厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(371)
(248)
(193)
(154)
(125)
(115)
(97)
(95)
(88)
(77)
(63)
(62)
(52)
(52)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-21 16:08
セミオーダーやみつきエルクの..
at 2019-08-15 16:37
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-08-13 16:19
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-02 15:18
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-07-30 15:43

記事ランキング

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヘナアート 4・5

腕に
f0032021_1514990.jpg
f0032021_1521658.jpg

by sittemasuka | 2010-08-31 15:02 | ヘナアート

ヘナアート3

手のひらに書いてみた
f0032021_17515050.jpg
f0032021_18391085.jpg

by sittemasuka | 2010-08-21 17:51 | ヘナアート

ヘナアート2

自分の手に書いてみた


f0032021_21523395.jpg

by sittemasuka | 2010-08-20 21:52 | ヘナアート

ヘナと禅  今思うこと

最初に、そもそも禅を言葉にすること自体が無意味で、そもそもまだ本の世界でかじっているにすぎないもので、正直何が書けるか、心もとない。
 ただ、今思うヘナについての姿勢みたいなもののメモのようなものである。
 
 今、ヘナを習いに学校へ行っている。
そして、早くも壁が目の前にある。これは、自分が「表現」するうえでの、尽きない葛藤とある意味の悟りの繰り返しなのである。
まず大元にヘナを「芸術」ととらえるか「表現」ととらえるかである。
 やはり言葉にするのは難しい。
人に(お客さん)に向けて見せるものか、
自分を通し見えてきたものを届けるか。。。

均一性を求めるか、(見せる前提にふさわしいきれいなもの。)「芸術」
落書きに等しいものでも整ったものでもそれを表現するか。(表現)
結局は同じなのかも知れない。

{写真}の表現より{音楽}に自分の中では近い。
写真は、技術の面は、カメラと被写体が補ってくれて、被写体は完成されているので、人にある程度は伝わる要素を持っている。

その一方、民族楽器の音楽は「ヘナ」のように形がない。もちろん楽器も同じだが、技術という形は、ある程度習得出来る。ヘナで言う、線の太さ、均一性など。音楽でいうコードなどである。
 しかし一度コードを知ってしまうことは、人に向けては有効だし、ある意味での安心というぬるま湯、安定を与えてくれるのだ。
反面、表現の幅は広がりもし、収まりもしてしまうのだ。
あくまで、今の考えで、これが{エゴ}なのかもしれない。素直さと受け入れとは離れているのかも知れないのは分かっている。
 んん~
素直さとは一方で、{エゴ}自分の考えを取り除いて、人の考えや、ヘナで言う技術を受け入れることでもある気がする。
一方あるがままに(自分だけではなく、人からの助言なども含めた中での)いいも悪いも、自分のエゴも受け入れてあるがままの物を生み出すことでもある気がする。
どちらかが、不適当には思えない。(たいがいこういう事を言い訳といわれるからますますわからない)
 近頃(禅)の考えが出てくる小説を読んでいる。
もちろん座禅ひとつとっても、考え方ひとつとっても、千差万別である。
そもそも終着点がない。言葉でも表現できないものが(禅)というものなのであろうか?(勝手に思うことだが)いろいろな例が出てくるので、その時は、わかった気がするが、わかることはない。
ある意味相反するものは、ある意味同じことで、それは言葉(形)になった瞬間、意味が失われる。
 わかった気(悟る)がするがその瞬間、それは(悟り)はそれではなくなる。
単純に疑問なのだが、座禅は、何のためにするのだろう?
悟るため、自分を見つめるため、無。。自分の考えさえもすてること、欲を執着を捨てること、この世の意味もすてること、解放されること、などなど。
自己を見つめるようで、自己の考えを捨てるために修行をする。
 
 隔絶された空間で、あるがままを受け入れる。
 
 今生きる生活の中でただ生きること。

 自然に生きるとはどちらなのだろう?はたまた


ヘナ。を芸術(アート)するか。
   表現するか。。。どちらかをとるというより、比重の問題である。

あくまでも人のために届けるものか。。
あくまで自分から出てくる(エゴも含めた)あるがままを表現するか。。。。

どちらかではないのだが、両方を内に入れること。どちらも捨てること。中をとること。
んん~器の問題か。。。無心にただ表現することは、なかなか。。。
f0032021_2132335.jpg

ヘナを自分の手に書いてみた。
 自分の体に書き人に書き消えるまで常にそこに存在する。

線や均衡は心の安定にもつながる気がするし、その意味では技術はやはり必要だと思う。
それだけでは、心には届かない気がする。
その先の形のない何かが必要なのだろう。

いくら考えても答えはない。
ただやるしかないのはわかっている。

 
by sittemasuka | 2010-08-08 02:21 | ヘナアート