そこに行くためにその日から色々な人に募集を掛けていると、家族でカンボジアから世界旅行に出る家族にあった。そのお父さんは10年前にカンボジア、シェムリアップに来たことがあるそうな、、、そのときはタイ~シェムリアップはさらにさらに凸凹で、シェムリの街も今のようにコンビニやレストランATMはなく本当に何もない街だったそうな。10年前のカンボジアに着てみたかった、、、、、そうしたらもっともっと、アンコールワットへの道に憧憬を覚えただろうと思って。
そんで、何やかんやで、次の日セダンで55ドルをセパレートで、入場料5ドルを出して、手付かずの数少ない遺跡、ベンメリアへ行くことになっのだ。
朝早くにダラダラと起き出して、朝飯を食って、お弁当をつくっってもらい、遺跡PICNICに出た。
サーササー凸凹凸凹と車をが走る。タバコを吸おうとすると車は止まる、考える、、、中ではダメなようだ、、、、降りたついでに、カンボジアでGETした太鼓を叩きに叩く!!!!村人が遠くから見つめている、、、、、さらに叩く!!ドライバーが来る、、、、止められた、、、、警察が来るらしい、、、、、警察は嫌い、、、どこの警察も嫌い。
気をとりなおして車に乗り込み、ゲートで入場料を払い、少しすると、あっけなくベンメリアへの道の前に着いた。ちょっと前までは、山賊が現れたようで、機関銃を構えた少年が同行したらしいが今は危険な雰囲気はない。
道の前にはガイドがいて、どうやら、2ドルでガイドしてくれるらしいので、色々聞こうと、頼むと、このガイドはラーマヤナとライブラリーしか終始言わず、何を聞いてもI DONT KNOW、、、まさに、只邪魔なだけなので、お勧めしない。
ベンメリアへの道の前にはナーガ(複数の首を持つ蛇) が両脇を固め、壊れたナーガが何体か、転々とアル、、少し歩くとコケに覆われた瓦礫の山と共に、森の中から当時門だっただろう遺跡が姿を現す。ついに、ベンメリアへたどり着くことができたのだ!
発見当初と変わらない姿だとその周りに生えているコケが物語っていた。
瓦礫の山をテクテクと登り、建物の中に入ると、日の光が薄く中を照らしていた。
この遺跡のほとんどの彫刻や建物は壊れていて、当時の姿を頭の中で創造してみたけれども、今のこの静かで、コケが生えていて、どちらかというと森の一部のような場所の中では人々が生活していたことが、うまく想像できなかった。長い年月の中でこの遺跡は、森に帰ったのだろう。
途中太鼓を叩いて、入り口に戻ると、ただ、気持ちよかったな~ というのが感想だった。
また、もとの入り口に戻り、弁当を食って、太鼓を叩いていると、ぞ~ろぞろ 、、そろぞろー!!と子ども達が集まってきたので。気合を入れてジャンベのリズムを叩いてみると女の子は踊りだし、他の子はシャイにこちらをじっと見ていた。叩き終えて子どもに叩く?と身振りで聞くと、はじめはシャイに叩いて叩いてとこちらに返してた。何度か勧めると、一人の男の子が恥ずかしそうに太鼓を叩くと、やっぱりいい笑顔で自分のリズムを楽しそうにたたいている。やっぱり子どもは可能性が無限にあるんだな~と聞いていて思う。しばらく色々な子ども達や、村の大人達と交互に叩いていると、トランシーバーを持ったおじさんが近ずいてくる、、、、またポリスかと思っていると、トランシーバを太鼓にあて叩いてくれという。どうやら誰かに聞かせたいらしいのだ。一通り叩くと満足して、少し話していると、一緒に来た日本人の男の子が来た。遊んで来いよ~というとこいつもシャイBOYで、カンボジア公園デビュウーは次のきかいなようだった。
カンボジアの子どもと暫らく目や太鼓で話しているうちに、ココに太鼓があれば、きっと最高の笑顔で楽しんでくれるんだろーな~と思い、太鼓をプレゼントした。車から子ども達の太鼓を取り合って、叩いている姿を見ていたら、良かったと思った。ベンメリアも良かったけど、あの子ども達に会えてもっとよかったと思った。あの太鼓もココでなら幸せに暮らせるだろう。
f0032021_1521870.jpg

by sittemasuka | 2006-08-27 00:42 | アジア旅行記 | Trackback

プノンクノン(カンボジア)

