厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革のエイジングとお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(339)
(239)
(190)
(149)
(103)
(92)
(90)
(87)
(81)
(67)
(61)
(56)
(50)
(44)
(42)
(42)
(34)
(33)
(30)
(29)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-20 15:57
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-18 16:30
イタリアンレザー・ブッテーロ..
at 2018-11-14 15:05
チーク無垢材のローテーブル・..
at 2018-11-12 12:49
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2018-11-10 15:23

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
アーティスト

ファン

<   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

停滞期を抜けて、循環期へ。個から

最近はありがたいことに、仕事もあり、撮影もあり、依頼もあり、写真をプレゼント用に買ってくれるひともいたり、グループ展の予定、山の祭にも行くことができ、生活費に悩まされる毎日からも少し遠ざかり、動く活力、新しい動きが見える。
 停滞期は長く、断続的な生活の心の疲れと、いまひとつ広がらない状況におちいっていた。(現実は恵まれど、心は何かに引きとめられていたという意味)
つい1か月前、久しぶりの感覚が、突如やってきたのである。(抜けた!)という感覚。
自分でちまちまと見つけては背負い込んでいたもや、外からへばりついてきたものたちがある日突然いなくなったのである。嘘のように。
人生の階段の3階の入り口にい立つことができたのである。 

第1期はひたすらに自分との戦い。
第2期は孤独と出会いのありがたさと実感と自由を知る旅
第3期は人と接すること。

大きなきっかけは何年か前の福岡路上(たった1ヶ月ほど)と今ここにいる場所と人のおかげ。
 思えば引っ越し三昧、名字も3回変わって、おまけに旅に出て、やることもも増え続けていく世界でいきてきた。(今もだけど)
ひとことで言うと断続的な世界のなかで。
 風が吹くとがらりと現実は変わっていくのだ。何だか狩猟民族のような生活だ。
狩猟民。ず~と旅を続けて死んでいく人々はまさに断続的な生活なのである。
 ずーと旅をしていて、疲れたりむなしくはならないのだろうか?それが自由の代償なのだろうか?
旅は帰るところがあるから楽しめるものなのではないのだろうか?
そんな考えの中ある本にであう。その読んだ一節が第3期の始まり。
アフリカのことばで「SAFARI」という言葉がある。
1言で「旅」という意味である。狩猟民族の彼らは、故郷を持たない。そんな彼らは大切な場所に自分の心をおいていく。そして長い人生の旅を終えた魂は心を置いてきた故郷に帰っていくのである。そんなことが書かれていたと思う。
 故郷は初めからあるものではなく築き上げていくものなのだと思った。
その頃から「大樹」に惹かれていく。どっしりと逆らわずただ生きる姿に心を奪われた。
大樹も放浪の末、根付く場所を見つけ、根を伸ばし、やがては新しい命の宿り木になっていく。
 同じ場所で流れるように生きているのだ。
話がどんどん分散するけれど、言いたいことは、
根を生やすこと。
でも、今はまだ場所ではなくて、自分の中に。
それに必要なことは、出来ることを増やすこと。体験すること。では足りない。
どうやら、「人」が大切なようである。
わかってはいたけど、自分の中よりも、人の中の自分のほうが、はるかに手ごわい。
こだわりを持つことよりも、受け入れることのほうがはるかに手ごわい。
知識を増やすことよりも、素直でいることのほうがはるかに手ごわい。
別れよりも、寄り添うことのほうがはるかに
 この1年チョイはまさに第3期の勉強の場であり、人の場所であったのである。
肝心なことを書く前に長くなってしまったので、いつかに続く。

f0032021_037062.jpg

by sittemasuka | 2010-05-02 00:30 | 福岡 | Trackback