厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(366)
(248)
(193)
(154)
(123)
(113)
(97)
(94)
(87)
(73)
(63)
(62)
(52)
(50)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

セミオーダー・プエブロコンパ..
at 2019-07-18 15:41
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2019-07-11 15:52
セミオーダー・病みつきエルク..
at 2019-07-10 13:51
消費増税の愚行ととどめ
at 2019-07-03 17:58
革の宝石ルガトー・2つ折りコ..
at 2019-07-03 17:25

記事ランキング

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

<   2019年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

パティスリー チモト (鎌倉駅)(洋菓子)長く続けてほしいお店 oishii

しがらみなしの本当におすすめのお店の紹介です。
純粋に美味しいと感じた、
個人的なものですので、あしからず。


「パティスリー チモト」

鎌倉駅西口から、徒歩3分ほど。

御成通りの中の
緑の看板が目印。

個人的には、
鎌倉のケーキ屋さんの中で、
一番好きなところです。

去年のクリスマスケーキも
チモトさんです。



「一品」

オムレット
チョコレートケーキ



オムレットは、
ロールケーキもそうなんですが、
スポンジが、
昔ながらでふわふわで、
しっとり旨いんです。

生クリームもしっとりと
優しい甘さで、
飽きが来ない美味しさです。


チョコレートケーキは、
子供の頃食べていた、
ケーキを思い出します。


旨いスポンジと
チョコクリームを丁寧に、
上等にした美味しさです。



f0032021_170595.jpg



丁寧でスタンダードな
美味しいケーキが
食べたい時に。

ロールケーキも抜群です。
色々な味のある
シフォンケーキも
胡桃山もおすすめです。

喫茶もあるので、


中で食べられます。


やっぱり最後に行き着くのは、
スタンダードな美味しさだと
思います。



f0032021_1715186.jpg

f0032021_1721939.jpg



営業時間・10:00 ~18:30

定休日・水曜日



神奈川県鎌倉市御成町2-15
by sittemasuka | 2019-01-31 17:03 | 長く続けてほしい旨いお店。

黒糖茶房と料理天国いわた(茅ヶ崎駅)長く続けてほしい旨い店

しがらみなしの本当におすすめのお店の紹介です。
純粋に美味しいと感じた、
個人的なものですので、あしからず。


「黒糖茶房」

茅ヶ崎駅南口から雄三通りを
582mほど歩くと、左側に見えてきます。

落ち着いた雰囲気に、
外にメニューが出ています。

店内も明るすぎず暗すぎず、
清潔で落ち着いた空間で、
まったりできます。

沖縄の黒糖やお菓子が置いてあります。



「一品」


珈琲くろみつパフェ




ほろ苦く食感のしっかりある
コーヒーゼリーに、
沖縄の黒糖の黒蜜がとても美味しく
絡みます。

そこに
クランブルやバニラアイスが加わると、
和のパフェになります。


コーヒーゼリーと黒蜜がこんなにも
合うものかと、
驚かせられました。

もう一度書きますが、
黒蜜がとても美味しいです。



f0032021_881792.jpg




「一品」


濃い抹茶パフェ


メニューの名前通りです。


濃い抹茶と書いてあっても、
なかなか濃い抹茶が出てきませんが、

黒糖茶房さんの抹茶は、
香り豊かで、濃いです。
抹茶アイスも濃いです。

香り豊かで、濃い抹茶ならばそれは、
とても美味しいです。
白玉とアイスも美味しいので、
抹茶を存分に味わえます。



f0032021_891694.jpg




細部まで丁寧さが伝わってくるお店です。
セットのお茶もとても美味しいです。

外ではコーヒーばかり飲んでいますが、
黒糖茶房さんのお茶は、
香り豊かで美味しいお茶なので、
わざわざ飲みにいきたくなります。

お茶のおかわりように、
お湯と茶葉も付けてくれるので、
たっぷりとお茶を堪能できます。




営業時間
9:00~19:00
定休日・火曜日+毎月第1水曜日 (※定休日が祝日の場合は営業 )

