厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(366)
(248)
(193)
(154)
(123)
(113)
(97)
(94)
(87)
(73)
(63)
(62)
(52)
(50)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

セミオーダー・プエブロコンパ..
at 2019-07-18 15:41
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2019-07-11 15:52
セミオーダー・病みつきエルク..
at 2019-07-10 13:51
消費増税の愚行ととどめ
at 2019-07-03 17:58
革の宝石ルガトー・2つ折りコ..
at 2019-07-03 17:25

記事ランキング

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

<   2017年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

やみつきエルクのロールペンケースとブックカバー・時を刻む革小物

今回は、一度触ればやみつきに柔らかさと肌触りのエルク(ヘラ鹿)の黄茶を
使った、ロールペンケースとブックカバーを制作しました。


ロールペンケースは、3つの大小のポケットが付いた、ロールペンケースの
ミニサイズです。

厚みのあるエルクのなので、ペンにも優しいです。
金具も真鍮なので革とともにエイジングを楽しんでもらえます。


ブックカバーは文庫本サイズです。

今回は、本体裏張りにエルクを使い、
2枚分の厚みになっています。



f0032021_18402268.jpg



やみつきエルク・ロールペンケース(黄茶)

f0032021_18404137.jpg

f0032021_18404833.jpg

f0032021_18405584.jpg

f0032021_1841415.jpg




やみつきエルクのブックカバー(黄茶)



f0032021_18412062.jpg
f0032021_18412957.jpg
f0032021_18414132.jpg








更に厚みをました一度触れば、やみつきの柔らかさと、手に吸い付くような質感。
大自然を生き抜いてきた、たくましくしなやかで強靭な風合い。
加工では出せない、自然なシワや傷はまさに一点ものです。
ディアスキン同様水に強く、しかも、ディアスキンより個人的には柔らかくしなやかです。
愛着のもてるラフな革小物はエルク(ヘラ鹿)が最高です。








気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-08-29 18:42 | レザー作品

イタリアンバケッタレザー・アリゾナ・通帳ケースと3本差ペンケース・時を刻む革小物

今回は、トスカーナ産バケッタレザー・アリゾナの黒を使った
通帳ケースと3本差ペンケースを制作しました。


通帳ケースを一部変更しました。
パスポートor通帳を入れる部分を一段にし、カードや印鑑を入れる仕切りの下に
配置することにより、出し入れがしやすく、表に縫い目を出さない仕様にしました。



{少数精鋭}


3本差ペンケースは、厳選した3本のペンを持ち運ぶためのペンケースです。

蓋もないので、出し入れがし易いです。



イタリアンオイルレザー・アリゾナ・通帳ケース(黒)

f0032021_1515469.jpg

f0032021_15151171.jpg

f0032021_15151872.jpg


イタリアンオイルレザー・アリゾナ・3本差ペンケース(黒)

f0032021_1515378.jpg

f0032021_15154452.jpg


f0032021_15155284.jpg






アリゾナは、イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で作られた
ハンドメイドレザーです。
特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、
天然植物タンニンでなめし、
タンブル(シボ出し)加工しています。
そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められた
イタリアを代表する最高級レザーです 天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、
そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-08-26 15:18 | レザー作品

ALDENの靴をサドルソープで洗う。靴のカビ対策にも効果があります。

今年は、長雨が続いたのでたまった湿気を洗い流すためと、
実験のため、ALDENのUチップ(バーガンディ)と
イタリアンカーフの靴をサドルソープでついに、洗ってみました。

カビ対策にも効果がありますので、こちらと合わせて、参考にしていただければと
思います。

f0032021_17215475.jpg


あくまで一例ですので、靴を洗う際は、自己責任でお願いします。


必要なもの

柔らかい布
ステインリムーバー(モブレイ)
バケツ
サドルソープ
スポンジ
シューキーパー
タオル
靴磨きの道具
(私の場合は)
タピールフレーゲ
馬毛ブラシ×2(クリーム用・ホコリ落とし用別)
豚毛ブラシ(クリーム用)
靴底用ナイロンブラシ
水牛の角
ネル生地
仕上げよう磨き布
消毒用エタノール
です。


