厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(371)
(248)
(193)
(154)
(125)
(115)
(97)
(95)
(88)
(77)
(63)
(62)
(52)
(52)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

2019年8月26日~10月..
at 2019-08-26 16:53
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-21 16:08
セミオーダーやみつきエルクの..
at 2019-08-15 16:37
やみつきエルクスキン・ミニマ..
at 2019-08-13 16:19
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2019-08-02 15:18

記事ランキング

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

タグ:エイジング ( 12 ) タグの人気記事

イタリアンバケッタレザー。エルバマット・グリーンアップル・経年変化1ヶ月

世界最高の革を鞣すタンナーが集まる・イタリアはトスカーナ州で生産されている、
バケッタレザー
エルバマットのグリーンアップルの
エイジング(経年変化)レポートです。

まだ1ヶ月ですが、とてもいい感じです。



f0032021_1881534.jpg



エルバマット・コンパクト2つ折り財布(グリーンアップル) 
新品


f0032021_1873597.jpg




使用1ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_18252484.jpg

f0032021_1884691.jpg




色も濃淡が出てきて、艶も質感も美しくなってきました。


エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-08-07 18:10 | 革の経年変化とお手入れ

イタリアンバケッタレザー・エルバマット・オイルバケッタ・プエブロ・ブッテーロ・アリゾナの経年変化

世界最高の革を鞣すタンナーが集まる・イタリアはトスカーナ州で生産されている、
バケッタレザー
エルバマット・オイルバケッタ・プエブロ・ブッテーロ・アリゾナの
エイジング(経年変化)レポートです。


エルバマット・マネークリップ(ミモザ) 新品

f0032021_1665264.jpg



使用5ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_168479.jpg





エルバマット・ジョッターケース(オリーブ) 新品


f0032021_1683789.jpg




使用5ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_1691691.jpg





イタリアンオイルバケッタレザー・キーケース(マラカイト) 新品


f0032021_1695364.jpg





使用5ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_16103678.jpg



アリゾナ(ウィスキー) 新品

f0032021_16191667.jpg



使用数年(毎日の使用ではありません。)



f0032021_1620834.jpg

f0032021_1632643.jpg




プエブロ(コッチネラ) 新品


f0032021_16124066.jpg




使用10ヶ月(毎日の使用ではありません。)



f0032021_1613198.jpg





プエブロ(オルテシア) 新品



f0032021_16134930.jpg





使用10ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_1615423.jpg




ブッテーロ(紺) 新品


f0032021_16154198.jpg





使用1年3ヶ月(毎日の使用ではありません。)


f0032021_16162739.jpg




ブッテーロ(葡萄酒) 新品


f0032021_16173751.jpg




使用1年1ヶ月(毎日の使用ではありません。)

f0032021_1710080.jpg


f0032021_1710876.jpg



写真では、なかなか撮るのは難しいですが、
どのバケッタレザーもそれぞれの成長の仕方で、
新品よりも遥かに美しく成長していっています。








エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-07-10 16:23 | 革の経年変化とお手入れ

イタリアンバケッタレザー・エルバマット・エイジングレポート3ヶ月

世界最高のタンニンなめしの革を鞣すタンナーが集まる、イタリアは、トスカーナ州で生産される、
最高峰バケッタレザー・「エルバマット」と
「イタリアンオイルバケッタレザー」の3ヶ月目のレポート(エルバマット)と
4ヶ月目の経年変化レポート(イタリアンオイルバケッタレザー)です。



f0032021_15545192.jpg





エルバマット・マネークリップ(ミモザ) 新品
f0032021_15532579.jpg



使用3ヶ月


f0032021_15552659.jpg






エルバマット・ジョッターケース(オリーブ) 新品


f0032021_15563484.jpg





使用3ヶ月


f0032021_15571633.jpg

f0032021_15572880.jpg






イタリアンオイルバケッタレザー・キーケース(マラカイト) 新品


f0032021_15582712.jpg




使用4ヶ月


f0032021_1559158.jpg



f0032021_1559848.jpg




前回より更に美しい艶をまとってきました。



エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。


「イタリアンオイルバケッタ」は、

イタリアのトスカーナ州でなめされた
フルベジタブルタンニン鞣しオイルドレザーです。


古代イタリアトスカーナ地方に伝わる製革法「バケッタ」による
たっぷりのオイルでじっくり時間をかけた、丁寧な鞣しにより、

しっとりした重量感と透明度の高い自然なムラ感のある染色が美しく、

フルベジタブルならではの透明感のある艶上がりエイジングをしていきます。


アルプスの自然に育てられた放牧の雄牛の原皮を使用。
特に上質なショルダーのみを使用しています。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-05-27 16:01 | 革の経年変化とお手入れ

