厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革のエイジングとお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(339)
(239)
(190)
(149)
(103)
(92)
(90)
(87)
(81)
(67)
(61)
(56)
(50)
(44)
(42)
(42)
(34)
(33)
(30)
(29)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-20 15:57
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-18 16:30
イタリアンレザー・ブッテーロ..
at 2018-11-14 15:05
チーク無垢材のローテーブル・..
at 2018-11-12 12:49
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2018-11-10 15:23

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
アーティスト

ファン

<   2018年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

インド・カンタ刺繍の鳥の布・味わいを増していくものたち

鎌倉に引っ越してきてはや2週間。
忘れかけていた人情に触れられる毎日が、
とても嬉しい今日このごろ。

やっと落ち着いていたので、
今回貯金を大幅に切り崩した、
自分たちなりに選んだ品々を少しずつ
ご紹介していきたいと思います。

まずは、スチールラックを覆う布探しで
やっと見つけた
かわいいやつです。

インドのすべて手縫いの
カンタ刺繍の鳥たちです。

f0032021_19501776.jpg


多分数人の人で刺繍をしたのであろう
鳥の表情もできもバラバラの出来と温かみ。

裏は、玉止めの嵐です。


色といい、鳥の表情といい、植物のバランスといい、
かなりお気に入りに布です。

スチールラックよりも遥かに高い布が部屋を
明るく暖かくしてくれました。

手仕事はとても良いものです。


f0032021_19541899.jpg

by sittemasuka | 2018-10-30 19:54 | お気に入りの良い物・本 | Trackback

イタリアンレザー・プエブロ・マネークリップと名刺入れ・時を刻む革小物

イタリアはトスカーナ産の
名門バダラッシカルロ社で鞣される
バケッタレザー

プエブロのネイビーを使った、
マネークリップと名刺入れを制作しました。


{軽快さの選択}

マネークリップは、お札とカードを持ち歩くための
軽快さの選択です。

それと、コインキャッチャー財布でお札とカードを
分けるのが、おすすめです。



{大人の嗜み(たしなみ)}


名刺入れは、交換のさい手間取らないように2つのL型の
ポケットが付いています。

40枚ほど収納可能です。



f0032021_144369.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・マネークリップ(ネイビー)

f0032021_145470.jpg

f0032021_1451266.jpg
f0032021_1452171.jpg

f0032021_1453430.jpg




イタリアンレザー・革新のプエブロ・名刺入れ(ネイビー)


f0032021_1454883.jpg
f0032021_1455877.jpg
f0032021_146787.jpg



「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)


鎌倉・湘南・横浜などのポータルサイト
です。

https://shonan.storeinfo.jp/




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-10-27 14:06 | レザー作品 | Trackback

イタリアンレザー・ミネルバリスシオ・コンパクト2つ折り財布と2本差しペンケース・時を刻む革小物

今回は、イタリアはトスカーナのバダラッシカルロ社で生産される
イタリアンバケッタレザー
ミネルバリスシオのショコラをを使用した、
コンパクト2つ折り財布と2本差しペンケースを制作しました。


{山と街をつなぐ}

コンパクト2つ折り財布は、
サイズは、10cm×11.5cm(閉じた時)で、

ポケットに収納可能です。



登山に最低限必要な

保険証・お札・小銭・ICカードを

収納可能です。



小銭入れ部分はしっかりとホックで留められ、

ICカードは改札を通る際、財布から出さず、そのままタッチして通れます。

カードも複数収納でき、

お札の幅は、大きめなので、海外のお札も収納可能です。

小銭入れ部分は両端を押すと、大きく開きます。



{少数精鋭}

2本差しペンケースの基本は3本差しペンケース同様です。

蓋物ないので、革が馴染めば出し入れがスムーズです。

筆記の際、ペン置きにもできるので、ザラザラしたところでも
安心してペンが置けます。

万年筆の太いサイズも入ります。


写真のペンの太い方は、
ファーバーカステルエモーション(万年筆)です。

長さ:約138mm(収納時)

最大胴軸径:約14.4mmφ キャップ径:約16.8mmφ(クリップを除く)