神奈川県茅ヶ崎市東海岸北2-3-34




「料理天国いわた」


茅ヶ崎駅南口から5分ほど歩くと、
白と緑の看板に「料理天国いわた」と
書いてあります。

所狭しと定食・寿司・そばの写真付きの
メニューが並んでいます。


何度もお邪魔していますが、
リーズナブルで
どれも間違いのない美味しさです。

「一品」


チキン南蛮定食


九州のチキン南蛮よりも甘さ控えめな、
旨いチキン南蛮です。

衣はフワッと、チキンはプリッと。
酸味控えめな甘酢とタルタルソース。

ご飯によく合う定食の定番です。

ボリューム満点な定食には、お味噌汁
毎回変わるひじき・卵焼き・煮物
などなどの美味しい小鉢付きです。


f0032021_8135974.jpg




「一品」


ハヤシライス




ハヤシライスには、2種類あります。
ワインとビーフと玉ねぎと
デミグラスソースを
贅沢に味わうハヤシライス


ひたすらご飯に合うように作られた、
洋食屋と定食屋の間のような、
いつも食べたい
ハヤシライスです。





今回のハヤシライスは、後者です。
柔らかめのご飯に、絡みつくように
旨みの効いたハヤシライスです。

ただただご飯に合う、
ありそうでなかなか出会えない、
ハヤシライスです。

ご賞味あれ。




料理天国いわたさんは、
いつも行きたい定食屋さんです。

気がつくと足が向いてしまいます。

他にもおすすめがたくさんあるのですが、
水餃子定食もとてもおすすめです。
古き良き定食屋の雰囲気と、
間違いのない味。



こういう定食屋さんがあると、
何気なくお腹が空いたら、
いつでも行けて、
とても助かっていました。



営業時間
11:30~14:00
17:00~21:00

定休日水曜日
神奈川県茅ヶ崎市中海岸1-1-55
by sittemasuka | 2019-01-31 08:16 | 長く続けてほしい旨いお店。

セミオーダー・エルクスキン・システム手帳とキーケース・時を刻む革小物

今回セミオーダー頂いたのは、柔らかな肌触りが
やみつきになる「エルクスキン」の
黄茶を使った、システム手帳と
キーケースを制作しました。


{共に刻む歴史}

今回は、
全てエルクスキンを使った裏張り仕様の
モフモフのシステム手帳です。

ペンホルダーを左にすることで、
筆記の際邪魔になりません。

カードポケットは4っつついています。



{つぎ目のないカギを握る}


金具が外に来ない
キーケースは、エルクの柔らかさを楽しめ、

内側はフラットで鍵が落ちにくいように
スリットを入れてあります。

先ほど配送しましたので、
お楽しみに。


f0032021_17263456.jpg




セミオーダー・やみつきエルクのシステム手帳(黄茶)

f0032021_17273671.jpg

f0032021_17274348.jpg

f0032021_17275056.jpg

f0032021_17275738.jpg



やみつきエルクのキーケース(黄茶)


f0032021_1728793.jpg
f0032021_17281643.jpg




更に厚みをました一度触れば、やみつきの柔らかさと、手に吸い付くような質感。
大自然を生き抜いてきた、たくましくしなやかで強靭な風合い。
加工では出せない、自然なシワや傷はまさに一点ものです。
ディアスキン同様水に強く、しかも、ディアスキンより個人的には柔らかくしなやかです。
愛着のもてるラフな革小物はエルク(ヘラ鹿)が最高です。








気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-01-28 17:29 | レザー作品

純喫茶探訪・鹿鳴館(大口)・井川・吉野・ヲガタ・鎌倉館(鎌倉)

久方ぶりの純喫茶について。
近年高齢のためか
どんどん美しい
お店がなくなっていってしまっています。

加えて代替わりのため、味も空間もがっかり
するようなお店に変貌してしまうお店に
肩を落とすこともありますが、

暇があれば、いいお店を探し歩いています。

今回は、現存する美しく、味もよく、気持ちのいい
厳選純喫茶の紹介をします。

鹿鳴館(大口)

珈琲井川(鎌倉)
ヲガタ(鎌倉)
鎌倉館(鎌倉)

喫茶吉野(北鎌倉)