イタリアンオイルバケッタレザー・エルバマットのエイジング(経年変化)

ブッテーロとプエブロと肩を並べる、イタリアンバケッタレザーの最高峰・
エルバマットの経年変化と
「イタリアンバケッタレザー」のエイジングレポートです。


まだ2ヶ月なので、劇的な変化ではありませんが、
美しい艶と質感の変化を起こしています。


エルバマット(ミモザ)を使って制作したマネークリップは、
しっとりとした質感はそのままに、
そこにハリが出てきています。

上質な艶と茶色っぽく色の変化もしてきました。

このムラ感がとても好きな革です。



新品
f0032021_16254551.jpg



使用2ヶ月
f0032021_16261997.jpg


f0032021_16262888.jpg






エルバマットのオリーブを使ったジョッターケースも、美しい艶をまとってきています。


新品
f0032021_16271121.jpg




使用2ヶ月


f0032021_16272655.jpg

f0032021_16273262.jpg






「イタリアンバケッタレザー」は、前回よりも艶がまし、少しやわらかくなりました。

ゆっくりと熟成をしていくエイジングです。


新品
f0032021_16293014.jpg




使用2ヶ月

f0032021_16295151.jpg

f0032021_16295825.jpg





さすが、イタリアンバケッタレザーは、上質さ、美しさ、経年変化どれをとっても、一級品です。

どちらかといえば、エルバマットがおすすめです。







エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2017-04-19 16:45 | 革の経年変化とお手入れ

新革です。イタリアンオイルバケッタ(マラカイト)入荷です。

迷いに迷い今年の新しい革の一つが決まりました。
「イタリアンオイルバケッタ」です。


f0032021_1617551.jpg




「イタリアンオイルバケッタ」は、

イタリアのトスカーナ州でなめされた
フルベジタブルタンニン鞣しオイルドレザーです。


古代イタリアトスカーナ地方に伝わる製革法「バケッタ」による
たっぷりのオイルでじっくり時間をかけた、丁寧な鞣しにより、

しっとりした重量感と透明度の高い自然なムラ感のある染色が美しく、

フルベジタブルならではの透明感のある艶上がりエイジングをしていきます。


アルプスの自然に育てられた放牧の雄牛の原皮を使用。
特に上質なショルダーのみを使用しています。






「色」
緑(マラカイト)写真では緑味がなかなか出ませんが、深く美しい緑です。

100%タンニンなめし・染料仕上げ。


f0032021_16183167.jpg
f0032021_16183832.jpg




まだ、三週間ぐらいですが、美しい艶が出てきています。

写真よりも、緑味が美しい革です。


新品


f0032021_16214625.jpg



使用3週間


f0032021_16204180.jpg

f0032021_16204944.jpg

手にしてもらえば、すぐに上質な革だと分かっていただけると思います。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ
by sittemasuka | 2017-02-07 16:23 | 使用皮革

ミナを着て旅に出よう。(本)味わいを増していくものたち。

色々な面白い本を読んでいるのですが、読んだ直後に感想を書く時間がなかったので、久しぶりです。

最近良く読んでいるジャンルは、小手先のビジネステクニックではなくて、大切にしていることや、
姿勢が書いてある本です。
そして、
どうやって、伝えたいことを広げていくかです。


