厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(366)
(248)
(193)
(154)
(123)
(113)
(97)
(94)
(87)
(73)
(63)
(62)
(52)
(50)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

セミオーダー・プエブロコンパ..
at 2019-07-18 15:41
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2019-07-11 15:52
セミオーダー・病みつきエルク..
at 2019-07-10 13:51
消費増税の愚行ととどめ
at 2019-07-03 17:58
革の宝石ルガトー・2つ折りコ..
at 2019-07-03 17:25

記事ランキング

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

<   2016年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

革の宝石ルガトー・システム手帳・時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、革の宝石ルガトーの葡萄酒と紫を使ったシステム手帳を制作しました。


{共に刻む歴史}

システム手帳は、簡単なことですが、ペンホルダーを左にしたことで筆記の際邪魔にならず、
書きやすいです。
カードも4枚収納できます。


f0032021_1537866.jpg


革の宝石ルガトー・システム手帳(葡萄酒)
f0032021_15371841.jpg

f0032021_15375883.jpg



革の宝石ルガトー・システム手帳(紫)

f0032021_15381442.jpg
f0032021_15382314.jpg





ルガトーは”革の宝石”と呼ばれている牛ヌメ革です。タンニンで鞣す伝統的製法で作られ、ショルダーならではのトラ目と深く透明感のある染色が特徴です。
ひとつひとつ異なる模様が個性となり、使い込むほどに独特の味わいを増し、深みのある上質なつやがあります。
質感はしっとり張りがあり、繊維がみつで、非常にしっかりしていて、しっとりなめらかな、極上の肌触りです。
しかも、トラ(肩のシワの部分)は染料の色が鮮やかで、光の加減や、時間帯によって、角度によって、色の印象が、全然違います。


気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-08-31 15:39 | レザー作品

イタリアンレザー・アリゾナ・ジョッターケース・システム手帳・時を刻む革小物

今回は、イタリアンバケッタレザー・アリゾナのマルボロを使用して制作したのは、
ジョッターケース(5×3)とシステム手帳です。


{共に刻む歴史}

システム手帳は、簡単なことですが、ペンホルダーを左にしたことで筆記の際邪魔にならず、
書きやすいです。
カードも4枚収納できます。

アリゾナのエイジングとともに、歴史を刻んでいただければ、幸いです。



{筆記をアップグレードする}


ジョッターケースは、ジョッター5×3((75mm×125mm))サイズ用です。
情報カードとして販売されている厚手の紙になります。

ジョッターメモホルダー×2
収納ポケット(L型)×1(ペンも入れられます。)

ジョッターならではのメモの取りやすさに加え、
2箇所のホルダーを付けたことで、
交換なしにメモができます。
収納時もL型のため入れやすくしてあります。


内側のメモスペースは、
上の蓋は可動式、下は片方開いているので、取り外しもし易いです。

ジョッターならではのメモのとりやすさを、体験してみてください。



f0032021_171611.jpg

イタリアンオイルレザーアリゾナ・ジョッターケース (5×3サイズ)(マルボロ)

f0032021_17161131.jpg

f0032021_17161992.jpg

f0032021_17162852.jpg
f0032021_17163412.jpg
f0032021_17164549.jpg



イタリアンオイルレザーアリゾナ・システム手帳(マルボロ)
f0032021_1717065.jpg
f0032021_17171077.jpg
f0032021_17172196.jpg






アリゾナは、イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で作られたハンドメイドレザーです。 特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、天然植物タンニンでなめし、タンブル(シボ出し)加工しています。そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められたイタリアを代表する最高級レザーです
天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-08-27 17:18 | レザー作品

純喫茶探訪・珈琲館ドン・(福岡編)デジタルハリネズミ2

今日デジタルハリネズミ2と訪れたのは、福岡県古賀駅にある、「珈琲館ドン」です。
それと、偶然ジャルダンを見つけました。


今日は珈琲館ドン目的で、ランチタイムに少し時間があったので、純喫茶探しをしました。
途中一件閉店した店がありました。

嗅覚を頼りに歩いていると見つけました。「ジャルダン」

f0032021_14584047.jpg
f0032021_1458518.jpg


期待して入ると、席にはチラシやら荷物やらで座るところがなかったので、窓際の席にチラシをどかして、
座りました。
コーヒーだけしかないということで、コーヒーを頼みました。