「鹿鳴舘」

大口駅西口から徒歩数分です。
まるでそこだけ時間が止まったように
蔦に覆われた
鹿鳴館があります。


もしも扉をあけなあったら、
きっと後に後悔をすることでしょう。


説明はかえって無粋です。
美しい空間・人がいいマスター。
旨いコーヒーにクラシック。

これぞ純喫茶です。


f0032021_19245883.jpg
f0032021_19252527.jpg
f0032021_19254378.jpg

f0032021_19262386.jpg



10:00~17:00とありますが、早く閉める場合があるようです。



定休日・不定休



神奈川県横浜市神奈川区大口通122



「珈琲 井川」


鎌倉駅東口徒歩5分ほど。
妙本寺に行く道すがら、
白い雰囲気のある建物があります。

ここは美しい純喫茶です。
クラシック音楽と共に、
珈琲や読書を
楽しめる大人のお店です。


そこには、静寂があります。


f0032021_1928712.jpg




「一品」


チーズケーキ・チョコレートケーキ。


珈琲と読書を楽しめるお店と
書きましたが、一部訂正します。
珈琲もケーキも抜群です。


チーズケーキは、もっしりとしていて、
とてもクリーミで、クッキー生地は
サックッとほどけます。

甘みもちょうどよく、
旨いとしか言いようが
ありません。

旨いケーキ屋さんよりも
ここのチーズケーキが
私にとっては格別です。




チョコレートケーキは、みっしりと濃厚。
もちろん甘ったるくなく、
上にかかった砂糖も、
甘ったるくなく、
食感がとてもいいです。




どちらも、苦味のきいたブレンドと
相性がとてもいいです。


コーヒーも井川さんのところは、
格別に美味しいです。



f0032021_1930369.jpg



他にも、一口サイズのサンドイッチも
どれも一工夫あってとても美味しいです。
レモンケーキも。

そして何より、美しい内装、
旨いコーヒーと軽食、
クラシックが流れ、静かに読書ができる
空間は、
理想的な純喫茶です。

個人的にはタバコが吸えたらば、
完璧です。

鎌倉らしい、
静寂を味わえる空間ですので、
おしゃべりを大きな声でするには、
向いていません。

そのかわり、
静寂と美しい空間、
美味しいケーキと珈琲が味わえます。




f0032021_193168.jpg




営業時間・10:00~16:00

定休日・月曜・火曜



神奈川県鎌倉市小町1-10-23



「ヲガタ」


鎌倉駅西口からすぐです。
木の看板が目印です。

階段を上がった2Fにある
落ち着いた空間。

美味しいコーヒーと小豆を
ゆっくりと味わうなら
ヲガタさんです。


「一品」

煮小豆セット


一押しは、小豆です。

美味しい
和菓子屋さんがひしめき合う
鎌倉でも、温かい
ふっくら小豆は貴重です。


シンプルながら、
絶妙な食感と甘味です。

白玉を足すと、最高ですよ。


ロールケーキ十勝小豆と
迷うところですが、
小豆と白玉なら。

因みに、ロールケーキは甘さを抑えて
あるので、小豆の味が味わえますよ。



f0032021_19331755.jpg



和系の楽しいカップでだしてくれます。

自家焙煎のコーヒーは、
スッキリと透明感のある
美味しさです。

回転率重視の
忙しないところと違い、
大人の空間ながら、
ホット一息をつけます。


営業時間・9:00~19:00

定休日 ・木曜日



神奈川県鎌倉市御成町11-3 2F




「鎌倉館」


鎌倉駅東口からまっすぐに
行くとカルディーが見えてきて、そこから
上を見上げると
鎌倉館が2階にあります。


常連さんが集うなごみ系純喫茶です。

なんだかんだ、本を珈琲と共に
読みたいときには、
鎌倉館さんにお邪魔します。


f0032021_19394180.jpg



趣のある空間、適度にほっといてくれて、
親しみやすいママさんとマスター。

美味しい珈琲。
(珈琲は鎌倉館さんが特に好みです。)