いつまでも続くような闇を抜けて、やっとのことで、シェムリアップに着く。
案の定訳の分からないホテルに着きここ安いよ!ここ安いよ!とカンボジア人に囲まれる。とりあえず、当初行く予定だった、takeoかチェンラに行こうとすると宿の値段は下がり、途中会った日本人とシェアで一人2ドルらしい。疲れていたし、相当キレイなホテルだったのでここにとまることにする。後でわかったのだが、街からここは遠いのだ。部屋にとうされると、それはゲストハウスではなくホテルそのもので、きれいで広い部屋にキレイなシーツにシャワーに洗面所までついていた。
翌朝予定どうりtakeoに移動する。そこにだいたいの交通費、例えばベンメリアまでセダン55ドルトゥクトゥク35ドルアンコール遺跡群一日チャ-ターバイクで6ドル前後などなど。
アンコールワットはもったえぶりたかったので、話の流れから一日目はプノンクノンという15分ぐらい山を登ったところにある夕日スポットに三人で出かけた。生暖かい風の中をトゥクトゥクでちょと町を抜けると、田園風景が広がり人々ののどかな生活風景が広がり、あ~やっとカンボジアに来たんだなーと実感が沸いてくる。15分ぐらい山を登るとお寺があり、さらにそこを抜けると遺跡がちらほらあり、トコトコ周りを歩いてみると、カンボジアの田園が黄金色に染まってキラキラと輝いている場所を見つけた。2人を呼び、タダ、ぼ~っと沈んでいく風景を見ていた。きっとこの風景は一生忘れない風景の1つになるに違いない。
その夜、カンボジアの伝統的なダンスのアブストラルダンスを予約していたので、早めに山を降りた。その夜は、ひと時バックパッカーを忘れるようなレストランで回りは小奇麗な旅行者でいっぱいだった。(10ドルも払ったのだから)少しするとなにやら学芸会のような催しが始まり、気が気ではなかったが、少し立つと、煌びやかな衣装をまとったおなご達が妖艶な宴を披露していた。それはどこかインドを思わせるようなものだった。
f0032021_0315047.jpgf0032021_032861.jpg
by sittemasuka | 2006-08-20 14:59 | アジア旅行記 | Trackback

カンボジア

ついに10年くらい前から行きたかった場所カンボジアへの旅に出る。
今回もタイから、バスでカンボジアを目指す。
出発が、なぜかというかカンボジアの宿引き込み作戦のために、6;30という、今のだらけきった俺には辛い時間ということで、ほとんど眠れずに、宿でピックアップを待っていると、顔面蒼白の日本人の男のこが、話しかけてきた。どうやら、夕べ遅くにマリ人と知り合い、バーにいって、しらないうちに、マネーベルトから、パスポート現金を盗まれたらしい、、彼の顔から見るに薬を酒に入れられたようだ。一緒にオーナーのところに行き、カードを止めて、エンバシーの場所を聞いて、彼は朝の町に消えていった、、、彼は一人旅は初めてで、つぎはカンボジアへ行こうと決めていたらしいのだが、帰ろうか迷っているようだ。カンボジアでは2週間ほどいたが、彼を見かけることはなかった。きっと彼も俺と同じように、アンコールワットを人目見たかったに違いないのに、、、、複雑な思いの中バスに乗り込み、バスに揺られ、国境の町アランヤプラテートにつく途中知り合った、大学生と国境を抜け、ポイペト(カンボジア)についに足を踏み入れた。
散々待たされた挙句小さいバスに押し込まれ、バスはカンボジアのがたがた(みんなが言うほどひどくない)道をひた走る、、、、昼間に出て、何時間もバスに揺られ、日が沈み、永遠つずいていそうな夜のカンボジアの道を眺めつつ‘け10;30にやっとアンコールワットのある町についた。
もう、アンコールワットは目の前に来ている。f0032021_1423239.jpgf0032021_14234287.jpg
by sittemasuka | 2006-08-17 00:31 | アジア旅行記 | Trackback