厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革のエイジングとお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(339)
(239)
(190)
(149)
(103)
(92)
(90)
(87)
(81)
(67)
(61)
(56)
(50)
(44)
(42)
(42)
(34)
(33)
(30)
(29)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-20 15:57
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-18 16:30
イタリアンレザー・ブッテーロ..
at 2018-11-14 15:05
チーク無垢材のローテーブル・..
at 2018-11-12 12:49
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2018-11-10 15:23

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
アーティスト

ファン

<   2018年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

イタリアンレザー・エルバマット2つ折りコインキャッチャー財布とロディアメモ帳カバー

イタリアのトスカーナ州で鞣されている、
極上バケッタレザー
・エルバマットの紺を使った、
2つ折りコインキャッチャー財布(改)です。


{煩わしさから楽しさへの鍵}


コインキャッチャー財布と
2つ折りコインキャッチャー財布が一緒になり、

コンパクトでお札・小銭・カードを収納できる

コインキャッチャー付きの新しい2つ折り財布です。


L型のカード部分が可動式になっていて、

お札の出し入れがしやすくなっています。


小銭入れ部分には、膨らみをもたせてあり、

小銭の出し入れもスムーズです。

コンパクトながら、収納力もあります。



{筆記をアップグレードする}

ロディアメモ帳カバーはno11サイズとno13サイズがあり、
今回はno11用です。

ペンホルダーも排した、シンプルな縦型です。


オレンジの表紙でおなじみ
1920年にフランスで誕生して以来、優れたデザイン性と使い勝手のよさで
ヨーロッパでは日常に欠かせないほど親しまれているメモパッドの定番です。


f0032021_145276.jpg



イタリアンバケッタ・エルバマット・2つ折りコインキャッチャー財布(改)(紺)


f0032021_1453698.jpg

f0032021_1454540.jpg

f0032021_1455658.jpg
f0032021_146580.jpg

f0032021_1462395.jpg



イタリアンバケッタ・エルバマット・ロディアメモ帳ホルダー(紺)


f0032021_146392.jpg

f0032021_1464773.jpg






エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-06-30 14:07 | レザー作品 | Trackback

イタリアンヴィンテージバケッタレザー・長財布2・時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、イタリアのトスカーナ州で鞣されている、
光沢とプルアップが見せるヴィンテージ感が美しい
極上バケッタレザー
・イタリアンヴィンテージバケッタレザーのコニャックを使った、
長財布2を制作しました。



{シンプルにお札を入れる}


長財布2はお札の出し入れがしやすく、たっぷりと入れられる財布です。

マチが広くとってあるので、100万円以上入ります。

カードは最低限の4枚です。

最低限の機能なので、余計なものを入れず、
掃除しやすく、清潔に保てます。

小銭も入れられるようになっていますが、

私は、この財布は札入れとして使い、
コインキャッチャー財布に小銭とicカード
カードケースにカードを入れて使っています。



イタリアンヴィンテージバケッタ・長財布2(コニャック)


f0032021_12595210.jpg

f0032021_13015.jpg

f0032021_130777.jpg

f0032021_1301338.jpg
f0032021_130211.jpg




「イタリアンヴィンテージバケッタレザー」は、

イタリアはトスカーナ州で鞣されている
フルベジタブル
オイルドプルアップバケッタレザーです。


ビンテージテーブルの天板のように、
なめらかな手触りと極上の光沢。

美しい濃淡のある色味。

最高級であるベンズの中央部分を
使用し、
通常よりもたっぷりのオイルを
染み込ませた事により、

革を曲げると色が薄くなる「オイルが走る」
現象をおこします。

俗にいうプルアップですので、曲げるところを中心に、
使う方によって全く違う上質なエイジングを
お楽しみいただけ、

唯一無二の経年変化を遂げていきます。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-06-26 13:01 | レザー作品 | Trackback

イタリアンレザー・プエブロ・2つ折りコインキャッチャー財布(改)・アコーディオンコインキーケース

今回は、イタリアはトスカーナ産の
名門バダラッシカルロ社で鞣される
バケッタレザー
プエブロのネイビーとショコラを使った、
2つ折りコインキャッチャー財布(改)と
アコーディオンコインキーケースを制作しました。