椅子やカウンターは年代物のいい感じのものだったようです。

f0032021_1514146.jpg


コーヒーは薄めで普通の味でした。
f0032021_15294.jpg


前はすごくいい店内だったと想像される店でした。



ランチタイムになったので、珈琲館ドンにお邪魔しました。

いい感じの佇まいです。

f0032021_1535173.jpg
f0032021_154345.jpg


店内に入ると美しい店内でした。
かなりいいです。
音楽はパイプオルガンのようなクラシックです。

しゃんとしたかっこいい女性オーナーを写したような、掃除が行き届いた
シックでかっこいい空間です。

f0032021_1571183.jpg

f0032021_1572169.jpg

f0032021_1574174.jpg

f0032021_1575020.jpg


メニュー表も木です。
f0032021_158988.jpg






私は、ドライカレーセット700円
相方は、ピザパイ550円 ブレンド400円を注文


あたりです。
ドライカレーはスパイスが効いていて、美味しかったです。


f0032021_15164026.jpg


ピザパイは、ピザの耳のカリカリを生地にしたようで、カリカリでチーズが効いていて、
こちらも美味しかったです。

コーヒーもとてもすっきりとコクがあって好みの味でした。

かっこいいオーナーと店内・美味しいコーヒーに軽食。ダンディーなクラシックどれもとても好みでした。
また伺おうと思います。

こちらは、常連さんが2組ほど入ってきていたのも納得です。

優雅な時間を味わえます。


f0032021_15393472.jpg


8:00 19:00 定休日は第一・第三水曜日
8:00~11:00(モーニング) 12:00~14:00(ランチタイム)

by sittemasuka | 2016-08-25 15:21 | 純喫茶探訪

純喫茶探訪・ブルマーシャン・ジャルダン・ベニス(福岡編)デジタルハリネズミ2で撮影

今日デジタルハリネズミ2と訪れたのは、福岡県中央区清川にある純喫茶3件

ブルマーシャン
ジャルダン
ベニス(最寄り駅は3件とも薬院大通り駅)です。


最初に訪れたのは、ずっと行きたかったスペース系純喫茶「ブルマーシャン」です。

サンロード商店街の服屋の奥にひっそりとある看板と地下への階段です。

f0032021_19592994.jpg

オーロラ色の壁を下って行くと
f0032021_200189.jpg





内装は、もっと怪しげで美しい空間を想像していたのですが
綺羅びやかさとスペースと昭和を割った感じの魅力的な店内です。


f0032021_2032094.jpg
f0032021_2033167.jpg

f0032021_2035460.jpg


オーナーは品のあるご婦人でした。

まだ、ランチがやっていなかったので、モーニングを注文。(500円)

そして、モーニングを運んで来てくれたのは、常連さんの人のよさそーなおばあちゃんでした。
水いる?醤油いる?と聞いてきてくれたのも常連さんのおばーちゃんでした。

f0032021_2094374.jpg


正直モーニングもコーヒーも普通の味でしたが、
ポップスのような緩めのピアノと人のいい常連さんとすわり心地のいい椅子とこの空間のために
一度足を運んで見る価値はあります。

