厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(371)
(248)
(193)
(154)
(125)
(115)
(97)
(95)
(88)
(77)
(63)
(62)
(52)
(52)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-21 16:08
セミオーダーやみつきエルクの..
at 2019-08-15 16:37
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-08-13 16:19
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-02 15:18
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-07-30 15:43

記事ランキング

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

<   2016年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

イタリアンバケッタレザー・ブッテーロ・マネークリップとジョッターケース・時を刻む革小物

今回は、タンニンなめしの革の頂点とも言えるブッテーロの紺を使った、マネークリップとジョッターケース(5×3)
を制作しました。



{軽快さの選択}

マネークリップは、前回同様フォッオッキのホックを追加したことで、
ポケットに入れたときもお札を守ります。

それに加え、サブポケットがついているので、開けたときにもお札がはみ出しにくいです。

カードポケットも2つ付いているので、ICカードやクレジットカード等も入れられます。



{筆記をアップグレードする}


ジョッターケースは、5×3(情報カードサイズ)です。

厚手の紙なので、よれ難く、きれいに保てます。

ジョッターのいいところは、蓋がないので、とっさのメモのときに素早く対応できます。

表には5枚ほど、内側にもL型のポケットと可動式のホルダーが付いているので、表の続きに紙を変えることなく、メモをとることができます。


ブッテーロの紺も残りが財布を作れない大きさになってしまいました。
手持ちの分で終了です。

今月は引っこしのため、作業は今日で終了です。
来月12月初旬から再開予定です。


f0032021_1633646.jpg



イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・マネークリップ(紺)

f0032021_16332429.jpg

f0032021_1633382.jpg

f0032021_16334865.jpg



イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・ジョッターケース (5×3サイズ)(紺)

f0032021_1634236.jpg

f0032021_1634212.jpg

f0032021_16343252.jpg






ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-11-23 16:35 | レザー作品

2016年・11月27~11月30日まで引っ越しのため、配送が遅れます。9年間と革の仕事。

お知らせとお願いです。

2016年・11月27~11月30日まで引っ越しのため、配送が遅れます。

厳密には、11月26日には梱包を済ませ、荷物を受け取るのが11月30日です。

最優先で、配送の準備をし、アトリエの準備に取り掛かります。


現在お待ちいただいているお客様を含め、セミオーダーの対応は12月初旬を予定していますので、
詳しくはmodeuru182@yahoo.co.jpまでお問い合わせください。
よろしくお願い致します。





