厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(371)
(248)
(193)
(154)
(125)
(115)
(97)
(95)
(88)
(77)
(63)
(62)
(52)
(52)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-21 16:08
セミオーダーやみつきエルクの..
at 2019-08-15 16:37
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-08-13 16:19
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-02 15:18
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-07-30 15:43

記事ランキング

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

まぶいのひかり 春もの追加します

夜桜 桜 菜の花 若葉 
f0032021_1636399.jpg
f0032021_16361853.jpg
f0032021_16363359.jpg

by sittemasuka | 2010-03-30 16:36

木漏れ日の山・春の芽吹き・若杉山の大樹

 何だか足がはずれそうで、まともに歩けない。こうやって人間は年を重ねることをじっかんしていくのか。
 昨日は、浄化と大樹に逢いに若杉山に登ってきた。
最近写真を展示するばかりで、写真を撮っていなかったので、おととい思い立ち、篠栗町にある、若杉山に登ることに決まった。
若杉山には(大和の森という場所)綾杉。トウダニ二又杉。ジャレ杉。七又杉。大和杉という大樹がある場所だという。
 とりあえず、篠栗町に行く前、博多のインフォメ―ションで大和の森についてきてみると、知らないし、役場の電話番号をわたされた。博多のインフォメ―ションはいつ行ってみてもやるきがなく、駅の方向しかわからないらしい。
 篠栗町に降り立つ。篠栗町にはありがたいことに、インフォメフォメーションセンターが駅前にあり、地図をもらうことができたのはありがたい。おまけに、ぜんぜん違う方向の道を教えてもらって、40分ぐらい無駄な体力を使ってしまった。
途中、地元の人に若杉山の登山口はどこか聞いてみると、親切に教えてくれた。みんなアバウトなので、5人ぐらいに聞くことになった。
 篠栗には春が来ていた。暖かい日差し、咲き始めの桜。一面の菜の花畑。
f0032021_15144154.jpg

路傍の新芽。着ているものは、まだ冬物なのだけど、心は春の解放感に包まれる。
 大きな鳥居をくぐり、舗装された山道を登る。民家には花が植えられ、壁からは蔦が伸び、桜が一年に一度の舞台に向けて着々と準備している。原色に近いピンク。白に近いピンク、白からピンクになりかけの色。
 ここは歩き九州お遍路の道らしいが、当然のように誰も歩いていない。結局歩いている人間には山の中でしか逢わなかった。
最初から道を間違えているので、自分がどこにいるのか地図を見てもわからない。もらった地図はアバウトすぎて、結局何の役にもたたなかった。
予想していたよりも、大和の森は遠いい。道を間違えたのだろうか?聞く人もいないので、もくもくと歩く。杉林も、新芽も見ているとなかなか楽しいものなのだが、道路の通ってしまった道はやはり味気なく、森とは程遠いいので少し飽きてくる。
途中九州霊場(養老の滝)ここはおすすめ。
やら、色んな霊場を通って行く。何だかお遍路をしているきぶんである。
 久しぶりにひとを見つけ、現在地と大和の森の場所を聞いてみおると、ここは、米ノ山山頂近くで、大和の森は山頂から行けるのではないだろうか的なことを聞いたので、唯一の情報をたよりにとりあえず山頂を目指す。さすがにサンダルでは段差や、水場は少しきつい。。。道にまた迷う。
どこをどう歩いたのか、それからどこをどう歩いたのか偶然大きな樹を見つけて写真を撮っていると、その向が大和の森でありました。
 今日は雲ひとつない快晴。木漏れ日が森の各所を包み、若葉がきらきらと出来たての葉っぱを揺らし、こけが生える所でありました。何だかずっと木漏れ日をみていたよう。
 大樹も写真で見るのと大違いで、すごくいい樹ばかりで(綾杉、大和杉はいい)、改めてひれ伏してしまう感覚になる。
ただ一ついいたいことがある。いつもそうなのだが、柵が素晴らしい大樹をただの観光の見世物にしてしまう。大樹を根を守るため?そんなことを書きながら、樹の周りを切り払い、柵のせいで影をつくる。。。。大樹も森も人間のものと考える人間のせいで、生命力も感動も半減する。おまけに樹を隠すように、(柵の中には入らないでください)看板が色気もなく、でかでかとあり、ご丁寧に見る場所も決められるようで、変な台が邪魔で他の場所からは見えない入れない。
 ただの(観光のために樹を守る)という思ってもいないことを並べて、大樹には逢えないのである。こんな作られて、過保護な環境では長く生きるのは不可能だろう。
その点、山形は素晴らしい。樹に直接触れられる。柵もない。大樹に逢えた所は、無名の場所ばかりである。
 看板は想像力と、可能性をを奪い、感動をそぐ。柵は過保護さとエゴのかたまり。
あんなものこの世界から消えてしまえばいいと思う。
 大和の森もあんなものがなければ、手放しでお勧めできる所なのだが。
大和杉。。。。。柵なしで逢うことができたら、それはもうすごい大樹なのだけれど.
f0032021_15153199.jpg
f0032021_15155446.jpg

by sittemasuka | 2010-03-20 14:54

なんとかかんとか、まぶいのひかりオープン

自宅にて、6,700個くらいの内職
f0032021_22572434.jpg

葉っぱ
f0032021_22574213.jpg

なんとか形になってきましたね。
f0032021_22575854.jpg

この広くて何もない空間でいかに作りこんで、いかにお客さんに入ってもらえる空間をつくれるかが今後の課題ですな。

こぎれいなというか、ちゃんとした場所で、展示会をしている自分に気持ちが追いついていない。
まーなんとか、何枚かA4の写真も売れたし、1日目は上々。
by sittemasuka | 2010-03-03 23:03