近くにあったら、長居してしまえる魅力的な純喫茶でした。

定休日・日曜祝日
9:00~
ランチは11:30~



次に訪れたのは、同じサンロード商店街にある、「ジャルダン」です。
f0032021_20134284.jpg


いい感じのショーケース
f0032021_20143297.jpg

二階へ上がるとオルゴールの音とともに、
おばーちゃんのオーナーが出迎えてくれました。
こちらも常連さんが来て、エアコンの温度を直していました。

自然光の入る、地域密着型のどんなカッコでも入りやすい昭和の喫茶店でした

f0032021_201701.jpg

ライト
f0032021_201716100.jpg


f0032021_20173056.jpg


私はフルーツパフェを。
相方はホットケーキセットを注文


f0032021_2024246.jpg

フルーツパフェは、缶詰の桃とみかんパイナップルであとリンゴとバナナがバニラアイスに
のせてあるもので、味はご想像通りです。



f0032021_20241919.jpg


パンケーキはふわふわで普通に美味しかったです。
コーヒーは、至って普通の薄めのコーヒーでした。

9:00頃開店~7:00と書いてありました。



そして、今日の真打ち「ベニス」です。

f0032021_20302889.jpg

一杯立てです。

f0032021_20315734.jpg


いい感じの旨そうなショーケース

f0032021_20322851.jpg


ランチタイムということもあり、ぎっしりとお客さんがいて、一席だ開け運良く空いていました。
ステンドグラス・店内・サイフォン・ジャガードの椅子・どれも素敵です。

f0032021_2038625.jpg

f0032021_20383997.jpg
f0032021_20401992.jpg


私はスパゲッティイタリアン(ナポリタン)600円とコーヒー(セットの場合プラス400円サラダ・スープ付き)
相方はスパゲッティイタリアン(ミートソース)650円とコーヒー(セットの場合プラス400円サラダ・スープ付き)
を注文しました。

サラダもスープも美味しかったです。

まずは、ミートソース。
麺にもオイルがつややかに絡まり、いい照りです。
食べてみると。。。あたりです。

スパイスが効いているのか、トマトの酸味もなく、でも、肉々しい感じでもなく、味わい深く、さわやかなうまいミートソースです。

f0032021_218316.jpg




そして、次に運ばれてきたのはナポリタン。見た目ですでにあたりです。
福岡に来て探し求めていたナポリタンに出会えました。
中細麺はやわらかすぎず、アルデンテでもない絶妙な食感。ケチャップがよく絡まり、具材も王道。
奥行きのある洋食屋の味でした。
これを食べにだけ行く価値はあります!


f0032021_2183779.jpg


コーヒーももちろん美味しいです。
苦味は控えめですが、爽やかにコク豊かな丁寧に入れてくれたコーヒーです。

f0032021_210578.jpg



コーヒーが来た頃13:30すぎには、この日たまたまなのか、
ごはん系に材料が切れてしまったようでしたので、早めに行くことをオススメします。

マスターも人の良さそうな方で、入りやすく、清潔で美しい店内。
美味しい料理と美味しいコーヒーでかなりツボな純喫茶です。

また、必ず行きます。

レベル「サイラー・ブラジレイロ」です。


空間のブルマーシャン
気軽に行けるジャルダン
上質のベニス
という感じです。

今日も良い一日でした。

f0032021_2153941.jpg

by sittemasuka | 2016-08-24 21:09 | 純喫茶探訪

イタリアンオイルレザーアリゾナ・新作ジョッターケースとL型ペンケース・時を刻む革小物

今回は、トスカーナ州で鞣されているエイジングが面白い革「アリゾナ」のマルボロを使った、
新作ジョッターケース(名刺サイズ)とL型ペンケースを制作しました。

久しぶりのアリゾナのマルボロです。


{筆記をアップグレードする}

ジョッターケースは、ジョッター名刺サイズ用です。
情報カードとして販売されている紙になります。

ジョッターメモホルダー×2
収納ポケット(L型)×1(名刺も入れられます。)

ジョッターならではのメモの取りやすさに加え、
2箇所のホルダーを付けたことで、
交換なしにメモができます。
収納時もL型のため入れやすくしてあります。


内側のメモスペースは、
上の蓋は可動式、下は片方開いているので、取り外しもし易いです。

ジョッターならではのメモのとりやすさを、体験してみてください。



{L型の取りだしやすさ}

L型ペンケースは、L型ジップなので、ガバッと開き収納力と出し入れのしやすさが、ポイントです。


f0032021_14362859.jpg

イタリアンオイルレザーアリゾナ・ジョッターケース (名刺サイズ)(マルボロ)

f0032021_14364336.jpg

f0032021_1436505.jpg

f0032021_1437462.jpg

f0032021_14371430.jpg

f0032021_14372473.jpg



イタリアンオイルレザーアリゾナ・L型ペンケース(マルボロ)


f0032021_14382997.jpg
f0032021_14383991.jpg





アリゾナは、イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で作られたハンドメイドレザーです。 特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、天然植物タンニンでなめし、タンブル(シボ出し)加工しています。そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められたイタリアを代表する最高級レザーです
天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-08-23 14:39 | レザー作品

セミオーダー・ルガトー・イタリアンレザー・ブッテーロ・コインキャッチャー財布とL型財布

今回セミオーダー頂いたのは、革の宝石ルガトーの茶を使った、コインキャッチャー財布です。
それと、販売用に、イタリア、トスカーナ州で生産されている、タンニンなめしの最高峰ブッテーロの
葡萄酒を使った、L型財布を制作しました。