{煩わしさから楽しさへの鍵}


※カード部分を更に改良しました。
※アンティークゴールド金具バージョンです。


コインキャッチャー財布と
2つ折りコインキャッチャー財布が一緒になり、

コンパクトでお札・小銭・カードを収納できる

コインキャッチャー付きの新しい2つ折り財布です。


L型のカード部分が可動式になっていて、

お札の出し入れがしやすくなっています。


小銭入れ部分には、膨らみをもたせてあり、

小銭の出し入れもスムーズです。

コンパクトながら、収納力もあります。



{手の平に収まる2way}


アコーディオンコインキーケースは、
鍵+小銭を持ち歩ける、手のひらサイズの
ミニマムなコインケースです。

仕切りがみっつ付いていて、一つには真鍮製のキーリングが付いています。
残り2つには、小銭を分けて収納したり、
他のものを入れるなど、アイディア次第です。



f0032021_1417122.jpg




イタリアンレザー・革新のプエブロ・2つ折りコインキャッチャー財布(改)(ネイビー)


f0032021_14182856.jpg

f0032021_14183674.jpg

f0032021_14184486.jpg

f0032021_1418503.jpg
f0032021_14185721.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・アコーディオンコインキーケースミニ(ショコラ)


f0032021_1419121.jpg

f0032021_14192184.jpg

f0032021_14193071.jpg





「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-06-22 14:20 | レザー作品 | Trackback

新作・イタリアンレザー・エルバマットのお札の入るコインキャッチャー財布です。

新作です。イタリアのトスカーナ州で鞣されている、
極上バケッタレザー
・エルバマットのグリーンアップルとミモザを使った、
2つ折りコインキャッチャー財布(改)です。


{煩わしさから楽しさへの鍵}


コインキャッチャー財布と
2つ折りコインキャッチャー財布が一緒になり、

コンパクトでお札・小銭・カードを収納できる

コインキャッチャー付きの新しい2つ折り財布です。


L型のカード部分が可動式になっていて、

お札の出し入れがしやすくなっています。


小銭入れ部分には、膨らみをもたせてあり、

小銭の出し入れもスムーズです。

コンパクトながら、収納力もあります。



今後コインキャッチャー財布は、この形に統一いたします。

そのため通常セールは行いませんが、

旧コインキャッチャー財布を在庫限りほとんど赤字ですが
20%offに致します。(販売手数料の関係で(base/Store.jp)


この機会に是非御覧ください。


f0032021_1247305.jpg



イタリアンバケッタ・エルバマット・2つ折りコインキャッチャー財布(改)(グリーンアップル)

f0032021_12473864.jpg

f0032021_12475293.jpg



イタリアンバケッタ・エルバマット・2つ折りコインキャッチャー財布(改)(ミモザ)


f0032021_12482233.jpg

f0032021_12483366.jpg
f0032021_1248428.jpg

f0032021_12485192.jpg




エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-06-17 12:49 | レザー作品 | Trackback

ミヒャエル・エンデ「モモ」と時間と仕事について。

ここ一年ほど、他の本ばかりで「物語」や
小説を読むことから
離れていたのですが、
久しぶりにいい本を読んだあとに文章にしたいと思って
書いていくことにします。



f0032021_1495242.jpg





ここ2年ほどの間、
革小物に対するご感想は、
ありがたいものばかりなのですが、

現実的な面での
仕事があまり上手くいかず、
葛藤と反省と改良を図る日々が続いています。


知らないうちに、見過ごしていたことや、
見てみぬふりをして、
「怠けいていた」部分を
一つ一つ見直し、
立て直しを図っている最中に
出会った本の中の一冊です。





モモには、時間は人生であり、意味のある時間、
無駄な時間
とは何か?という
問いかけが描かれています。



そこには、お金や物の面では
豊かになったように見える現代社会や資本主義社会で
「効率」の影で失われた「過程」を楽しむ
余裕や自分や仕事に対する誇りが失われていく過程も
描かれています。




個人的な考えですが、
誇りやり甲斐のある仕事が失われていくのは、


「目に見えない誰かのために、
他人の目的もわからない仕事をすることで
自らに嘘をつき、

嘘をついて自らの時間や仕事を
売ることで、自信を失い、

やがて無気力になって、
他人を羨み、模倣していく」

過程があると思います。





その影には、
「効率」と「お金」があります。


結果のために何かしようとすると、
その過程はとたんに、
つまらなくなってしまい、
つまらないことは早く終わらせたいので、
効率を求めるようになってしまうと思います。



