厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革のエイジングとお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(339)
(239)
(190)
(149)
(103)
(92)
(90)
(87)
(81)
(67)
(61)
(56)
(50)
(44)
(42)
(42)
(34)
(33)
(30)
(29)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-20 15:57
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-18 16:30
イタリアンレザー・ブッテーロ..
at 2018-11-14 15:05
チーク無垢材のローテーブル・..
at 2018-11-12 12:49
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2018-11-10 15:23

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
アーティスト

ファン

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中州ヘナ写真路上

おとといから、中州の屋台街の近くの橋での路上が始まりました。
 相方は、ぽんわりイラストで、(日常のふふ)をとどけるルンルンルン子ちゃん。
丸いやつとかたつむりの旅の様なやさしいイラスト。
初日は様子見でレイアウトをする。灯り以外はなかなかにイイ感じなのだけれど、日射病でぼんやり頭で、一人にダイアモンドタトゥーを書く以外は精神が持たなくて、ただボーっと人を見ることにする。何人かにヘナを頼まれたが、中途半端になりそうなので、断ってしまいました。
ルンちゃんの方もいい感じで、ナポリとフィレンツェのお客さんにアメリカ人と日本人へとポストカードが旅立っていく。
天神ともホウクスタウンとも違う人達と、流れと営み。
終わりごろには、シルバー芸者とギタリスト・謎のゲーム売りと橋は商店街になる。
頭が痛いので24:00ごろにおめおめと引き上げる。

次の日の朝に首の重さが気になりながら起きようとするが、体が思うように動かない次第。
休みのなさと外食と目の使い過ぎのつけがやってまいりました。
そこへタイミング良く、整体師のしげさんがスイカを持ってきてくれて、ゴットハンドに今日一日を託すことに。
 なんということでしょう!整体の後は体に流れが戻ってまいりました。いつものことながら、ありがたいこと。

机も届き、準備万端。今日はアンプを持って、新しい机とともにカブは走っていくのでした。
夕方の橋にたどりつくと、すでにルンちゃんはレイアウトをコリコリと行っていました。
話をしながら、100均に買い出しに、川端商店街へと向かう。まだ人は少なめ。
入口の方にさしかかると、前にルンちゃんがいったことがあるという、せんざい専門店が見えてきた。
もちろん迷うことなく、せんざい屋さんの中へと吸い込まれていく。イイ感じのおばちゃんが出迎えてくれて、2人とも宇治ぜんざいを頼む事に。
店内を見渡すと、押し花の作品やら、貝の作品やら、ひよこの写真やらけん玉やらレトロなつくり。
宇治ぜんざいは山の形のようにもられて登場。
一口食べると、夏の暑さを忘れられる味。抹茶のほのかな苦みと清涼感。氷は出来たての雪のように溶けていって、甘くない小豆と白玉とからみあって、なんともうまい。かき氷がこんなにもうまいものとは思いもよらないのでした。ひっきりなしにお客さんや知り合いがやってきて、この一杯のかき氷をパクついて、夏を味わっているのでした。
ぜんざい屋を後にして、不思議な神社によって、100均で買い物をしていると、昨日のイタリア人と再会するのでした。
やっとこさ、路上につくころには20:00。
路上スタート。ほどなくして、お客さんがやってきて、ヘナとルンちゃんの書き下ろしを頼んでくれて、しかも、元気が出たと、こんなに中州でゆっくりしたのは初めてだと言ってくれて、うれしかった。
ほどなくすると昨日もるんちゃんのところに来ていた人が、唐揚げをもってやってきてくれた。
そこから、何時間かの間、人生観やカルマなどの話をコンクリートの上で語り合う。その間にもお客さんが来たり、通りすぎたり、話したりと時間は流れていく。
頭上には夏の大三角形が輝き、道にはタイ語・中国語・韓国語・英語・フランス語・各地の方言が行き交い、人々の話声、笑い声、クラクション、ネオン、魚の残した波紋・川の流れ・持ってきた音楽・猫が天井にのった、アイスクリーム屋さん・どこからともなく集まるタクシーの群れ、そこにのみ込まれていく人々・旅の中の会話の様な自分たちの話声が混ざり合って、何だかゆったりと時間は流れていく。
とめどなく話し、時間帯で、人々の毛色も変わり、クラシックの音楽が中州に響き、空は白んできた。
気がつくと朝まで中州の橋の上で人々や流れを見ることができた。
色んなものが混ざり合って、バンコクに似た営みの中の安らぎを得ることができた穏やかな一日でありました。
みんなただ、生きている。それだけで、本当に素晴らしんだと思う。
土日はシッカリと路上をしようとも思いつつ、何だか良い一日だったなー。
by sittemasuka | 2011-08-05 19:42 | ヘナアート | Trackback

ぐるり庵を撤退します。

まず初めに、改装やイベントを手伝ってもらえて、ありがたかったです。
仕事を回す仕組みは、どうやら、他の場所でつくる流れになりました。
 オーナーとのずれは、力及ばず、いい方向には向かいませんでした。 

それぞれの立場、考え方、動くスピード、伝えあうこと。
今回は強引にでも、なんとか、イベントと改装は形にはなりましたが、想いは、空廻りのようでした。
スピードもリズムもテンションも大事だけど、やはり、伝える事が一番大事なようでした。
最近色んな社長さんや大人の方と話す機会も多く、自分に足りないところがおぼろげに、見えてきています。
一つ一つ話を聞いて、実践して、人間の幅を広げなばならないようです。

作品を置く場所。お客さんとかかわる場所は、ただ売れる(売れる事はもちろん現実的に大事。)ところではなくて、何かを感じてもらえて、買ってもらえる所にすることにしました。

手伝ってくれた人たちに、感謝とすみません。
by sittemasuka | 2011-08-03 12:52 | Trackback