{煩わしさから楽しさへの鍵}


コインキャッチャー財布の改良版は、小銭を種類別に収納でき、カードサイズのポケットが2つ付いているので、
折りたたんでお札やICカードなども収納できます。
改良版は、小銭ポケットに膨らみを持たすことで、出し入れがしやすくなりました。

これ一つあれば、大抵のところには出かけられます。


これで、手元にあるルガトーの(茶)の在庫はラストです。



{見た目を超える使い心地}

L型財布は、シンプルな構造ながら、折りたたんでお札・小銭カードなどを収納できます。
小物入れなどにも便利なので、いくつ持っていても重宝するアイテムです。

ブッテーロのエイジングをぜひ一度体験してみてください。


f0032021_1455572.jpg

革の宝石ルガトー・コインキャッチャー財布(茶)
f0032021_1452788.jpg

f0032021_14521564.jpg

f0032021_14522373.jpg



イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・L型財布(葡萄酒)


f0032021_14523882.jpg
f0032021_14524689.jpg
f0032021_14525975.jpg



ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。



ルガトーは”革の宝石”と呼ばれている牛ヌメ革です。タンニンで鞣す伝統的製法で作られ、ショルダーならではのトラ目と深く透明感のある染色が特徴です。
ひとつひとつ異なる模様が個性となり、使い込むほどに独特の味わいを増し、深みのある上質なつやがあります。
質感はしっとり張りがあり、繊維がみつで、非常にしっかりしていて、しっとりなめらかな、極上の肌触りです。
しかも、トラ(肩のシワの部分)は染料の色が鮮やかで、光の加減や、時間帯によって、角度によって、色の印象が、全然違います。


気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-08-20 14:54 | レザー作品

純喫茶探訪・ボロン・カルディー・那珈乃・福岡編・デジタルハリネズミで撮影

昨日デジタルハリネズミ2と訪れたのは、福岡県久留米市(西鉄櫛原駅・西鉄久留米駅)の
純喫茶
ボロン(西鉄櫛原駅)
カルディー(西鉄久留米駅)
那珈乃(西鉄久留米駅)
です。


最初に訪れたのは、西鉄櫛原駅から700メートルほどの距離にある「ボロン」です。

10:00頃にたどり着くとやっていないようでしたが、諦めきれず20分ほど張り込んでいると、
オーナーらしき女の人が来たので、聞いてみると10:30から開店とのことでした。


青い屋根が目印です。


f0032021_1528523.jpg


ドアを開けると鎧のお出迎えです。
f0032021_15293430.jpg



かなりツボの店内でした。

ピカピカに磨き上げられたカウンター、アンティークの調度品、自然光と窓からは緑が見えます。
椅子は教会の椅子のようなデザインです。

クラシックの流れる優雅で美しい空間でした。

f0032021_15315182.jpg
f0032021_1532314.jpg

f0032021_15322581.jpg
f0032021_15324796.jpg



値段はうろ覚えなのですが、
ジャバロブスターコーヒー(460円ぐらい)とミックスサンド(500円ぐらい)とブレンドを相方
と注文しました。

f0032021_15351955.jpg
f0032021_15353374.jpg



ミックスサンドはぜひ頼んでください。
ボリュームもたっぷり具沢山で、ゆでたまご系のたまごサンドと肉厚なハムとレタスのミックスサンドが心
も小腹も満たしてくれました。