時短お金を稼ごうとすると、
そこに関わってくれる人が見えず、過程を楽しめず、

過ちにも気づけず、
焦るあまり、自らの間違いを正すこともできず、

いつのまにか、「お金」が「人の命」よりも
「時間」よりも大きな存在になってしまい、

何のためにお金を稼ぎたいのかも
見失ってしまうと思います。



何かに迷うときに、私にはいつも「旅の記憶」があります。

旅には人それぞれの形があると思いますが、


私の旅は、オープンチケットを買い、
最初に行く国をきめて、
お金が尽きた時に帰ってくる
ことだけが事前に決めていることです。



事前に読むのは、お金のことと、言葉のことと
最初に行く国のビザ、
風習やデモや場所などの最低限の危険情報です。



宿も現地で探します。
頼りになるのは、自分の感覚と経験だけです。

1つ目の心地の良いドミトリーの宿が決まれば、
後はしなければならないことも、予定もありません。

自分の感覚に合う宿が見つかれば、
面白い人に出会えます。

宿に限らず、道や店や自然やバス停などでも。


色々な人と話す中で、今日や明日に行くところや
することが自然と決まっていきます。




あまり観光地には行かないので、土地を移動しては、
少しの間生活をします。
そこで新しい文化や人に出会います。



持ち物の中には、相棒のように楽器とカメラがだいたいあります。



楽器とカメラを通して人と合うことがとても多いのは、
喋れなくても時間を共有できる力があるからです。



英語が通じない地域でも、見えるものや聞こえるものは、
共に楽しむことができます。

そのことを通して、
表現する力を実感できました。



もちろん、時間や働きかたについても色々と体験ができました。

基本的にあまり同じような都市には興味がないので、
娯楽があまり無いところに行くことが多いのですが、


何もない所へ行けば行くほどに、
人間の距離とゆったりと流れる時間に出会えます。



やることといえば、
人と話し、その土地のものを食べて、
楽器などで遊び、仕事をしたり
屋根のあるところで寝る。



それと、衣食住と医者に行くお金さえあれば、
驚くほど、時間は濃密でしかも長いのです。


時間は確かに伸び縮みをするんです。


時間があると、時間を気にせずに人と話したり、
遊んだり、

遠出をして、
川の流れを見たり、

朝日を見たり、

夕日を見たり、

満点の星空をみたり

野生の動物や鳥や花や草木をみたり

海に浮かんだり。


毎日色々な違う日々を過ごすことができました。


その中には、無数の出会いと別れと再会と
一生忘れられない景色や音や匂いがあって、

その中で、自分の考えや選択肢や大切なものや
いらないものなどが見えてきます。


もちろん旅の中の生活は、
そこに何年もいる人々の生活における

現実の部分

お金や仕事。
あるものや、ないもの、
どうしようもないことなどが
欠けているので、
楽しめただけなのかもしれません。





私は今、革小物を作る仕事をしています。

新鮮に、制作に
のめり込む時期は過ぎ、


楽しさの中に同じぐらい葛藤や反省が
入り混じっています。

そのなかで、毎日
何とか次の段階へ、
その先の「自分にしかできない革の仕事」への道を
探しています。


お金や仕事を含めた「現実」なかで、
なるべく嘘をつかないですむように、
現実を変えながら、

人生の時間の過ごし方を探していきたいと
思っています。



今を生きるということと
未来を見据えて生きることの
両立はどのようにできるのかも含めて。



物事を見るということは、
経験に裏付けられた、
自分の基準を通して見るということだと思います。




f0032021_16294862.jpg

by sittemasuka | 2018-06-14 15:56 | お気に入りの良い物・本 | Trackback

セミオーダー・ルガトー・プエブロ・コンパクト2つ折り財布とマネークリップ

今回お二方にセミオーダー頂いたのは、
イタリアはトスカーナ産の
名門バダラッシカルロ社で鞣される
バケッタレザー
プエブロのネイビーを使った、
コンパクト2つ折り財布と

革の宝石ルガトーの緑(最終在庫)を使ったマネークリップ
です。


{山と街をつなぐ}

コンパクト2つ折り財布は、
サイズは、10cm×11.5cm(閉じた時)で、

ポケットに収納可能です。



登山に最低限必要な

保険証・お札・小銭・ICカードを

収納可能です。



小銭入れ部分はしっかりとホックで留められ、

ICカードは改札を通る際、財布から出さず、そのままタッチして通れます。

カードも複数収納でき、

お札の幅は、大きめなので、海外のお札も収納可能です。

小銭入れ部分は両端を押すと、大きく開きます。


昨日配送しましたので、お楽しみに。



{軽快さの選択}


マネークリップは、大人のための財布です。
カードとお札のみのため、コンパクトで手のひらサイズにです。

なれると使いやすいものです。

小銭は、別にすることで、無駄なものを入れずにすみます。


ルガトーの緑も最終在庫です。


昨日配送しましたので、お楽しみに。


f0032021_14325759.jpg




イタリアンレザー・革新のプエブロ・コンパクト2つ折り財布(ネイビー)


f0032021_14331634.jpg

f0032021_14332671.jpg

f0032021_14333489.jpg
f0032021_14334018.jpg



セミオーダー・ルガトー・マネークリップ(グリーン)

f0032021_14335140.jpg

f0032021_14335870.jpg
f0032021_1434510.jpg
f0032021_14341318.jpg



「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-06-13 14:34 | レザー作品 | Trackback