カビがある場合は、コードバンは馬毛ブラシ・イタリアンカーフは豚毛ブラシで
払い落とします。
(カビがある場合は、靴磨きとは別にブラシを用意してください。)

靴底はナイロンブラシ。

全体をよく払い落とします。



コバ(革の断面)は汚れがたまりやすいので、
消毒用エターノールを革につかないように薄くぬります。
靴の内側も。



ステインリムーバーでいつもより念入りに汚れや、オイルを落としていきます。



バケツに水を張り、スポンジに水を含ませ、サドルソープをとり、
靴の内側に入らないように洗っていきます。

f0032021_1736042.jpg



水でそそぐのは、コバ部分とアッパーです。

あとは、サドルソープを拭き取るようにタオルで拭いていきます。



シューキーパーを入れ、しっかりと乾かします。(陰干し)
※日の当たるところに干すと、変形を起こしますので、ご注意を。


艶もかなりなくなりました。
f0032021_174062.jpg


f0032021_1740177.jpg



しっかりと乾いたら、


靴磨きの要領で磨いていきます。


簡単に書きますと、

タピールフレーゲを手で薄く伸ばし、満遍なく摩擦が起きるように塗る。
(摩擦熱を起こすことで、クリームがしっかりと溶け、革に浸透も深くなります。)
ここで、あまりクリームを厚く塗りすぎると、逆効果です。


コードバンの場合は、馬毛ブラシ(クリーム用)でなじませます。

水牛の角(靴用だとアビィ・レザースティック)
(カッサ用の水牛の角で代用可能です。)

で、毛を倒すようにいろいろな方向からこすります。(しろっぽくなります)

手でさらに磨き、

ネル生地で余分なクリームを落としながら、磨きます。

仕上げ用の馬毛ブラシやストッキングや仕上げ用の布で磨けば、
こんな感じになります。

今回は、時間がなかったので、
タピールのフレーゲ(ニュートラル)だったので、小キズがあります。
こういう場合は、モブレイアンカニーフ(バーガンディ)を塗ると消えると
思います。


f0032021_1752780.jpg


f0032021_17521791.jpg



靴を磨いあとは、すぐにしまわず、風通しの良いところに置いてから、
靴箱に戻すといいかと思います。



参考になれば、幸いです。
by sittemasuka | 2017-08-22 17:59 | 革の経年変化とお手入れ

イタリアンバケッタレザー・エルバマット・ブックカバーとL型ペンケース・時を刻む革小物

今回は、イタリアはトスカーナ州で鞣される、美しいバケッタレザー・エルバマットの
オリーブを使った、ブックカバーとL型ペンケースを制作しました。


{L型の取りだしやすさ}


L型ペンケースは、ファスナーがL型のため直線に比べ、ガバッと開き、
出し入れがしやすくなっています。



ブックカバーは文庫本サイズのシンプルなものです。
エルバマットの吸い付くような手触りと共に、読書を楽しんでいただければ、
幸いです。


f0032021_1757144.jpg




イタリアンバケッタ・エルバマット・L型ペンケース(オリーブ)

f0032021_1757175.jpg

f0032021_17572617.jpg
f0032021_17573621.jpg



イタリアンバケッタ・エルバマット・ブックカバー(オリーブ)



f0032021_17575228.jpg
f0032021_1758199.jpg








エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-08-18 17:58 | レザー作品

イタリアンバケッタレザー・エルバマット・コインキャッチャー財布・時を刻む革小物

今回は、イタリアはトスカーナ州で生産される、イタリアンバケッタレザー
エルバマットのミモザと紺を使った、コインキャッチャー財布を制作しました。




{煩わしさから楽しさへの鍵}

コインキャッチャー財布(改良版)は、コインを種類別に収納でき、
膨らみを持たせた小銭入れなので、出し入れがしやすくなっています。

カードやお札を収納できるポケット付きなので、大抵のところには、
出かけられます。


f0032021_14475145.jpg



イタリアンバケッタ・エルバマット・コインキャッチャー財布(改)(ミモザ)