なかなか、ビジネステクニック本ばかりで、本当に知りたい「何を大切にしているのか」を書いている本は、見つけるには、時間がかかります。




前置きが長くなりましたが、その中の1冊「ミナを着て旅にでよう」(ミナ ペルホネン)です。

残念ながら、ミナ ペルホネンを着たことがないので、深く読むことはできませんでしたので、

細かなニュアンスは違いますが、最近読んだ本(人)にも共通することを簡単にですが、書きます。




書かれている事は、とてもシンプルです。


続けること。


流行ではなく、スタイルを目指す。

使い捨てではなく、長く使えるもの・サービス。

型にはまらず、自分で考えて行動する。

色々な関係のないことのように思える体験が、後に物づくりなどに役立つ。

短期的な成果(テクニック)を求めるのではなく、長期的なビジョンを持つ。

最初からうまくいくと考えずに、うまくいったら儲けもの。

表面的なことを真似しても短期的な成果しか出ず、やがて廃れゆき、本当は持っている自分の個性や
作れるものを作れなくなる。

残念ながら、海外のように、長く続くブランドが日本になかなかできないのは、
短期的な視野、成果、テクニック(パクリ)で終わり、ビジョンが欠けていること。



最近、(私もですが、)自分で作ったものを販売する方々が、とても増えましたが残念なことに、
自分が作りたい物、届けたいものではなくて、
多くは、売れるもの、お金になるものに重点が置かれ、
マーケットは売り方のテクニックを紹介し、
メディアでは、「物づくり」が「副業」のように宣伝されているように思います。


長く使えるものを作らず、使い捨てと流行のサイクルの中で、物づくりが下請けや副業と化している現状は、
消費する側の立場にたっても、誇りや情熱を感じられず、クオリティーの低下を感じます。

街の中が売れ筋で溢れ、買い物をする楽しみが、人に見せるためや、その場しのぎの、
ちょっとめんどくさいものになっているように思えます。


買い物は、自分やプレゼントする相手の生活を豊かにするためのものだと思います。

諦めずに探すと、本のようにしっかりと情熱と姿勢がある作品に出会えます。

疲れ果てて探した先に、美しいものに出会えた時、救われた気持ちになります。
素敵な作品を作っている人がいてくれることに。

そういうものは、ひっそりと何処かにあって、探していると引力のように巡り会えます。
そして、手間をかけながら、生活に馴染んでいく過程で、新品よりも美しく共に成長していける物です。


もう少し美しい作品が、世に出てくれると、
買い物の楽しさを、人との出会いのように感じられると思います。

便利で、その場しのぎの使い捨てではなく、
手入れをしながら共に生活をしていけるものの楽しさが、
やがて文化となり、生活を豊かにしてくれると思います。


それが、丁寧に生きることに繋がると思います。


本とは、関係のないことのようですが、そこまでずれてはいないように思います。

ミナの服を一着は着てみたいと思いました。


f0032021_19551051.jpg

by sittemasuka | 2016-10-20 19:49 | お気に入りの良い物・本

久しぶりのイタリアの実力派の靴・味わいを増していく者達

相方の革靴をさがすため、いろいろな店をさまよい歩いていて、出会ってしまいました。
ぐっとくる靴のファクトリー。

そして、
プレミアータウォモ以来のイタリアの美しい革靴を買ってしましました。

革製品は靴以外はすべて自分のものを使っているのですが、


革のケアや対策、作りを見る上でと理由をつけて、つい買ってしまう革靴。
自分で作っているものと違い、出処や鞣しがわからない靴を買う上で、頼りになるのは
手触り、履き心地、直感、作り、ファクトリーの姿勢です。

惚れ込んだのは、まず、ソールの堅牢で美しい作りと美しい形、部位により違うレザーを使っているデザイン性です。

クラシックで今の雰囲気がある革靴です。

今後この靴には、過保護にせずいろいろな場面で活躍してもらおうと思っています。


今回は、初心に戻って【TAPIR タピール】フレーゲクリームでケアしていこうと
思います。

この靴で1日歩いてきたのですが、足首部分が、柔らかい革のためどこにもストレスがかからず、
イタリアならではの、クビレとソールのしなりが懐かしく、スニーカーよりも歩きやすい靴でした。

早速1度【TAPIR タピール】フレーゲクリーム(ニュートラル)で、
ブラシ・フレーゲ・ブラシ(30分放置)・ブラシ・布・水拭き・乾拭き。ブラシ・ストッキングの手順で磨いてあげると、タピールらしく優しい仕上がりになりました。

