厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(364)
(245)
(193)
(152)
(120)
(112)
(96)
(94)
(87)
(71)
(63)
(61)
(52)
(49)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(11)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-06-19 17:13
やみつきエルクスキン・つげ櫛..
at 2019-06-12 12:39
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-06-05 19:43
革の宝石ルガトー・可動式長財..
at 2019-05-29 15:08
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-05-25 16:04

記事ランキング

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

シェルビーチとサンセットキャメルライド? 

またまた久しぶりに、あいまいな記憶を頼りに書く。
カルバリ渓谷を後にし、車はひた走る。車の窓からは、ものすごくでかい入道雲が広がっている。その中のひとつは、きっと宮崎ハヤオが天空の白を思い描いたような、ラプュタ雲が浮かんでいる。そんな雲を見ながら、一路120キロつずく貝の海岸シェルビーチに着いた。すぐ近くには、ストロマトライトなる世界遺産。が生きている。ナマコみたいな、まったく動かない生物だ。正直感動はない。ぼーと見ていると、女集が浅瀬に奪取していく、、、、、、、、、、、、たぶんきずいていないのだろうが、俺の視線の先を走っていく、、、、、しばらくすると、わーわーわーといいながら、走りよってきて、何かナマコみたいの踏んだーといっているので、世界遺産のことを教えると、青ざめて、捕まるーと叫びながら、奪取で、一向はシェルビーチへと向かう。それにしてもなんと恐ろしいことだ。ほんとに申しはけない。
気をとりなおして。シェルビーチにつくと一面の白と青の世界が広がる。さっきのことはもう頭にはない。しかも、俺たちのほかには誰もいなくて、浅瀬の海はどこまでも歩いていける。それは、丸々丸ごと自然の中で、海を歩いているようだ。。。。。。。。。。。上を見ても、下を見ても、前を見ても、文明はどこかに消えている。一生忘れない風景のひとつとして。今も鮮明にあの時の風も海の冷たさも、匂いものこっている。かなりゆっくりしてしまい、日が傾きかけている。
今日の寝床はモンキーマイアこっから、100キロほど?だったような、、、、、、記憶が曖昧。ここモンキーマイアは世界で一番ジュゴンにあえる確立の高いところで、何と80%以上の確率で見れる場所だ。ちなみに、友達はあえなかったらしい。俺の今回の旅のメインはジュゴンに会うこと。何が何でも会うこなのだ。それには、とまることより何より、明日の船の予約だ。ビジターセンターに行き、予約でできる場所を聞き、予約をして、準備万端。あたりを見やると、サンセットキャメルライドがやってるらしいので。ラクダず好きの俺は、みんなにラクダのよさを力説して、晴れて、キャメルライドをすることになった。キャラバンパークも見つかり、買出しをして、海岸にてラクダ君たちを待つ。しばらくすると、いつものダルそうな顔で、また、わけのわかんねー人間乗せるのかーともごもご話しながら、道路を列を成してあるいてくる。コーディネイターの第一声は風が強いから、海じゃなくて、ラクダファームにいこうとのことだ。正直海にいきたかったのだが、ラクダたちも早くえいりテーんだよ敵に口をもごもごしているので、なぜかラクダの帰路を手伝うことになったのだが。こいつらを見てると飽きないので、背中に揺られて、草原を歩く。ラクダを引っ張っているおっさんは、どうだ気持ちいいだろーとさかんにいってきて得意満面なのだが、サンセットは海に沈んでいくどころかまだ真上に煌々とまだ夜にはしねいと瞬いている。サンセットでもなく、ただの草むらを歩いているのだが、どうたら、ラクダにとってはレストランらしく、おっさんと俺らを振り回して、うまそうな草があるたんびに暴走する。そんなラクダとおっさんの戦いがおもしろかった。そんなこんなでファームに着くと子ラクダ男ラクダ女ラクダが、たくさんいて、みんなもごもご口をうごかしている。それがまたかわいいのだ。帰りは車で恐ろしく、早くもとの場所に着いた。なんだかんだで面白かった。キャラバンに戻り話をしながらお好み焼きを作っていると、夕日は海に沈んでいく。なんと平和な一日なのだろう。
f0032021_150532.jpg
by sittemasuka | 2007-04-13 14:58 | 夢の島オーストラリア