f0032021_1448524.jpg

f0032021_14481350.jpg



イタリアンバケッタ・エルバマット・コインキャッチャー財布(改)(紺)


f0032021_1448281.jpg
f0032021_14483844.jpg

f0032021_14485461.jpg







エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-08-16 14:50 | レザー作品

セミオーダー・革の宝石ルガトー・L型マネークリップと名刺入れ・時を刻む革小物

今回セミオーダー頂いたのは、革の宝石ルガトーの茶を使った、
L型マネークリップです。
それと販売用に名刺入れを制作しました。


今回の分で、ルガトーの手元の在庫がなくなりました。
あとは、少しの小さな大きさのルガトーがあるのみですので、

ルガトーの再販・セミオーダーは、停止いたします。

他の革の再販セミオーダーは、今まで通り可能ですので、お願い致します。



{マネークリップ+L型財布=}


L型マネークリップは、L型財布とマネークリップをあわせた、
新しい2つ折り財布です。

後ほど発送しますので、お楽しみに。



{大人の嗜み(たしなみ)}

名刺入れは、40枚ほど収納可能です。

両方共、名刺交換をスムーズに行えるようにサブポケット付きです。

内装は、L型が2つのタイプと一つが直線、L型のサブポケットのタイプがあります。



f0032021_14524833.jpg




セミオーダー・革の宝石ルガトー・L型マネークリップ(茶)


f0032021_14531355.jpg
f0032021_14532412.jpg

f0032021_14533694.jpg
f0032021_1453444.jpg




革の宝石ルガトー・名刺入れ(茶)



f0032021_14535580.jpg
f0032021_1454920.jpg
f0032021_1454265.jpg





ルガトーは”革の宝石”と呼ばれている牛ヌメ革です。
タンニンで鞣す伝統的製法で作られ、ショルダーならではのトラ目と深く
透明感のある染色が特徴です。
ひとつひとつ異なる模様が個性となり、使い込むほどに独特の味わいを増し、
深みのある上質なつやがあります。
質感はしっとり張りがあり、繊維がみつで、
しっとりなめらかな、極上の肌触りです。
しかも、トラ(肩のシワの部分)は染料の色が鮮やかで、光の加減や、
時間帯によって、角度によって、色の印象が、全然違います。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-08-11 14:55 | レザー作品

イタリアンバケッタレザー・アリゾナ・通帳ケースとブックカバー・時を刻む革小物

今回は、トスカーナ産バケッタレザー・アリゾナのアルノブルーを使った
ブックカバーとオリーブを使った、通帳ケースを制作しました。


通帳ケースを一部変更しました。
パスポートor通帳を入れる部分を一段にし、カードや印鑑を入れる仕切りの下に
配置することにより、出し入れがしやすく、表に縫い目を出さない仕様にしました。



ブックカバーは文庫本サイズです。
シンプルな作りですが、美しい経年変化と触り心地が読書を楽しくします。


f0032021_16472740.jpg



イタリアンオイルレザー・アリゾナ・通帳ケース(オリーブ)


f0032021_16473615.jpg

f0032021_1647447.jpg


イタリアンオイルレザー・アリゾナ・ブックカバー(アルノブルー)



f0032021_16475967.jpg
f0032021_1648832.jpg
f0032021_16481774.jpg






アリゾナは、イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で作られた
ハンドメイドレザーです。
特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、
天然植物タンニンでなめし、
タンブル(シボ出し)加工しています。
そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められた
イタリアを代表する最高級レザーです 天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、
そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-08-09 16:48 | レザー作品

イタリアンバケッタレザー。エルバマット・グリーンアップル・経年変化1ヶ月

世界最高の革を鞣すタンナーが集まる・イタリアはトスカーナ州で生産されている、
バケッタレザー
エルバマットのグリーンアップルの
エイジング(経年変化)レポートです。