あとは、店頭で手に入らなかった、レーダーバルサムか、現在革小物に使用している、
レーダーフィットで磨くか考え中です。


こうして悩んでいる時も楽しい時間です。


f0032021_1852550.jpg


f0032021_185361.jpg





自分の革小物は、オイルケアは全くしません。

毎日ブラッシングと水拭き、乾拭き、ストッキングで磨くだけです。
清潔さを保つのが最良で、あとはいい革であるならば、自らの油と、手で撫でる油だけで、美しいエイジングをします。

多すぎるオイルは、百害あって一利なしなのは、手触りと美しい光沢でわかります。

革靴の場合
使うたびに、汗がシミ、日焼けによる乾燥、可動部に負担がかかり、
ホコリや汚れなどがつきやすい革靴には、
違うケアが必要なのかもためしてみることにします。

f0032021_18122097.jpg

by sittemasuka | 2016-10-14 18:13 | お気に入りの良い物・本

オールデン・シェルコードバン(バーガンディ)のエイジング2年・味わいを増していく者達

なかなか撮影する機会がなく、あげていなかったオールデンUチップ・シェルコードバン(バーガンディ)の靴が2年たち、味わいを増してきたので、紹介します。


一人旅をしていた頃、プレミアータウォモの靴それぞれ5年6年3年の靴がタスマニアでキャンプしていた頃に、テントごと水没して、カビが生えてしまったあまりにショックな出来事以来、
あまりいい靴は買わなかったのですが、
やはり本物を履きたいと思って買ったのが、オールデンの靴です。



今回のオールデンのシェルコードバンは、クロムエクセルも鞣す、アメリカのホーウィン社製のものです。
染料仕上げのため、色の変化を楽しめます。



安いコードバンは、名ばかりでしっかりと鞣されておらず、そのため顔料をベタッと塗ってしまっている悲しいものも少なくありません。



ケアは、モブレイ・ステインインリームーバー
馬毛ブラシ(クリーム用)馬毛ブラシ(ホコリ用)馬毛ペネトレイトブラシ(クリーム用)
クリームは、モブレイ・アンカーニーフオイルだったり、kiwiのコードバン用バーガンディ
気分によって変えています。


気分によってはkiwiパレードクロスも使います。

あとはガラス(毛を倒す用)と布とストッキングと指で磨いていきます。



いい感じにシワが寄ってきています。

f0032021_1524815.jpg



f0032021_15241838.jpg


この色むらも堪りません。

f0032021_15243832.jpg



【TAPIR タピール】フレーゲクリーム

で磨くと更にナチュラルに。

f0032021_17403255.jpg


f0032021_17404247.jpg



いつもオールデンを履くときは、靴のレインカバーを携帯しています。

財布などを守る、登山用の防水カバーもいつも持っているので、カバーだらけです。


履いてみるとわかる上質な履き心地といやらしくないツヤ。

頑丈な作り、数十年も育てていける楽しみのある靴です。

革小物同様、いい革を手入れしていくのはとてもいい時間です。
手間をかけただけ、美しく育っていきます。

やはり、いい靴は2年経って自分のものになり、真価がわかります。


一度は履いてほしい靴です。



素晴らしい革や作りが、量産やコストカットにより、品質がおちてしまっているブランドが
最近多々ありますが、オールデンは輝いています。


クロムエクセルに関しては、品質が落ちてきているような気がしますので、仕入れは現在のところ検討中です。


時代を超えて、定番になるものをいつか作れたらと、日々精進しています。


また最近、ぐっと来た靴を発見したので、最近そわそわしています。
by sittemasuka | 2016-10-09 15:35 | お気に入りの良い物・本

根本幸一さんと堂本正樹さんの美しい器・味わいを増していく物達

山道具以外で、
ここ数ヶ月に買った、色々な器のななから、お気に入りを紹介します。

特に何度も買っている作家さん、根本幸一さんと堂本正樹さんの器です。

日常に寄り添い、さり気なく彩りと上質さを与えてくれます。



f0032021_1551447.jpg

根本幸一さんのマグカップ。、

結晶釉に青白釉を上掛けした肌の仕上がりは、シックなアイボリー調で、なとも言えない青色がとても美しく、
丸みと持ちてのシャープさと持ちやすさが絶妙で、口当たりも質感もお気に入りです。