コーヒーもなかなか美味しかったです。


とにかく優雅な気分に浸れ、美しい空間。美味しいサンドイッチとクラシックそんな素敵なお店でした。
男性の一人で来ているお客さんが、以外に多かったのもうなずけます。



次に訪れたのは、西鉄留米駅近くの商店街にある、「カルディー」です。

f0032021_15414780.jpg

玄関には、たくさんの緑が飾られ入ってみると、カウンターと渋くて落ち着いた空間でした。
BGMは小田和正


f0032021_15451024.jpg
f0032021_15452354.jpg

f0032021_15466100.jpg
f0032021_15462081.jpg


カルディーブレンド(ブルーマウンテンベースです。)(400円)と相方はクリームソーダを注文。

f0032021_15481889.jpg

コーヒーはしっかりと苦味が効いていますが、すっきりしていて、好みのコーヒーでした。

そして、クリームソーダは、ブルーハワイベースでテンションがあがります。


f0032021_15495351.jpg

喫茶店とサイケデリックなカラーがとてもマッチしていました。

BGMはクラシックでは無いですが、ゆっくり出来て気軽に美味しいコーヒーが飲める店でした。

8:00オープンでモーニング(500円)ありと書いてありました。




洋食屋でランチのあと


再び商店街に戻り、訪れたのは、那珈乃(なかの)です。

いい感じの外観と看板。

f0032021_1604310.jpg

f0032021_160020.jpg


コーヒーも売っています。
f0032021_1601923.jpg


扉を開けると、まさに純喫茶です。

f0032021_1622569.jpg


コーヒー豆の入ったいい感じのテーブルです。
f0032021_1631854.jpg

メニューは
f0032021_1635557.jpg


なんと、2杯目のコーヒーから半額にしてもらえます。
f0032021_1644655.jpg


コーヒーゼリーと相方はブレンド・サントスを注文しました。

コーヒーは、今日の中で一番美味しかったです。
特にサントスがとにかく香りがよくロースト感がしっかりとありながら、すっきりとした後味で、
2口目3口目で味が変わっていきました。

カップは白に「那珈乃」とだけですが、品があり、コーヒーへの自信が感じられました。


f0032021_16181642.jpg

コーヒーゼリーは、ミルクではなくガムシロが付いていました。
ロースト感がしっかりとあって、すっきりとしているゼリーにガムシロが加わるとコクが増してとても美味しかったです。

f0032021_16183017.jpg

コーヒーのミルクも入れてみましたが、こちらもいい感じです。


空間もとても落ち着けて、クラシックがながれ、コーヒーがとても美味しかったです。


平日10:30~20:30
金土は21:30まで

第2第4木曜は休み。と書いてありました。


久留米の純喫茶は空間も味もとても良かったです。

他にも商店街のなかや、少し離れたところに数軒ありました。

f0032021_16293867.jpg
(営業中)
f0032021_1630656.jpg
(営業中)
f0032021_16302615.jpg
(営業中)


しかし、「マキ」は閉店
f0032021_1631821.jpg
やっているかは不明でした。
f0032021_163138100.jpg
(閉店)


まだまだ気になる洋食屋や
喫茶店などがあったので、また行きたいと思います。

閉店している店もありますので、無くなってしまう前に、
貴重な純喫茶におとずれてみてはいかがでしょう。




by sittemasuka | 2016-08-19 16:36 | 純喫茶探訪

イタリアンレザー・ブッテーロ・コインキャッチャー財布(改)・時を刻む革小物

今回は、タンニン鞣しの最高峰「ブッテーロ」の葡萄酒と紺を使った、コインキャッチャー財布(改)を2つ制作しました。



{煩わしさから楽しさへの鍵}



コインキャッチャー財布の改良版は、小銭を種類別に収納でき、カードサイズのポケットが2つ付いているので、
折りたたんでお札やICカードなども収納できます。
改良版は、小銭ポケットに膨らみを持たすことで、出し入れがしやすくなりました。

これ一つあれば、大抵のところには出かけられます。


ブッテーロのエイジングをぜひ一度体験してみてください。


f0032021_1401224.jpg



イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・コインキャッチャー財布(改)(葡萄酒)

f0032021_1402675.jpg

f0032021_1403685.jpg



イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・コインキャッチャー財布(改)(紺)

f0032021_1404679.jpg
f0032021_1405545.jpg
f0032021_141532.jpg






ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。


気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ
by sittemasuka | 2016-08-16 14:02 | レザー作品

イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・エイジング・葡萄酒と紺・時を刻む革小物

前回の続きです。

ブッテーロの長財布(葡萄酒)と巻きたばこーケース(紺)のエイジングレポートです。

この前から、1ヶ月後なので、そこまで大きな変化はありません。

実物は、写真の数倍美しいです。


ブッテーロ(葡萄酒)

新品

f0032021_13464134.jpg
f0032021_13465285.jpg



使用2ヶ月
f0032021_13473779.jpg

f0032021_13472418.jpg

f0032021_13482016.jpg




ブッテーロ(紺)