新作・イタリアンレザー・アリゾナ・コンパクトキー財布・時を刻む革小物

新作です。イタリアのトスカーナ州で鞣されている、
極上バケッタレザー
アリゾナのアルノブルーと黒を使った
コンパクトキー財布を制作しました。



{これ一つで何処へでも}


コンパクトキー財布は、
コンパクトでお札・小銭・カード・鍵を収納できる
新しい2つ折り財布です。

L型のカード部分が可動式になっていて、
お札の出し入れがしやすくなっています。

お札の片方がホールドされるので、
鍵を使う際も落ちません。

小銭入れ部分には、膨らみをもたせてあり、
小銭の出し入れもスムーズです。


これ一つでどこへでも出かけられます。



f0032021_15183089.jpg





イタリアンオイルレザーアリゾナ・コンパクトキー財布(アルノブルー)

f0032021_1520913.jpg

f0032021_15201987.jpg



イタリアンオイルレザーアリゾナ・コンパクトキー財布(黒)

f0032021_15203346.jpg


f0032021_15204415.jpg
f0032021_15205763.jpg

f0032021_15271571.jpg




アリゾナは、
イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で
作られたハンドメイドレザーです。
特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、
天然植物タンニンでなめし、タンブル(シボ出し)加工しています。
そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められたイタリアを代表する
最高級レザーです。

天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、
そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-06-08 15:21 | レザー作品 | Trackback

カリンバ・トレブルとアフリカンチューニング・味わいを増していくもの達

これまで、ジャンベを中心にディジュリドゥ
・バンブーサックス、
波紋・口琴・カホーン・
色んな民族楽器を旅をしながらやってきた中で、


今でもやっているのは、カリンバです。

色々なカリンバの中でも、ヒュートレイシー社製のカリンバです。

弾きやすさ、音どれをとってもしっくりくる楽器です。

海に山に庭にどこにでも連れていける、良き相棒です。



f0032021_19130790.jpg
f0032021_19130743.jpg
f0032021_19130709.jpg


何となく弾いてみました。





















https://youtu.be/_sQNR4FjJZQ
by sittemasuka | 2018-06-06 19:17 | お気に入りの良い物・本 | Trackback

イタリアンレザー・エルバマット・長財布時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、イタリアのトスカーナ州で鞣されている、
極上バケッタレザー
・エルバマットの紺を使った、
長財布です。



{可動式・定番長財布}


定番長財布は、コインケース部分が可動式になっているので、
お札の出し入れがしやすいです。
その他2つのお札入れがあります。

カードは最低限の4枚。

最低限の機能のため余計なものをいれず、
掃除がしやすく、清潔に保つことができます。



イタリアンバケッタ・エルバマット・長財布(紺)




f0032021_151265.jpg

f0032021_151349.jpg

f0032021_1514121.jpg

f0032021_1514845.jpg

f0032021_1515489.jpg






エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-06-05 15:03 | レザー作品 | Trackback

イタリアンレザーアリゾナ・ロディアメモ帳カバーとアコーディオンコインキーケース

今回は、イタリアのトスカーナ州で鞣されている、
極上バケッタレザー
アリゾナのアルノブルーを使った
ロディアメモ帳カバーとアコーディオンコインキーケース
を制作しました。


{筆記をアップグレードする}


今回のロディアメモ帳カバーはno13用サイズです。

内側は太さ別のペンホルダー×3がついているので、
筆記はこれ一つでできます。

太いペンも入ります。(写真はDELTAヴィンテージ)です。

オレンジの表紙でおなじみ
1920年にフランスで誕生して以来、優れたデザイン性と使い勝手のよさで
ヨーロッパでは日常に欠かせないほど親しまれているメモパッドの定番です。



{手の平に収まる2way}


アコーディオンコインキーケースは手のひらサイズながら、
キーリングと小銭を分けて収納できるすぐれものです。



f0032021_162528.jpg





イタリアンオイルレザーアリゾナ・ロディアメモ帳カバー(アルノブルー)

f0032021_16261662.jpg

f0032021_16262484.jpg

f0032021_1626356.jpg

f0032021_16264527.jpg



イタリアンオイルレザー・アコーディオンコインケースミニ(アルノブルー)


f0032021_16265659.jpg
f0032021_1627771.jpg
f0032021_1627208.jpg
f0032021_16273517.jpg






アリゾナは、
イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で
作られたハンドメイドレザーです。
特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、
天然植物タンニンでなめし、タンブル(シボ出し)加工しています。
そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められたイタリアを代表する
最高級レザーです。

天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、
そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。





エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-06-02 16:28 | レザー作品 | Trackback