形違いで2個目です。
f0032021_15512060.jpg
f0032021_1551369.jpg


こちらも形違いで買った、多様碗です。
大きさが普通の茶碗より大きいので、お茶漬けや、小さな丼物にも、麺をいれたり、小鉢としても活躍してくれます。

外側は、マグカップ同様シックなアイボリー調で、色々な優しい色味が溶け合っています。
質感は、ザラッとサラッとの中間で心地よく、
内側はツルッと大胆に結晶釉が模様を描いています。

片手でも持てて、土台の粉引のザラッと感が味わえます。
持ったときの質感と色味がとても気に入っています。
f0032021_15592146.jpg

f0032021_15592949.jpg




f0032021_1644077.jpg

堂本正樹の作品は、昔ながらの伝統釉を使い、信楽特有の土の存在感があり、

現代的でシンプルな形と色合いが気に入っています。
和にも洋にもすっと溶け込むのは、根本さん同様で、あまり考えなしに、もっても絵になります。


梅鉢は美しい曲線と、カラメルの釉薬の濃淡とが美しく、色がある料理でもない料理でも、引き立ててくれる
小鉢です。
気がつけば、小鉢はこればかりを使っています。
f0032021_164273.jpg



正角洋皿は、写真では薄くなってしまいましたが、美しい紫色です。
釉薬がたまっているところの濃淡と大きさ形がお気に入りです。

練り菓子でもケーキでも副菜でも何でも、色味が喧嘩せず、引き立ててくれる皿です。

f0032021_1616582.jpg



私は、盛り付けのセンスがないので、ざっくりと盛って、絵になるような皿が好きです。
根本幸一さんと堂本正樹さんの器は、美しい色味と濃淡、シンプルだけど新鮮な形。

そして、手から伝わる質感がとても気に入っています。


革小物のように、手から伝わる質感、ちょっとした使い心地の良さ、美しい色味。
そして、日常で磨かれてゆき、新品よりも美しくなっていくものが好きです。

使い捨てでは得られない愛着がもてるものは、物を大切にする心と、
些細な丁寧さが自然と身についていくように思います。


そのちょっとした積み重ねが、とても大切だと思います。




長く使っているものは、革小物のように、それぞれ違う経年変化を見せてくれます。
まるでその人の姿勢や日々を映しているようです。
by sittemasuka | 2016-09-26 16:27 | お気に入りの良い物・本

イタリアンレザー・帝王ブッテーロ・エイジング・葡萄酒と紺・時を刻む革小物

前回の続きです。

ブッテーロの長財布(葡萄酒)と巻きたばこーケース(紺)のエイジングレポートです。

この前から、1ヶ月後なので、そこまで大きな変化はありません。

実物は、写真の数倍美しいです。


ブッテーロ(葡萄酒)

新品

f0032021_13464134.jpg
f0032021_13465285.jpg



使用2ヶ月
f0032021_13473779.jpg

f0032021_13472418.jpg

f0032021_13482016.jpg




ブッテーロ(紺)

新品

f0032021_13491364.jpg
f0032021_13492357.jpg




使用3ヶ月半

f0032021_13495117.jpg
f0032021_1350046.jpg
f0032021_1350996.jpg





あくまで、一例ですので、実際にはそれぞれの方の使い方で、全然違いますし、
実際に使っている本人だけがわかる変化の方がはるかに多いので、
参考にしていただければと、思います。

Many CHOICE




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<


おまけなんですが、趣味の料理を載せました。
Cpicon 秘伝!簡単ドライトマト・バルサミコペンネ by ウルシ

#ブッテーロ #ルガトー #アリゾナ #クロムエクセル #ブライドルレザー #鹿革 #財布 #革小物 #タンニンなめし #エイジング #手縫い
by sittemasuka | 2016-08-16 13:51 | 革の経年変化とお手入れ