厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(371)
(248)
(193)
(154)
(125)
(115)
(97)
(95)
(88)
(77)
(63)
(62)
(52)
(52)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

2019年8月26日~10月..
at 2019-08-26 16:53
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-21 16:08
セミオーダーやみつきエルクの..
at 2019-08-15 16:37
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-08-13 16:19
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-02 15:18

記事ランキング

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

<   2017年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

革小物の製作工程について~全て手作業で作る・タンニンなめしの革小物

Many CHOICEで作る、タンニンなめしの革小物は、
他のものと何が違うのかを書いていこうと思います。

電動の機械は使用せず総手縫い
コバは切り目本磨き
にこだわり制作しています。


世間には、手作りと書かれたものがたくさんあります。

その中にも機械やミシンを使ったものも含まれていますので、
そことの違いを知っていただければ、幸いです。


お客様に向けた説明ですので、全体の工程をざっくりと書いていきます。


試行錯誤の中で、選びぬいた製作工程ですので、
コバを含め、記載できない部分があります。


「イタリアンオイルバケッタレザー」定番長財布の工程です。

f0032021_1631760.jpg



f0032021_20284184.jpg





①型紙製作

(何度も何度も試行錯誤しながら、制作していきます。)

②ケガキ

(型紙を革にあて、裁断線をひいていきます。)


f0032021_20322049.jpg



③ 裁断

(革の部分部分で表情が違うため、完成図をを思い浮かべながら裁断していきます。)


f0032021_2033590.jpg



④ 床面 (裏面の起毛部分)磨き

独自に配合した、ノリを床面磨き用の工具を使って、倒していきます。
私のところでは、更に1工程を加えています。

画像左になります。

f0032021_2043492.jpg



⑤縫線・金具の取り付け・ヘリ落とし(革の角を落とす作業)

f0032021_20353389.jpg



⑥コバ(革の断面)磨き1回目

コバ磨き前

f0032021_20454350.jpg



写真には載せませんが、
直接肌に触れるものですので、
染料以外全て天然由来のものを使用しています。
 
市販のコバ磨きスティックと自分で制作した、磨き道具と磨きノリを使い、
(画像のものは、市販のスティックです。)

磨き・ヤスリ・染料・焼きなど、12工程ほどかけて
革や革の部分部分で、磨き方を変えながら、磨いていきます。

f0032021_20492374.jpg






⑦穴あけ

下穴を菱目打ちで目印をつけ、
菱ギリで、一穴一穴開けていきます。

菱ギリで開けることにより、穴の大きさが整います。

(微妙なズレを手と目で確認しながら調整していきます。)

f0032021_2202111.jpg




⑧縫製

総手縫い。
ミシンでは縫えない糸を使え、2本の糸で1穴を縛り上げるように
縫うので、頑丈で、表情が豊かです。


ミシンは一箇所糸が切れると解れてきますが、手縫いの場合、
1箇所所が切れても、ほつれにくい特徴があります。


f0032021_20583458.jpg




⑨第2コバ磨き



⑩接着


エンマヤットコで圧着

クリップで留め、
10時間ほど固まるまで、接着します。


f0032021_214246.jpg




⑪ヤスリ

数種類のヤスリがけをしていきます。


f0032021_1518595.jpg







⑫最終コバ磨き

直接肌に触れるものですので、
染料以外全て天然由来のものを使用しています。

磨き・ヤスリ・染料・焼き・蝋など、14工程ほどかけて
革や革の部分部分で、磨き方を変えながら、磨いていきます。
木のような艶やかなコバになります。

塗るタイプのコバの場合は、この工程が一瞬ですが、うちでは作業の半分の時間を割いています。


2工程だけの磨きだと、この程度です。


f0032021_15204160.jpg



完成は、こんな感じになります。


f0032021_152135100.jpg






機械生産の市販のものの多くは、均一性と安定感があります。

対して、

人間の作る手作りの物は、一つ一つ違う個性と、
想いと情熱に裏付けられた意図せぬ「綾」があります。

加えて
バケッタレザーやタンニンなめしの革は、使い手により全く違う
革に育っていきます。

人間が作り、人間が磨き上げていく中で、より美しく成長していくことは、
歳をとるのではなく、
歳を重ねていくことだと思います。

共に歩む「時を刻む革小物」を
お届けできれば、幸いです。






気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-05-31 15:23 | 製作工程~革小物ができるまで