です。

3本差しペンケースもサイズは同様ですので、
2本差しと同じように万年筆も収納可能です。



f0032021_14322957.jpg




イタリアンバケッタ・ミネルバリスシオ・革新のプエブロ・コンパクト2つ折り財布(ショコラ)


f0032021_14333195.jpg

f0032021_1433417.jpg

f0032021_14335286.jpg
f0032021_1434159.jpg




イタリアンバケッタ・ミネルバリスシオ・2本差しペンケース(ショコラ)


f0032021_14341698.jpg
f0032021_14342976.jpg
f0032021_14344163.jpg




「ミネルバ・リスシオ」は、プエブロ・ミネルバボックスのもととなる革で、

イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法
(タンニン鞣し)で鞣されています。


ベジタブルタンニンベースに牛脂を加える、
古来のバケッタ製法を 駆使出来る唯一のタンナーです。

牛脂は革に浸透するのに、時間とコストがかかりますが、
一度浸透するとオイルが抜けず、
ほぼ永久に潤いと艶のある革質を味わえます。

リスシオ(Liscio)はイタリア語で「滑らか」という意味です。
名前が示すとおり、
滑らかで、吸い付くような質感。美しい色合い。

想像を超える劇的なエイジングを生みます。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-10-23 14:35 | レザー作品 | Trackback

セミオーダー・革の宝石ルガトー・ロールペンケースと名刺入れ・時を刻む革小物

引っ越しのダンボールとの戦い、配置決めが思いの外かかり、
やっと昨日からアトリエの準備が整いました。


今回はセミオーダー頂いたのは、
ベルギーの名門タンナーマシュア社で
生産されている、
革の宝石ルガトーの紺をを使った、
ロールペンケースです。

それと販売用に名刺入れを制作しました。


今回のルガトーの手持ちの在庫も終了です。

f0032021_1459308.jpg



ロールペンケースは万年筆が入るサイズの

3つのポケットが付いています。

真鍮のハトメと金具付きです。

これから送りますので、
お楽しみに。



{大人の嗜み(たしなみ)}


名刺入れは、交換のさい手間取らないようにL型の
ポケットが付いています。

40枚ほど収納可能です。


f0032021_1551964.jpg



セミオーダー革の宝石ルガトー・ロールペンケース(紺)



f0032021_1554323.jpg


f0032021_1555335.jpg
f0032021_156473.jpg



革の宝石・ルガトー・名刺入れ(紺)



f0032021_1574081.jpg
f0032021_1574941.jpg

f0032021_1575821.jpg



鎌倉での生活は、思ったよりも自分に足りないものを
補うチャンスをくれそうです。


f0032021_159345.jpg




ルガトーは”革の宝石”と呼ばれている牛ヌメ革です。
タンニンで鞣す伝統的製法で作られ、ショルダーならではのトラ目と
深く透明感のある染色が特徴です。
ひとつひとつ異なる模様が個性となり、
使い込むほどに独特の味わいを増し、深みのある上質なつやがあります。
質感はしっとり張りがあり、繊維がみつで、
しっとりなめらかな、極上の肌触りです。

しかも、トラ(肩のシワの部分)は染料の色が鮮やかで、
光の加減や、時間帯によって、角度によって、色の印象が、全然違います。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-10-20 15:09 | レザー作品 | Trackback

鎌倉に引っ越しのため、10月14日15日16日の配送はお休みさせていただきます。

またまた遊牧民のように引っ越しの準備に追われています。
ほとんど家具選びに躍起になっているせいですが、、

茅ヶ崎に引っ越してきて、2年と経たず鎌倉に拠点を
移すことにしました。


茅ヶ崎を離れるのは、
一つは、茅ヶ崎の個人店の閉店。
一つは、美味しかったお店の品質低下のため。

鎌倉に移るのは、
一つは、四季を目で見て感じるため。
一つは、散歩のときに自然を感じたいため、
一つは、文化を感じられる街に住むため。
一つは、日本の文化を再度見直すため。