まだ1ヶ月ですが、とてもいい感じです。



f0032021_1881534.jpg



エルバマット・コンパクト2つ折り財布(グリーンアップル) 
新品


f0032021_1873597.jpg




使用1ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_18252484.jpg

f0032021_1884691.jpg




色も濃淡が出てきて、艶も質感も美しくなってきました。


エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-08-07 18:10 | 革の経年変化とお手入れ

ニコンフィルム一眼emとイタリアンバケッタレザー・エルバマット・カメラストラップ

ニコンの5台目の一眼レフを買いました。
コンパクトカメラを入れると、10台以上カメラを買っています。

その中で2台目のニコンのフィルム一眼レフ「em」です。


f0032021_17165985.jpg


ここ数年はニコンのデジタルカメラを中心に写真を撮ってきました。

今のニコンのデジタル一眼も、お気に入りで、鮮明で細かな描写ができるものなので、
商品の物撮りには満足しているのですが、

数年前から、作品としての写真には、気持ちがいまいち入らず、
写真を取りに行く機会も減ってきていました。

なぜかと考えていくと、整い完成されたものだから、
いまいち愛着が持てないのかもしれません。


革もそうですが、気にいって長く使っているものは、人の作ったあとがあり、
癖があり、ある意味不完全なものです。

意図せぬアヤがあります。


本題に戻ると、今回のニコンemは、軽量化に特化した「入門機」です。

機能も、露出優先オートと
バルブと
1/90秒メカニカル・シャッター
露出補正は逆光補正ボタンのみ。
の半マニュアルカメラです。

今までのカメラでは、マニュアル撮影でしたが、
正直数字で写真を撮る気がはじめからなかったので、

細かい機能はどうでもよく、
愛着が持てて、いい感じの写真が撮れるかどうかが重要でした。


中古の品なので、光線漏れや動作が心配だったので、
近場で、フジの業務用iso100の一番安いものでテスト撮影し、
無調整で現像から上がってきた写真の質感や色は、

温かみのある、記憶の中にある色合いでした。

f0032021_1714769.jpg

f0032021_17141630.jpg



emは、
シャッタ音もチープで反動も少し大きく、
露出系もだいたいのものですが、愛着が持てるカメラです。

しばらく、emを相棒にリハビリをしようと思います。


イタリアンバケッタレザー・エルバマット(ミモザ)と
アリゾナ(オリーブ)を使って、
カメラストラップも作りました。

ストラップ部分のナイロンもniconの調節可能なものを使いました。


f0032021_17154737.jpg

f0032021_17155857.jpg

f0032021_17161567.jpg
f0032021_17162553.jpg




ミモザの黄色が茶に経年変化を遂げる頃には、
もう少しemと仲良くなっていると思います。
by sittemasuka | 2017-08-06 17:17 | お気に入りの良い物・本

イタリアンオイルバケッタレザー・巻きたばこケース・時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、イタリアは、トスカーナ州で生産される、極上バケッタレザー
「イタリアンオイルバケッタ」のマラカイトを使った、

巻きたばこケースを制作しました。


新しいたばこの楽しみを始められた人に贈る巻きたばこ用ポーチです。
巻きたばこは、吸う量や太さを調整でき、様々な香りのする(バニラ・お茶・チョコ・カクテルフルーツなどなど)物をブレンドして楽しむものです。

巻きたばこのペーパーを収納できるペーパーホルダーがついています。
私は、フィルターは、たばこのパッケージに一緒に入れて、使っています。

イタリアンオイルバケッタ
ペラペラの巻きたばこケースとは、一線を画します。
日々美しくエイジングをしていきます。



イタリアンオイルバケッタレザー・巻きたばこケース(改)(マラカイト)



f0032021_17472795.jpg
f0032021_17473469.jpg
f0032021_17474251.jpg
f0032021_17474995.jpg
f0032021_17475871.jpg







「イタリアンオイルバケッタ」は、

イタリアのトスカーナ州でなめされた
フルベジタブルタンニン鞣しオイルドレザーです。


古代イタリアトスカーナ地方に伝わる製革法「バケッタ」による
たっぷりのオイルでじっくり時間をかけた、丁寧な鞣しにより、

しっとりした重量感と透明度の高い自然なムラ感のある染色が美しく、

フルベジタブルならではの透明感のある艶上がりエイジングをしていきます。


アルプスの自然に育てられた放牧の雄牛の原皮を使用。
特に上質なショルダーのみを使用しています。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-08-05 17:49 | レザー作品