窓際の席からは行き交う人々を眺められ、
タバコが吸えて、
軽食もケーキもあります。

ふと立ち寄れる気軽さと、
大声でしゃべる輩も
下世話な話を永遠としている人もいなくて、

落ち着いて、自分の時間を過ごせる場所は、
ありそうでない
貴重な貴重なところなのです。


営業時間・8:00~19:00

定休日・無休


神奈川県鎌倉市小町1-5-27



「喫茶吉野」


北鎌倉駅東慶寺の入り口の横に
趣のある美しい建物があります。

中に入れば、更に美しい和洋折衷の空間が
広がります。

席と席の間、空間のとり方、仕切りのとり方が
日本的で抜けがあり、
艶もある絶妙さです。

f0032021_19533045.jpg

f0032021_19534026.jpg



「一品」

フルーツケーキ。

何と行っても、旨いコーヒーには
ブランデーケーキが最高の組み合わせです。

スッキリと苦くこくのあるコーヒーを邪魔するどころか
引き立てるような適度な甘みと
フルーツとリキュールの酸味。

オレンジ香る上品なケーキは逸品です。

適度な量は、どの時間帯にも邪魔をしないので、
いつでも食べたいケーキです。


f0032021_19591138.jpg
f0032021_19593627.jpg

f0032021_200274.jpg



北鎌倉のように
静けさがよく似合う喫茶店ですので、
おしゃべりを楽しむというよりは、
クラシックと旨い珈琲とケーキと空間を
楽しむ場所です。


上質な時を味わえます。


営業時間
10:00~16:30


定休日・不定休


f0032021_2071167.jpg

by sittemasuka | 2019-01-26 20:07 | 純喫茶探訪

革の宝石ルガトー・長財布・時を刻む革小物Many CHOICE

ベルギーの名門タンナーマシュア社で
鞣されている、フルタンニンレザー
革の宝石ルガトーの紺を使った、
長財布を制作しました。



{可動式・定番長財布}


定番長財布は、コインケース部分裏側が
可動式になっているので、お札の出し入れがスムーズです。

お札を入れるところは3っつ。

カードは最低限の4枚にし、余計ねものを入れないことで、
掃除がしやすく、清潔に保てます。


今回のルガトーも残り僅かです。


革の宝石ルガトー・長財布(紺)



f0032021_15513899.jpg
f0032021_15514633.jpg
f0032021_15515524.jpg
f0032021_1552276.jpg
f0032021_1552945.jpg




ルガトーは”革の宝石”と呼ばれている牛ヌメ革です。
タンニンで鞣す伝統的製法で作られ、ショルダーならではのトラ目と
深く透明感のある染色が特徴です。
ひとつひとつ異なる模様が個性となり、
使い込むほどに独特の味わいを増し、深みのある上質なつやがあります。
質感はしっとり張りがあり、繊維がみつで、
しっとりなめらかな、極上の肌触りです。

しかも、トラ(肩のシワの部分)は染料の色が鮮やかで、
光の加減や、時間帯によって、角度によって、色の印象が、全然違います。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-01-24 15:52 | レザー作品

ブッテーロ・プエブロ・ミネルバリスシオなどの経年変化レポート

世界最高峰のバケッタレザーが集まるイタリアは
トスカーナ州のタンナー。


私のところで扱っているバケッタレザーは、

ブッテーロのワルピエ社

ミネルバリスシオ・プエブロ・ハバナの
バダラッシカルロ社

エルバマット・
イタリアンヴィンテージバケッタの
テンペスティー社

アリゾナ・
イタリアンオイルバケッタのブレターニャ社

です。


タンニンなめしとの違いは、
たっぷりのオイルのおかげで、
しっとりとみずみずしく
経年変化をしていくところです。

そしてなんといっても、
各タンナーの個性からなる、質感と美しい色合いです。


今回はその中から、

ワルピエのブッテーロ(葡萄酒とグリーン)

プエブロ(ショコラ・ネイビー・グリージオ)

イタリアンヴィンテージバケッタ(コニャック)

ミネルバリスシオ(ショコラ)の経年変化レポートです。


f0032021_14335251.jpg

f0032021_1434165.jpg



ブッテーロ・ブックカバー・グリーンの新品


f0032021_14332857.jpg



ブッテーロ・ブックカバー・グリーンの使用2ヶ月

f0032021_14351995.jpg

f0032021_14352719.jpg



ブッテーロ・長財布2・
葡萄酒3年ほど


f0032021_14354039.jpg
f0032021_14354968.jpg



プエブロ・巻きたばこケース・グリージオ


f0032021_14361094.jpg




プエブロ・コインキャッチャー財布・ネイビー


f0032021_14363030.jpg




プエブロ・2本差しペンケース・ショコラ



f0032021_1436585.jpg




ミネルバリスシオ・ジョッター・ショコラ


f0032021_14373644.jpg



イタリアンヴィンテージバケッタ・カードケース
コニャック


f0032021_14382757.jpg




新参の
ブッテーロ・グリーンの美しい経年変化を
中心に、
グリーン以外は、急激な経年変化を終え、
熟成期に入り、
ゆっくりと徐々に徐々に歳を重ねています。


使用者だけがわかる程の日々の美しい変化です。




ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)