イタリアンオイルバケッタレザー・長財布・時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、トスカーナ産「イタリアンオイルバケッタレザー」マラカイトを使って、
長財布を制作しました。

よりMany CHOICEでのものづくりを伝えたくて、
製作工程を今回の長財布を使って、説明するページを作りました。

http://djembe311.exblog.jp/27853135/



{可動式・定番長財布}


定番長財布は、コインケースが可動式になっているので、
お札の出し入れがし易いです。

カードは最低限の4枚です。
余計なものを入れないことで、
財布を清潔に保て、掃除もし易いです。



「イタリアンオイルバケッタレザー」マラカイトは、質感色ともに、
とても美しい革ですので、長くお使い頂けると思います。





イタリアンオイルバケッタレザー・長財布(マラカイト)


f0032021_1562573.jpg


f0032021_1563789.jpg
f0032021_1564655.jpg
f0032021_1565652.jpg









「イタリアンオイルバケッタ」は、

イタリアのトスカーナ州でなめされた
フルベジタブルタンニン鞣しオイルドレザーです。


古代イタリアトスカーナ地方に伝わる製革法「バケッタ」による
たっぷりのオイルでじっくり時間をかけた、丁寧な鞣しにより、

しっとりした重量感と透明度の高い自然なムラ感のある染色が美しく、

フルベジタブルならではの透明感のある艶上がりエイジングをしていきます。


アルプスの自然に育てられた放牧の雄牛の原皮を使用。
特に上質なショルダーのみを使用しています。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-05-31 15:08 | レザー作品

丹沢・下棚・本棚の滝へ

山登りは膝を痛めて以来、長らく行けていません。

昨日は、リハビリがてら丹沢に新緑と滝を求め、軽いハイキングに行ってきました。


野生の藤に出迎えられ、木漏れ日・清流・水の音・鳥の声のなか、



久しぶりに、

子供のように、苔むして、つるりとした石を伝い歩いたり

丸太橋を渡ったり、川を飛び越えたり、鳥を探したりしながら、

滝を目指し、水滴で満たされた空気を吸い込んで歩いていると、


そこかしこに芽吹く草木のように、雑念は消え、

ただその時を過ごすことができました。


滝にたどり着くと、冷たく清らかなシャワーが降り注いでいて、

とても、気持ちがよかったです。


現実は、手強く、なかなかうまくいきませんが、

自分とは違う流れの中で、生きている世界を見ることは、

違う視点と流れを現実にも注いでくれます。



f0032021_1024794.jpg

by sittemasuka | 2017-05-29 10:24 | 日々

イタリアンバケッタレザー・アリゾナ・アコーディオンバック・時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、世界最高のタンニンなめしの革を鞣すタンナーが集まる、イタリアは、トスカーナ州で生産される、
最高峰バケッタレザー・アリゾナのアルノブルーを使った、
アコーディオンバックを制作しました。



アコーディオンバックは、通常のコインキャッチャー金具無しでの制作です。(-1000円)

仕切りが3っついていて、体側にはお札や小銭
真ん中には金具がこないので、スマートフォン
外側には、キーリングが付いているので、鍵やカードなどを収納可能です。

アイディア次第で、いろいろな使い方ができます。

いろいろな所に連れてってもらえば、良き相棒になると思おいます。




イタリアンオイルレザー・アコーディオンバック(アルノブルー)


f0032021_16264835.jpg

f0032021_16263830.jpg


f0032021_1627253.jpg

f0032021_16271018.jpg

f0032021_16271853.jpg










アリゾナは、イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で作られた
ハンドメイドレザーです。
特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、
天然植物タンニンでなめし、
タンブル(シボ出し)加工しています。
そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められた
イタリアを代表する最高級レザーです 天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、
そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-05-27 16:28 | レザー作品