福岡に引っ越してきてはや、9年近くになりました。

仕事をやめた次の日に、以前から縁がある友人に誘われ

そのまた次の日にイベントに参加するため湘南から
福岡に訪れ、

そのまま引っ越すことになったのがきっかけです。



人の縁はとても不思議で、人生を予想外に導いてくれます。


それを逃さないためには、
自分の心をフラットに保つことだと思います。


工房を引っ越してきてからは、イベントへの出店・店への出店・
路上での販売・2人展・個展・グループ展

撮影・動画・フライヤーの制作・ジャンベでのイベント出演・
ヘナアート学校・ショッピングモールへの出店

・ボランティア・漢方・革との出会い、
相方との出会いなどなど色々なことを体験できて、

色々な人に出会えました。



その中で、
色々な事に自分なりに気づくことができました。



○作品を作ることと、それを仕事にする場合の違いは、

自己満足ではなく、

信念をもって使ってくれる人のことを考え作り、
伝えること。



○作家は、作ることのみを追求してしまいがちだが、
伝えることを疎かにしてしまいがちなこと。



○誰かと仕事を一緒にやる場合は、
それぞれが役割を持ち、

価値を見出すことができなければ、

一人でやるよりも時間がかかり、続けられないこと。




○ボランティアは、まず自分が自立し、
自分の時間とお金を使って、

継続的にやらなければ、自己満足で終わり、

そこに関わった人の
時間やお金を使わせてしまうことになること。




○続けるということは、
同じところにいることや、同じことをするのではなく、

常に新しい試みを続け、自分の力の及ばないところや、

人の中に身を投じ続けること。




○新しいことをする時、それを留めようとするのは、
自尊心・虚栄心・恐怖心だが、

特に恐怖心よりも褒められたことや

居心地の良さが、現在やその場所に留めようとすること。




それを捨てることは、
過去や自分を否定することではなく、手放すこと。

きっぱりと積み上げてきたものを手放せれば、
いつかつながること。

出発点は、違う可能性や自らの間違いに
冷静に向き合うこと。



○居心地の良いところは、慣れや甘えや一定の価値観に
縛られてしまう可能性があること。



○それぞの人が違うことを考え、
自分のペースをもっていて、

それでも一緒に何かをやるには、

お互いの気持や言いたいことを言葉にして、
諦めずに伝えあうこと。




○違う人と何かを共有することは、陰(大変な部分)を諦めずに、

乗り越えてゆく方法を探していくことだということ。



○人間の厚みは、陽の時よりも、陰の時に深まること。





この9年間は、特に前半は楽しい反面、
金銭的にも精神的にもギリギリでやっていたように思います。

そのギリギリの中で、色々なことを体験できて、
色々なことに気づけたような気がします。



革と出会い、仕事にできてやっと4年です。

常に革のことが頭にあって、改良や新しいもの、
捨てるもの、

できること、できないこと、


お客様の感想やご意見を頭に染み込ませて、
練り上げる毎日を送っています。


革小物を製作販売をして、生活をするのは、
正直金銭的に儲かるものではないので、

金銭的なものだけでは、続けることは不可能です。


「自分が丹精を込めて作ったものを、買ってもらい、
日々の中でつかってもらえること」

「最初から最後まで、自分の目で見れる仕事」

だから納得して、続けられています。


自分の作るものに魅力を感じてもらえず、
気に入って買っていただけなくなることが、

続けられなくなることです。

とてもシンプルで、厳しく、温かい仕事です。


まだまだ、自分より上手い人やすごい人は限りなくいます。

競争相手は限りなくいます。


その人達に負けず、革の仕事を続けられるように、
新しい場所で再スタートする予定です。


20代の時よりも、
必要だと思うことに見切り発車ができなくなっているので、
鍛え直します。



この9年間出会い、時間を共有してくれた人々、

革小物を買ってくれるお客様、

そして、いつも支えてくれている相方、


本当に本当にありがとうございます。


年末のような挨拶にもなってしまいましたが、
今後共よろしくお願いいたします。
by sittemasuka | 2016-11-21 17:03 | お知らせ

イタリアンレザー・プエブロ・長財布2・時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、劇的なエイジングを見せる、イタリアンレザー・プエブロのコッチネラを使った、長財布2を制作しました。


{シンプルにお札を入れる}

長財布2は、お札を「たっぷりと収め・取り出しやすく」を意識して制作している財布です。

カードは最低限の4枚。
小銭も収納可能です。

余計なものを入れないことで、財布も清潔に保て、掃除もしやすいです。

プエブロも残り少なくなってきましたので、手元に在庫があるうちに手にしていただければと思います。



イタリアンレザー・革新のプエブロ・長財布2(コッチネラ)



f0032021_1593063.jpg
f0032021_1594281.jpg
f0032021_1595259.jpg

f0032021_151076.jpg




「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-11-21 15:11 | レザー作品

イタリアンバケッタレザー「プエブロ」ロディアメモ帳カバー・キーケース・時を刻む革小物

今回は劇的なエイジングを魅せてくれる、プエブロのオルテシアとコッチネラを使った、ロディアメモ帳カバーno13用とキーケースを制作しました。



{筆記をアップグレードする}


ロディアメモ帳カバーはno13用です。

ペンホルダーが3本付いていて、切り離したメモを挟むポケットも付いているので、これ一つで打ち合わせに望めます。

大きすぎず、小さすぎず、筆記にちょうどいいサイズです。
太いペンも入ります。



{つぎ目のないカギを握る}


キーケースはシンプルな構造ながら、金具が外に出ず、革の握り心地を味わえます。
内側はフラットで、鍵がはみ出さないように、スリットを入れてあります。

今回は、外側はオルテシア、内側はコッチネラで、それぞれのエイジングを楽しめます。



f0032021_15193895.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・ロディアメモ帳カバーno13(オルテシア)