鎌倉・湘南・横浜などのポータルサイト
です。

https://shonan.storeinfo.jp/




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-01-21 14:46 | 革の経年変化とお手入れ

革の宝石ルガトー・長財布2・時を刻む革小物Many CHOICE

ベルギーの名門タンナーマシュア社で
生産されている、
革の宝石ルガトーの紺を使った、長財布2を
制作しました。


{シンプルにお札を入れる}


長財布2は、お札を入れるためのお財布です。

たっぷりと出し入れしやすく。


マチがたっぷりあるので、100万円以上入ります。
ポケットは2つ。

カードは最低限の4枚
にして、余計なものを入れず、掃除をしやすくしています。

小銭も入れることができます。


私は、この長財布にお札。
小銭はコインキャッチャーで使っています。



革の宝石ルガトー・長財布2(紺)


f0032021_12181671.jpg

f0032021_12182394.jpg

f0032021_1218385.jpg

f0032021_12185290.jpg
f0032021_12185920.jpg




ルガトーは”革の宝石”と呼ばれている牛ヌメ革です。
タンニンで鞣す伝統的製法で作られ、ショルダーならではのトラ目と
深く透明感のある染色が特徴です。
ひとつひとつ異なる模様が個性となり、
使い込むほどに独特の味わいを増し、深みのある上質なつやがあります。
質感はしっとり張りがあり、繊維がみつで、
しっとりなめらかな、極上の肌触りです。

しかも、トラ(肩のシワの部分)は染料の色が鮮やかで、
光の加減や、時間帯によって、角度によって、色の印象が、全然違います。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-01-19 12:19 | レザー作品

革の宝石ルガトー入荷です。ブックカバーとキーケース

ベルギーの名門タンナーマシュア社で
生産されている、
革の宝石ルガトーの紺を入荷しました。

それと共にブックカバーとキーケースを
制作しました。


{読書と手触り}

ブックカバーは、文庫本サイズのシンプルなものです。

ルガトーの美しい艶と、トラ目と
手触りが読書を楽しくしてくれると思います。


MDノートブックコットン(文庫本サイズ)のカバーとしても
私は使っています。



{つぎ目のないカギを握る}


キーケースは、外側に金具が来ないので、
革の手触りを楽しんでもらえます。

内側は、フラット構造で鍵が落ちにくいように
スリットを入れてあります。


f0032021_15833100.jpg



革の宝石ルガトー・ブックカバー(紺)



f0032021_1584376.jpg

f0032021_1585085.jpg

f0032021_1585837.jpg

f0032021_159553.jpg



革の宝石ルガトー・キーケース(紺)


f0032021_1594154.jpg

f0032021_1595017.jpg





ルガトーは”革の宝石”と呼ばれている牛ヌメ革です。
タンニンで鞣す伝統的製法で作られ、ショルダーならではのトラ目と
深く透明感のある染色が特徴です。
ひとつひとつ異なる模様が個性となり、
使い込むほどに独特の味わいを増し、深みのある上質なつやがあります。
質感はしっとり張りがあり、繊維がみつで、
しっとりなめらかな、極上の肌触りです。

しかも、トラ(肩のシワの部分)は染料の色が鮮やかで、
光の加減や、時間帯によって、角度によって、色の印象が、全然違います。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-01-16 15:10 | レザー作品

「日本の心」小泉八雲さんの本~日本人がなくしたもの。

ここ数年気にかかっていることがありました。
なぜ日本は物質的には豊かであるはずなのに、
貧しく、町や壁は張りぼてで、
ロボットが作ったような量産品や
偽物が溢れ、心に暇がなくなってしまったのかを。


そして、日本人が本来持っている
美意識や生き方が、
形だけのものになり、
真心が薄らぎ、
誇りや自信をどの時点で失ってしまったのかを
探していました。

古書店で見つけた「日本の心」にその一端を
見つけた気がします。


「日本」というだけで、どちらかに偏っているような
印象があるかもしれませんが、そんな要素はなく、
不自然な日本賛美でもありません。

外国人が見た日本を外国人に向けて書かれた本で、
西洋と比較して日本を描き出している本です。


内容量が多く、まるで違う国の本を読んだような
衝撃とやっぱりそうか!という
確認もできました。


f0032021_034993.jpg




黒船がやってきて、日本人が守ろうと捨てたもの。

物質の豊かさと引き換えに、
失われた数々の「美」や心の豊かさと細やかさ。


現在置かれている、伽藍堂(がらんどう)の教育と
西洋の資本主義社会のシステムに抑圧されている
日本人の考え方やものの見方や
捉え方。


そして何よりも、ずーと感じてきたことですが、
日本人の誇りは、志や自分以外の人や社会のために
生きる「仕事」をすることで初めて持てるのだと
思います。

(「仕事」はお金を稼ぐビジネスではなく、
社会の中での役割を果たすとことだと思います。)