イタリアンバケッタレザー・エルバマット・エイジングレポート3ヶ月

世界最高のタンニンなめしの革を鞣すタンナーが集まる、イタリアは、トスカーナ州で生産される、
最高峰バケッタレザー・「エルバマット」と
「イタリアンオイルバケッタレザー」の3ヶ月目のレポート(エルバマット)と
4ヶ月目の経年変化レポート(イタリアンオイルバケッタレザー)です。



f0032021_15545192.jpg





エルバマット・マネークリップ(ミモザ) 新品
f0032021_15532579.jpg



使用3ヶ月


f0032021_15552659.jpg






エルバマット・ジョッターケース(オリーブ) 新品


f0032021_15563484.jpg





使用3ヶ月


f0032021_15571633.jpg

f0032021_15572880.jpg






イタリアンオイルバケッタレザー・キーケース(マラカイト) 新品


f0032021_15582712.jpg




使用4ヶ月


f0032021_1559158.jpg



f0032021_1559848.jpg




前回より更に美しい艶をまとってきました。



エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。


「イタリアンオイルバケッタ」は、

イタリアのトスカーナ州でなめされた
フルベジタブルタンニン鞣しオイルドレザーです。


古代イタリアトスカーナ地方に伝わる製革法「バケッタ」による
たっぷりのオイルでじっくり時間をかけた、丁寧な鞣しにより、

しっとりした重量感と透明度の高い自然なムラ感のある染色が美しく、

フルベジタブルならではの透明感のある艶上がりエイジングをしていきます。


アルプスの自然に育てられた放牧の雄牛の原皮を使用。
特に上質なショルダーのみを使用しています。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-05-27 16:01 | 革の経年変化とお手入れ

セミオーダー・イタリアンバケッタレザー・アリゾナ・2つ折りコインキャッチャー財布と名刺入れ

イタリアンレザーアリゾナの「アルノブルー」を入荷しました。

今回、セミオーダー頂いたのは、2つ折りコインキャッチャー財布です。
それと、販売用に名刺入れも制作しました。


{煩わしさから楽しさへの鍵}


2つ折りコインキャッチャー財布は定番のコインキャッチャー財布にお札を入れられるようにしたものです。
こいんキャッチャー金具に小銭別に収納でき、
2つのL型ジップで、その他の小銭、カードなどを収納できるので、アイディア次第でいろいろな使い方ができます。

先程配送しました。


{大人の嗜み(たしなみ)}

名刺入れ(ホック式)はICカードやクレジットカード入れとしてもおすすめです。

名刺も40枚ほど収納可能です。



美しいアルノブルーのエイジングを楽しんで貰えれば、幸いです。


f0032021_15192487.jpg



イタリアンオイルレザーアリゾナ・二つ折りコインキャッチャー財布(アルノブルー)


f0032021_15194727.jpg

f0032021_15195869.jpg

f0032021_1520754.jpg




イタリアンオイルレザーアリゾナ・名刺入れ(アルノブルー)


f0032021_15202083.jpg

f0032021_15203058.jpg








アリゾナは、イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で作られた
ハンドメイドレザーです。
特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、
天然植物タンニンでなめし、
タンブル(シボ出し)加工しています。
そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められた
イタリアを代表する最高級レザーです 天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、
そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-05-24 15:21 | レザー作品

やみつきエルクのシステム手帳とつげ櫛ケース・時を刻む革小物

今回は、一度触ればやみつきの肌触りのエルク(黄茶)を使ったシステム手帳とつげ櫛入れを
制作しました。




エルク(ヘラ鹿)とアリゾナのウィスキーを使ったシステム手帳です。

表面はエルク。
内側はすべて、アリゾナです。

真鍮製のコンチョで留める仕様です。

左にペンホルダーを配したことで、筆記の際邪魔にならず、格段に書きやすくなりました。



{大人の嗜み}

つげ櫛ケースは前に一度セミオーダーで作ったものと同じです。
今回はエルクの柔らかな肌触りとともに大切なつげ櫛を持ち運んでいただけます。

{サイズ}
約14cm ×約7.5cm

金具がありませんの、つげ櫛を傷つけず持ち運べます。



f0032021_1559505.jpg


やみつきエルクとアリゾナのシステム手帳(黄茶)


f0032021_16009.jpg

f0032021_1601661.jpg

f0032021_1602734.jpg





やみつきエルクのつげ櫛ケース(黄茶)


f0032021_1603656.jpg


f0032021_16044100.jpg







更に厚みをました一度触れば、やみつきの柔らかさと、手に吸い付くような質感。
大自然を生き抜いてきた、たくましくしなやかで強靭な風合い。
加工では出せない、自然なシワや傷はまさに一点ものです。
ディアスキン同様水に強く、しかも、ディアスキンより個人的には柔らかくしなやかです。
愛着のもてるラフな革小物はエルク(ヘラ鹿)が最高です。