f0032021_15195576.jpg

f0032021_1520476.jpg

f0032021_15201367.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・キーケース(オルテシア×コッチネラ)



f0032021_1520262.jpg

f0032021_15204321.jpg






「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-11-17 15:21 | レザー作品

イタリアンバケッタレザー・ブッテーロ・名刺入れとキーケース・時を刻む革小物

今回は、タンニンなめしの革の帝王・ブッテーロの紺と葡萄酒を使った、名刺入れとキーケースを制作しました。




{大人の嗜み(たしなみ)}

名刺入れは、L型のパーツが2つついているのが特徴です。

出し入れがしやすく、名刺交換の際に手間取らず行えます。



{つぎ目のないカギを握る}


キーケースは、外側に金具が来ないので、握っときに革の感触だけを味わえます。

今回は、葡萄酒が内側にぎりぎり足りましたので外側(紺)、内側(葡萄酒)ですので、二種類のエイジングが楽しめます。


内側の構造はフラットで、鍵が落ちにくいポケットのみです。

ブッテーロも葡萄酒がなくなり、紺も少なくなってきました。

手持ちのもので、最後です。


f0032021_15521163.jpg



イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・名刺入れ(紺)

f0032021_15585620.jpg

f0032021_15592825.jpg
f0032021_15593885.jpg



イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・キーケース(紺×葡萄酒)


f0032021_15594928.jpg
f0032021_1559988.jpg





ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-11-12 16:01 | レザー作品

イタリアンバケッタレザー・プエブロ・マネークリップ・L型財布・時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、トスカーナ州・バダラッシカルロ社で鞣されているタンニンなめしの革「プエブロ」のコッチネラを使った、
マネークリップと、L型財布を制作しました。



{軽快さの選択}


今回は、フィオッキのホックを追加しました。

マネークリップは財布とカードだけを持つ、大人のための財布です。

無造作にお札を入れるだけでなく、サブポケットとホックにより、ポケットに入れたときにお札がはみ出しません。

カード入れも2つありますので、クレジットカードやICカードなどを入れておけます。




{見た目を超える使い心地}


L型財布は、シンプルな構造ながら、お札や小銭が取り出しやすく、小物入れとしても使えるので、
カバンの中の整理に、いくつあっても役に立ちます。

用途に合わせて、分けておけば、出かける際にも手間取りません。

味出し財布として、ガンガン使ってもらいたいです。


プエブロ(コッチネラ・オルテシア)共に少なくなってきました。
新たな仕入先が見つかるまで、在庫限りで終了です。

革業界がもっと開放的になることを願うばかりです。


f0032021_1675534.jpg


イタリアンレザー・革新のプエブロ・マネークリップ(コッチネラ)

f0032021_1681038.jpg

f0032021_1681738.jpg

f0032021_1682517.jpg
f0032021_1683465.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・L型財布(コッチネラ)


f0032021_1685197.jpg
f0032021_169260.jpg





「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-11-09 16:11 | レザー作品

セミオーダー・革の宝石ルガトー・2つ折りコインキャッチャー財布とキーホルダー・時を刻む革小物

今回セミオーダー頂いたのは革の宝石ルガトーの紺と赤を使った、2つ折りコインキャッチャー財布とキーホルダーです。



{煩わしさから楽しさへの鍵}


2つ折りコインキャッチャー財布は、定番のコインキャッチャー財布にお札を入れられるようにしたものです。

コインキャッチャーには、小銭を種類別に収納できます。
ファスナーにはその他小銭を。

今回は、お客様のご要望により片方をL型のファスナー無しのカード入れにしました。



キーホルダーは、シンプルな構造ながら、コンチョがアクセントになっています。
こちらも、ご要望により、キーリングをニッケルのものに変更しました。

コンチョはコインキャッチャーのものとおそろいです。


先程配送しましたので、お楽しみに。


f0032021_17434897.jpg


革の宝石ルガトー・二つ折りコインキャッチャー財布(紺×赤)


