厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革のエイジングとお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(339)
(239)
(190)
(149)
(103)
(92)
(90)
(87)
(81)
(67)
(61)
(56)
(50)
(44)
(42)
(42)
(34)
(33)
(30)
(29)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-20 15:57
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-18 16:30
イタリアンレザー・ブッテーロ..
at 2018-11-14 15:05
チーク無垢材のローテーブル・..
at 2018-11-12 12:49
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2018-11-10 15:23

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
アーティスト

ファン

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

本島周辺 御嶽巡り。

かなり前のことなので、ちょっとした間違えは許してほしい。
沖縄、宮古島周辺、大神島へ行って、台風がきて、飛行機が飛ばなくなって、大神島へ行った子と御嶽巡りをすることになった。しかも、先に帰っていたシャーマンの人と合流することになり、その人が御嶽をよく知る人を知っていて、連れて行ってもらえることになった。。。。。どうやらまだ流れの中にいるようだ。
 前に少し書いた様に、御嶽は小さなコミュニティーに存在している。沖縄の人は、自然を崇拝し、先祖を崇拝している、太古の昔から、日本人はあらゆるものに神が宿ると信じてきた。御嶽は簡単に言うと、沖縄における神社の鳥居の様なもので、代わりにインドや東南アジアなどの様々な国におけるご神木ガジュマル、石、森、グスク、水の湧き出るところ、祠などなど様々なものがある。言われないと解らないようなものも多い。
 次に沖縄における神の住まう場所、ニライカナイ。
 次ぎに沖縄における、巫女、ユタ。(ある日神から選ばれた女性のみがなれる)がある。
さっきも書いた通り、沖縄の人は先祖を敬っている。家族、お墓など、文化はほかにもあるのだが、今回はとばす。
 話は戻って、御嶽、ニライカナイ、ユタの関係は、ニライカナイから先祖や神が、御嶽におりて、ユタに憑いて、人々に言葉を伝える。本島に大切な場所で、男子禁制、女人禁制、祭りのときの限られた人のみはいれる御嶽など、様々なタブーがある。  
本島周辺における、神の島はクダカ島なのだが、それには訳がある。
 多分、ここに書くのは、その一端にすぎない。
久高島のクボー御嶽を含め、セーファー御嶽、など本島周辺に7代御嶽がある。これは、神が直接作ったとされる御嶽なのだが、そのどれも、ある場所に行くと、クダカ島が見えるようになっている。
 因に久高島のクボー御嶽には今も白装束の女性がおとずれている。男子禁制!
御嶽にはお遍路のように廻り方が存在する。
 自分の石を見つけヘンプで編んで首からさげ、俺たちは、今帰仁上りに行くことになった。馬天御嶽から始まり山に登るもの、森、祠、グスク、神社、祠、ガジュマル、など様々なのだが、印象に強く残る御嶽の一つはは、馬天御嶽(写真)、セーフぁー御嶽は世界遺産にもなっており、人々も多いところなのだが、ここは別の次元なのだ。入り口を入り、少し坂を登ると、一歩を境に静電気の海に体は浸っていた。ここの御嶽は大きい岩が割れているところなのだが、この森全体が次元が違って、とてつもなく気持ちがいい、森の少し奥に入ると自分がどこにいるのかも忘れてしまいそうなぐらい。連れて行ってくれた、人に教えてもらい、ある道を登ると沖縄の言葉で書かれた石があり、そこから、久高島が見える。。。その先にはニライカナイがあるという。その後も、海に浮かぶ御嶽やらいおこうと思っても、もう行けそうも無い御嶽を巡ったあとは湯渡をおこしたみたいに3人ともこの日は終わった後も違う場所にいる感覚の中にいた。次の日はクダカ島にいった。。。。。。。。。この後も色んなことがあった。
 この沖縄の旅で目に見えるほどの(縁)を見ることができた。今も流れの中にいる。
今手元にはあの石はない。あれから肌身離さずあった石はアジアの旅の時にバリからバンコクに3倍に腫れ上がった足とともに戻り、次にチベットに行こうか考えているある日、ベットの上で落としても割れない石がまっ二つにわれていて、帰ることにした。割れた石をどうしていいかわからなかった。2度目の沖縄西表島でジャンベを叩いていて、さっきまで見ていた石を見ると、無くなっていた。
 
 
 
f0032021_18434562.jpg

by sittemasuka | 2008-03-29 18:43 | 沖縄 | Trackback

引っ越し、畑、ギャラリー作りへ

宿を作る前に去年から、ギャラリーを作りたいと思っていて、神奈川丹沢に友達と一軒家を探しに出かけていたのだが、いい家はあっても家主とコンタクトがとれず、そのまま日本への旅にでた。
その途中福岡で路上を通して、もの作り、心を込めて作っている人々、見に来てくれ、買ってくれるお客さんに出会えて、ますますやりたくなった。
 本当は今年はアフリカに行く予定だったのだが、テンションがギャラリー作りへと向かっていった。
日本旅から帰り、親の家探しに、沖縄に行って家を見つけた。
 そうしたら、親戚の家が空くということで、急遽、庭付きの一軒家が転がり込んできた。やっぱり、思いは伝わるのだ。
いい思いで、悲しい思い出、色んな朝、色んな夜、色んな人々との思い出も辻堂の家に置いてきて、新しい生活が始まる。
 一週間かけて、絵に描いたようなゴミ屋を片付け、庭のゴミをどけて、念願の畑を作ることにした。見てみると、どうやら、庭は土でわなくて、砂の用なのだ、、、、
 少し掘ってみると土らしきものが見えてきたので、ホームセンターに土と道具を買いにいった。
 増量用の土と腐葉土、桑、二十日大根、ほうれん草を買い、週末に砂をどけて、桑で庭を掘り返して、石を取り、木の根をノコギリで切り、耕し、土、腐葉土を、混ぜ、なんとか一日で形になった。途中となりの家の人にハーブの種をもらい、話していると、どうやらこの辺は昔、海だったというのだ。なんだかやな予感がした。
案のじょう朝畑を見ると、白いのだ。。。。。。。。掘った穴も掘り返した瞬間は茶色いのだが、乾くとサラサラの砂なのだ。
 二回目の買い出しで、新たに黒土とエンドウの苗、ひまわり、網と棒を買ってきて、また掘り返し混ぜエンドウとハーブを植えてみた。。。なんとか元気な野菜たちが育つとうれしいのだが。。。
 土いじりをしていると、体と心に風がとおるようで気持ちがいい。
役所の許可もおり、ギャラリー作りも始められそうだ。
 今年はこのギャラリーを通し、もの作りをしいている人が集まって、お客さんがきて、お互い成長できる空間になることを切に願う。




f0032021_1715189.jpg
f0032021_172128.jpg
f0032021_1721486.jpg

by sittemasuka | 2008-03-29 17:02 | 日本 | Trackback