気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-05-20 16:01 | レザー作品

やみつきエルクのL型財布と3本差ペンケース・時を刻む革小物

今回は、やっと再入荷した、染料染めの厚みのある、柔らかエルクの黄茶を使用して、
L型財布と3本差ペンケースを製作しました。




{見た目を超える使い心地}



L型財布は、シンプルな構造ながらL型ジップでがばっと開き、仕切りの中に小銭やカードを収納できます。

使い方が広く、パスケース・小物いれ・サブ財布は何個あっても良いアイテムです。

エルクは水に強いので、これからの季節にもおすすめです。



{少数精鋭}

三本差しペンケースは、大切な三本のペンを持ち運べるように制作しました。

柔らかいエルクは、ペンを守るにも最適です。



f0032021_15173680.jpg




やみつきエルクのL型財布(黄茶)


f0032021_1518039.jpg
f0032021_151872.jpg




やみつきエルクの3本差ペンケース(黄茶)



f0032021_15182384.jpg


f0032021_15183726.jpg







更に厚みをました一度触れば、やみつきの柔らかさと、手に吸い付くような質感。
大自然を生き抜いてきた、たくましくしなやかで強靭な風合い。
加工では出せない、自然なシワや傷はまさに一点ものです。
ディアスキン同様水に強く、しかも、ディアスキンより個人的には柔らかくしなやかです。
愛着のもてるラフな革小物はエルク(ヘラ鹿)が最高です。








気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-05-19 15:20 | レザー作品

やみつきエルク(黄茶)再入荷です。

お待たせしました。やっと厚みのあるエルクを再入荷できました。

今回のものも、染料仕上げのため、存分にエイジングを楽しんでいただけます。

フカフカで、優しい手触りです。

これからの季節、エルクは、水に強い革ですので、ラフにガシガシ使っていただければ、
幸いです。

色は、茶色と黄色の間のような色です。


f0032021_14542490.jpg

f0032021_14541570.jpg


f0032021_14544242.jpg








更に厚みをました一度触れば、やみつきの柔らかさと、手に吸い付くような質感。
大自然を生き抜いてきた、たくましくしなやかで強靭な風合い。
加工では出せない、自然なシワや傷はまさに一点ものです。
ディアスキン同様水に強く、しかも、ディアスキンより個人的には柔らかくしなやかです。
愛着のもてるラフな革小物はエルク(ヘラ鹿)が最高です。


気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ
by sittemasuka | 2017-05-19 14:56 | 使用皮革

イタリアンバケッタレザー・アリゾナ・ロディアメモ帳カバーとアコーディオンコインキーケース

今回は、イタリアは、トスカーナ州で生産される、バケッタレザー
アリゾナの黒を使った、ロディアメモ帳カバーno13用とアコーディオンコインキーケースを
制作しました。





{筆記をアップグレードする}


今回のロディアメモ帳カバーはno13用です。

ペンホルダーも太めのものも入ります。(写真はDELTAビンテージ)

切った後のメモを収納できるポケット、名刺などを入れておける、サブポケット付きです。


方眼タイプのロディアは、アイディアやデザインをまとめたりするのに、とても便利です。
書き心地もいいので、メモをとる時間も楽しみに変わります。



{手の平に収まる2way}



アコーディオンコインキーケースは、コンパクトながら、小銭を仕分けして入れられ、
真鍮製のキーリングも付いているので、ちょっとしたところへは、これ一つで出かけられます。


アリゾナの黒は青みがかっている黒なので、とても美しいです。



f0032021_14352316.jpg





イタリアンオイルレザーアリゾナ・ロディアメモ帳カバー(黒)



f0032021_14353474.jpg

f0032021_14354221.jpg




イタリアンオイルレザー・アリゾナ・アコーディオンコインキーケースミニ(黒)



f0032021_1436035.jpg
f0032021_14361842.jpg

f0032021_1436793.jpg







アリゾナは、イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で作られた
ハンドメイドレザーです。
特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、
天然植物タンニンでなめし、
タンブル(シボ出し)加工しています。
そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められた
イタリアを代表する最高級レザーです 天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、
そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-05-17 14:37 | レザー作品