f0032021_1744662.jpg

f0032021_17441937.jpg

f0032021_17442712.jpg



革の宝石ルガトー・キーホルダー(紺)

f0032021_1745487.jpg


f0032021_17451483.jpg






ルガトーは”革の宝石”と呼ばれている牛ヌメ革です。タンニンで鞣す伝統的製法で作られ、ショルダーならではのトラ目と深く透明感のある染色が特徴です。
ひとつひとつ異なる模様が個性となり、使い込むほどに独特の味わいを増し、深みのある上質なつやがあります。
質感はしっとり張りがあり、繊維がみつで、しっとりなめらかな、極上の肌触りです。
しかも、トラ(肩のシワの部分)は染料の色が鮮やかで、光の加減や、時間帯によって、角度によって、色の印象が、全然違います。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-11-05 17:46 | レザー作品

イタリアンレザー・プエブロ・ブッテーロ・長財布2・ロディアメモ帳カバーno13

今回は、トスカーナ産・バケッタレザー・プエブロ(オルテシア)と手元の最後の在庫のブッテーロ(葡萄酒)(仕入先が見つかるまで、入荷できません。)を使った、長札入れ封筒型とロディアメモ帳カバーno13用を制作しました。



{シンプルにお札を入れる}


長札入れ封筒型は、お札をたっぷりと出し入れをするための財布です。

カードは最低限の4枚。お札を入れる場所は2箇所です。


シンプルな構造ながら、100枚以上のお札が収納可能で、出し入れもスムーズです。
小銭も収納可能ですので、用途によって使い分けができます。



{筆記をアップグレードする}


ロディアメモ帳カバーはno13用です。

ロディアメモ帳に加え、ペンや定規が入るポケットが3つついていますので、これ一つで、筆記ができます。

太いペン(画像はDELTAヴィンテージ)も入ります。

切った後のメモ収納するポケットも付いています。


ワンランク上の書き心地と共に、ブッテーロのエイジングを楽しめます。


葡萄酒はこれで、悲しいことですが、最後です。


f0032021_16211439.jpg


イタリアンレザー・革新のプエブロ・長財布2(オルテシア)

f0032021_16212478.jpg

f0032021_16214350.jpg

f0032021_162151100.jpg



イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・ロディアメモ帳カバーno13(葡萄酒)

f0032021_1622272.jpg

f0032021_1622996.jpg
f0032021_16222131.jpg







「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。




ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-11-02 16:23 | レザー作品

セミオーダー・イタリアンバケッタ・プエブロ・ブッテーロ・長財布・L型マネークリップ

今回セミオーダー頂いたのは、イタリアンバケッタレザー・プエブロ(コッチネラ)・ブッテーロ(葡萄酒)を使った、
長札入れ封筒型とL型マネークリップです。



{シンプルにお札を入れる}

長札入れ封筒型は、お札をたっぷりと出し入れをするための財布です。

カードは最低限の4枚。お札を入れる場所は2箇所です。


シンプルな構造ながら、100枚以上のお札が収納可能で、出し入れもスムーズです。
小銭も収納可能ですので、用途によって使い分けができます。



{マネークリップ+L型財布=}

今回は、ホック追加・L型財布裏・マネークリップ裏をブッテーロの床革を裏張りしました。
(次回からは、L型財布の内革の裏張りは、床革であっても、大幅にやることが増えるため、
別途手数料を頂く予定です。)

L型マネークリップは、L型財布とマネークリップを合わせた新しい2つ折り財布です。

マネークリップとL型財布が、独立した一体型ですので、色々な使い方ができます。


本日配送しましたので、お楽しみに

f0032021_18261226.jpg


イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・長財布2(葡萄酒)
f0032021_1826186.jpg


f0032021_18263070.jpg
f0032021_18264258.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・L型マネークリップ(コッチネラ)

f0032021_1827421.jpg

f0032021_18272066.jpg

f0032021_18273266.jpg




「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。




ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-11-01 16:30 | レザー作品