新品

f0032021_13491364.jpg
f0032021_13492357.jpg




使用3ヶ月半

f0032021_13495117.jpg
f0032021_1350046.jpg
f0032021_1350996.jpg





あくまで、一例ですので、実際にはそれぞれの方の使い方で、全然違いますし、
実際に使っている本人だけがわかる変化の方がはるかに多いので、
参考にしていただければと、思います。

Many CHOICE




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ

#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-08-16 13:51 | 革の経年変化とお手入れ

純喫茶探訪・三和珈琲館・ロジン・ヴァンべール珈琲・福岡編・デジタルハリネズミ2で撮影

今日デジタルハリネズミ2と共に訪れたのは、
三和珈琲館(六本松)
ロジン(中洲川端)
ヴァンベール珈琲(博多)です。


最初訪れたのは、「三和珈琲館」です。
純喫茶というよりは、コーヒーショップで喫煙はできません。

美味しい和菓子屋の近くにあります。

f0032021_22415647.jpg

f0032021_22421414.jpg


中に入ると、これまでで一番のコーヒーの香りに満ち満ちています。
壁にもコーヒーと事、メニューにもコーヒーのこと、
とにかくコーヒーの事だらけの店内です。
f0032021_22454250.jpg

f0032021_22455782.jpg
f0032021_22461086.jpg
f0032021_22462543.jpg

f0032021_22464159.jpg


店内は自然光が射し、薄明るい店内。音楽はなし。
カウンターとテーブル席4つくらいでした。

既に常連さんが2組ほどくつろいでいました。

コーヒーの種類が無数にあり、味や苦味の説明がいっぱいです。

私は、名前は、忘れましたがインドネシアで最高の豆と書いてあったコーヒー(630円)をオーダー。

f0032021_2253415.jpg


今までのコーヒーと香り、後味が全然違い、改めて珈琲の奥の深さを知りました。とても美味です。

相方は、アイスコーヒーと三角形とアイスコーヒーのセットです。
アイスコーヒーも美味しかったですが、ホットの方が個人的には楽しめました。

ケーキはとろけるような食感で、コーヒーを邪魔しない甘さでした。

f0032021_22593027.jpg


割りと若い女性2人の店主さんのためか、コーヒーの香りを楽しむためか、禁煙なので、
純粋にコーヒーを楽しみたい方には面白いと思います。

そこまで、落ち着く店内ではなかったです。

10:00~22:30
日曜営業


インドカレーを食べたあとに訪れたのは、
中洲川端の「ロジン」です。

祝日のためか、5:00までの営業でした。
普段は9:30〜18:30とのことです。


いい感じの看板がいっぱいあります。

f0032021_2325577.jpg
f0032021_233996.jpg

f0032021_2332660.jpg


想像以上に新しめの店内でした。
水中花も新しめです。

f0032021_2344140.jpg

BGMは軽いジャズでした。

いい感じのランプ

f0032021_2351947.jpg
f0032021_2352833.jpg


コーヒー(500円)は、すっきりと普通においしです。
カップがいい感じです。

f0032021_2361813.jpg


全体的にさっぱりした、コーヒーと店内で、気軽に寄れるぶん。
ツボに入ることもない感じでした。


最後に、何件かの純喫茶がしまっていたので、パフェを求めて、
博多駅の地下にある「ヴァンベール珈琲」に行きました。

ショーケースがいい感じです。

f0032021_23111614.jpg
f0032021_23112491.jpg


店内は最近な感じですが、パフェあり、コーヒーゼリーあり、ホットケーキあり、
プリンアラモードまである甘味系喫茶です。軽食もあります。

相方と頼んだのは、正統派パフェです。
リキュールが聞いているのと、チョコバナナパフェです。

コーヒーゼリーもおいしく、リキュールの方は甘さ控えめでリイキュールが効いていて美味しいです。

チョコバナナは甘めですが、期待を裏切らない昭和パフェで満足です。


駅近ながら、喫煙も可能で、男同士でも甘味を食べれる(上司と部下らしき人もパフェとコーヒーゼリーで、
仕事の話をしていました。)ところもよかったです。

甘いモノを食べてしゃべるには、いい感じでした。

7:00~24:00までやっている貴重な喫茶店です。


純喫茶という感じではなかったですが、なかなかいい一日でした。
f0032021_23193446.jpg

by sittemasuka | 2016-08-11 23:22 | 純喫茶探訪