競争社会ではなく、めんどくさいことは
多々あっても助け合いの社会であり、

今のように、俺が俺がではなくて
自分だけが得をするようにではなくて、
小細工やシステムを操る悪知恵ではなくて、

自らに恥じない生き方だと思います。


物事は表裏一体で、自分に都合の良いことだけを
小狡い手や楽をして、手に入れることが
幸せな生き方ではないと思います。


仕合わせは、良いことも悪いことも
受け入れて、もがきながら生きていくことだと思います。



私も含めどこに行ってしまったのかも
わからない「日本の心」の断片は、

形式だけでも色々な風習、行事、慣例、仕来り、
そして何よりも歴史の中に眠っていると思います。


そのまま過去のようにではなく、
今再構築しないと、手遅れになって
しまう気がします。

出発点は、現状の良い面と悪い面とを
そのまましっかりと見ることからだと思います。

そのためには、知識が必要不可欠です。


堅い文章になってしまいましたが、
伸びやかで豊かな日本人や文化が
色とりどりに描かれているので、
機会があれば読んでみてください。

大切なことが書いてあります。



f0032021_0342717.jpg

by sittemasuka | 2019-01-15 16:30 | お気に入りの良い物・本

イタリアンハウスドレミ (平塚駅)(洋食)と洋食エイト・長く続けてほしいお店 oishii

しがらみなしの本当におすすめのお店の紹介です。
純粋に美味しいと感じた、
個人的なものですので、あしからず。

「イタリアンハウスドレミ 」


平塚駅南口から、徒歩7分ほどです。

看板や外観は、
「ここのお店は、
居心地が良くて旨い店」だと
言っているようです。

内装は純喫茶のようで、
多国籍なお酒の瓶や、
絵画が飾られていて、
とてもぐっときます。




「一品」


ビーフシチュー


濃厚ながら、サラッとした旨味のある
デミグラスソースです。

野菜にも味が染み込んでいて、
ご飯にとても良く合います。
ビーフももちろんとろっと旨いんです。


f0032021_154314.jpg




「一品」


アサリグラタン
ベシャメルソースとシーフードは、
良く合うんです。

なめらかなベシャメルソースというより、
クリームコロッケの中身のような、
少しザラッとした
ベシャメルソースなので、
中に隠れているスパゲッティーと
アサリとよく絡んで、
間違いなく旨いです。




f0032021_15432494.jpg




センスが良く居心地のいいお店。

笑顔が地顔になっているような
素敵なオーナーのファンも
多いお店だと思います。
看板メニューのピザも、
サクサクでおすすめです。


f0032021_15441690.jpg




営業時間

12:00~21:00

日曜営業

定休日・木曜日



神奈川県平塚市桃浜町2-21




平塚駅北口から、
8分程歩くと、
洋食エイトの看板と暖簾。

この店構えを見ただけで、
旨い店の匂いがします。

開店前から、お客さんがいて、
続々とお客さんが
やってきていました。




「一品」


ポークジンジャー


外側はカリッと内側は箸で切れる程
ホロホロの豚の角煮のような硬さで、
とてもジューシーな肉の旨味がします。


ジンジャーは控えめで、肉の味を
楽しめる一品です。


f0032021_15464493.jpg




「一品」


ハンバーグと名作カニコロ


ハンバーグはジューシーで牛100%です。
デミグラスソースの味が
濃厚というよりは、
肉の味と食感をダイレクトに
味わえる一品です。


名作カニコロは、蟹の旨味が濃厚で、
少し固めのベシャメルソース、
外側はカリッとジュージーな
一品です。


f0032021_15483070.jpg





旨い洋食屋さんは、
サラダや食前のスープも
旨いです。

今回はかぼちゃのスープでしたが、
スープを飲んだ瞬間、
旨い洋食を食べられると、
確信できました。






営業時間 

11:30-14:30

17:30-21:00

神奈川県平塚市宮の前7−5
by sittemasuka | 2019-01-14 15:51 | 長く続けてほしい旨いお店。