一つは、新旧の個人店があるためなどなど
色々な理由があるのですが、
引っ越すのは、いつも人の縁や
次に自分には何を学ぶ必要があるかなのです。


物件成約までは非常に難航して、
改めて引っ越しは気力と
体力とお金を使うものだと痛感しているのですが、
引っ越したいと思うと居ても立ってもいられないのです。


久しぶりにテレビを捨て、プラスチック製品をほぼほぼ
捨て去り、家具選びの中で、
改めて人の作るものは良いと感じました。

新生活に選んだものは、ほぼ手作りのもので、
引っ越すたんびに捨てるものではなく、
直したり、ケアしながら使い続けていくものです。


値段に妥協して選んだものや、プラスチック製品のゴミを見ながら、
無駄にした時間とお金を思います。


「時を刻まない」使い捨てのものを作る社会、
私を含め「時を刻まない」ものを買う側の貧しさを
見ることができました。


その代り、貯金はほぼほぼ消えてしまいました。。。。


まずは、お世話になった道具たちを掃除して、


f0032021_19234743.jpg

f0032021_19235413.jpg



引っ越し先では、何よりもまずアトリエの準備をし、
作業を再開します。


10月14日15日16日の配送はお休みさせていただきます。


10月13日までは、通常通り配送いたします。

10月17日には通常通り配送を再開いたします。

よろしくお願いいたします。






f0032021_17234510.jpg

by sittemasuka | 2018-10-10 17:26 | お知らせ | Trackback

イタリアンレザー・ブッテーロ・システム手帳と2本差しペンケース・時を刻む革小物

今回は、イタリアはトスカーナ産の
名門ワルピエ社で鞣される
バケッタレザー
ブッテーロの紺を使った、
システム手帳と

イタリアンヴィンテージバケッタのコニャックを使った
2本差しペンケースを制作しました。


{共に刻む歴史}

今回のブッテーロは個人的に持っていた在庫です。
あと、小物1つほどになってしまいました。

システム手帳は、左側にペンホルダーを付けたことで、
筆記の邪魔になりません。

太いペンも入ります。

カードも4枚収納可能です。




{少数精鋭}

2本差しペンケースの基本は3本差しペンケース同様です。

蓋物ないので、革が馴染めば出し入れがスムーズです。

筆記の際、ペン置きにもできるので、ザラザラしたところでも
安心してペンが置けます。

万年筆の太いサイズも入ります。


写真のペンの太い方は、
ファーバーカステルエモーション(万年筆)です。

長さ:約138mm(収納時)

最大胴軸径:約14.4mmφ キャップ径:約16.8mmφ(クリップを除く)

です。

3本差しペンケースもサイズは同様ですので、
2本差しと同じように万年筆も収納可能です。


f0032021_16303726.jpg



イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・システム手帳(紺)

f0032021_1631361.jpg

f0032021_16314318.jpg

f0032021_16315191.jpg

f0032021_16315997.jpg



イタリアンヴィンテージバケッタ・2本差しペンケース(コニャック)

f0032021_1632724.jpg
f0032021_16321455.jpg
f0032021_1632236.jpg





ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。



「イタリアンヴィンテージバケッタレザー」は、

イタリアはトスカーナ州で鞣されている
フルベジタブル
オイルドプルアップバケッタレザーです。


ビンテージテーブルの天板のように、
なめらかな手触りと極上の光沢。

美しい濃淡のある色味。

最高級であるベンズの中央部分を
使用し、
通常よりもたっぷりのオイルを
染み込ませた事により、

革を曲げると色が薄くなる「オイルが走る」
現象をおこします。

俗にいうプルアップですので、曲げるところを中心に、
使う方によって全く違う上質なエイジングを
お楽しみいただけ、

唯一無二の経年変化を遂げていきます。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ


#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2018-10-10 16:34 | レザー作品 | Trackback

イタリアンレザー・プエブロ・2つ折りコインキャッチャー財布と名刺入れ・時を刻む革小物

イタリアはトスカーナ産の
名門バダラッシカルロ社で鞣される
バケッタレザー

プエブロのグリージオを使った、
2つ折りコインキャッチャー財布と名刺入れを制作しました。



{煩わしさから楽しさへの鍵}


コインキャッチャー財布と
2つ折りコインキャッチャー財布が一緒になり、

コンパクトでお札・小銭・カードを収納できる

コインキャッチャー付きの新しい2つ折り財布です。


L型のカード部分が可動式になっていて、

お札の出し入れがしやすくなっています。


小銭入れ部分には、膨らみをもたせてあり、

小銭の出し入れもスムーズです。

コンパクトながら、収納力もあります。



{大人の嗜み(たしなみ)}


名刺入れ封筒型は、、金具がないので、カードの収納などに
適しています。

もちろん名刺も40枚ほど収納可能です。

ICカードもカードを取り出さずに改札も通れます。



f0032021_15411766.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・2つ折りコインキャッチャー財布(改)(グリージオ)

f0032021_15422864.jpg

f0032021_15423697.jpg

f0032021_15424343.jpg

f0032021_15425222.jpg

f0032021_1543154.jpg




イタリアンレザー・革新のプエブロ・名刺入れ(グリージオ)



f0032021_15433151.jpg
f0032021_15434033.jpg
f0032021_15434966.jpg




「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-10-02 15:44 | レザー作品 | Trackback