厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
バケッタレザーとは?
使用皮革
革のエイジングとお手入れ
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(339)
(239)
(190)
(149)
(103)
(92)
(90)
(87)
(81)
(67)
(61)
(56)
(50)
(44)
(42)
(42)
(34)
(33)
(30)
(29)

最新の記事

イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-20 15:57
イタリアンレザー・プエブロ・..
at 2018-11-18 16:30
イタリアンレザー・ブッテーロ..
at 2018-11-14 15:05
チーク無垢材のローテーブル・..
at 2018-11-12 12:49
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2018-11-10 15:23

記事ランキング

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
アーティスト

ファン

タグ:キーケース ( 103 ) タグの人気記事

イタリアンレザー・ミネルバリスシオ・コンパクト2つ折り財布と2本差しペンケース・時を刻む革小物

今回は、イタリアはトスカーナのバダラッシカルロ社で生産される
イタリアンバケッタレザー
ミネルバリスシオのショコラをを使用した、
コンパクト2つ折り財布と2本差しペンケースを制作しました。


{山と街をつなぐ}

コンパクト2つ折り財布は、
サイズは、10cm×11.5cm(閉じた時)で、

ポケットに収納可能です。



登山に最低限必要な

保険証・お札・小銭・ICカードを

収納可能です。



小銭入れ部分はしっかりとホックで留められ、

ICカードは改札を通る際、財布から出さず、そのままタッチして通れます。

カードも複数収納でき、

お札の幅は、大きめなので、海外のお札も収納可能です。

小銭入れ部分は両端を押すと、大きく開きます。



{少数精鋭}

2本差しペンケースの基本は3本差しペンケース同様です。

蓋物ないので、革が馴染めば出し入れがスムーズです。

筆記の際、ペン置きにもできるので、ザラザラしたところでも
安心してペンが置けます。

万年筆の太いサイズも入ります。


写真のペンの太い方は、
ファーバーカステルエモーション(万年筆)です。

長さ:約138mm(収納時)

最大胴軸径:約14.4mmφ キャップ径:約16.8mmφ(クリップを除く)

です。

3本差しペンケースもサイズは同様ですので、
2本差しと同じように万年筆も収納可能です。



f0032021_14322957.jpg




イタリアンバケッタ・ミネルバリスシオ・革新のプエブロ・コンパクト2つ折り財布(ショコラ)


f0032021_14333195.jpg

f0032021_1433417.jpg

f0032021_14335286.jpg
f0032021_1434159.jpg




イタリアンバケッタ・ミネルバリスシオ・2本差しペンケース(ショコラ)


f0032021_14341698.jpg
f0032021_14342976.jpg
f0032021_14344163.jpg




「ミネルバ・リスシオ」は、プエブロ・ミネルバボックスのもととなる革で、

イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法
(タンニン鞣し)で鞣されています。


ベジタブルタンニンベースに牛脂を加える、
古来のバケッタ製法を 駆使出来る唯一のタンナーです。

牛脂は革に浸透するのに、時間とコストがかかりますが、
一度浸透するとオイルが抜けず、
ほぼ永久に潤いと艶のある革質を味わえます。

リスシオ(Liscio)はイタリア語で「滑らか」という意味です。
名前が示すとおり、
滑らかで、吸い付くような質感。美しい色合い。

想像を超える劇的なエイジングを生みます。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-10-23 14:35 | レザー作品 | Trackback

イタリアンレザー・プエブロ・イタリアンオイルバケッタ・キーケース・時を刻む革小物Mnay CHOICE

今回は、イタリアのトスカーナ州で鞣される
最高級バケッタレザー

プエブロのネイビーとショコラを使った、
キーケースと

イタリアンオイルバケッタレザー・マラカイトを
使ったキーケースを制作しました。


{つぎ目のないカギを握る}

キーケースは金具が外側にこないので
革の握り心地を楽しめます。

内側はフラットで鍵がはみ出しにくいように
スリットをいれてあります。


f0032021_1534337.jpg




イタリアンレザー・革新のプエブロ・キーケース(ネイビー×ショコラ)

f0032021_1535625.jpg

f0032021_15352073.jpg



イタリアンオイルバケッタレザー・キーケース(マラカイト)


f0032021_15353224.jpg
f0032021_15354488.jpg




「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-09-12 15:36 | レザー作品 | Trackback

イタリアンレザー・プエブロ・ロディアメモ帳カバーとキーケース・時を刻む革小物

今回セミオーダー頂いたのは、
イタリアはトスカーナ産の
名門バダラッシカルロ社で鞣される
バケッタレザー

プエブロのショコラを使った、
ロディアメモ帳カバーとキーケースを制作しました。



{筆記をアップグレードする}


今回のロディアメモ帳カバーはno13用です。
久しぶりに、ペンホルダー×3本ではない、

シンプルな2つのL型ポケットの付いたタイプです。



{つぎ目のないカギを握る}


キーケースは、外に金具がこないので、
革の握り心地を楽しんでもらえます。

内側はフラットで、鍵がはみ出にくいスリット付きです。


f0032021_15482319.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・ロディアメモ帳カバーno13(コッチネラ)

f0032021_1548395.jpg

f0032021_15483653.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・キーケース(ショコラ)

f0032021_15494927.jpg
f0032021_1550128.jpg




「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-08-28 15:50 | レザー作品 | Trackback

エルクスキン・ブックカバーとキーケース・時を刻む革小物

柔らかな肌触りに
やみつきになる人が多い「エルクスキン」の
黄茶を使った、ブックカバーとキーケースを
制作しました。



{読書と手触り}

ブックカバーは、背表紙をとめるところ以外が、
2枚仕立てなので、更にもふもふです。

MDノートブックコットン(文庫本サイズ)のカバーとしても
私は使っています。



{つぎ目のないカギを握る}


キーケースは、内側はフラットで鍵が落ちにくいように
スリットを入れてあります。


f0032021_14104639.jpg



やみつきエルクのブックカバー(黄茶)

f0032021_1411598.jpg

f0032021_14112361.jpg



やみつきエルクのキーケース(黄茶)


f0032021_14114831.jpg
f0032021_14115789.jpg




更に厚みをました一度触れば、やみつきの柔らかさと、手に吸い付くような質感。
大自然を生き抜いてきた、たくましくしなやかで強靭な風合い。
加工では出せない、自然なシワや傷はまさに一点ものです。
ディアスキン同様水に強く、しかも、ディアスキンより個人的には柔らかくしなやかです。
愛着のもてるラフな革小物はエルク(ヘラ鹿)が最高です。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-08-20 14:12 | レザー作品 | Trackback

キーケースは「どれも同じ」ではないんです。

私はデザインを考える時、現在出回っているデザインを見て、

これ以外の形はないのか?

自分がほしいものはどんな形かを考えて、デザインを煮詰めていきます。



今回のキーケースもシンプルながら、どこにもない形です。


f0032021_1973318.jpg




キーケースを握るときに、革の手触りのみを楽しめるように、

金具は内側にしてあります。



f0032021_199877.jpg




キーケース二個分の革を使い、すべてを削ぎ落としてフラットにしてあります。



f0032021_1995667.jpg




鍵がバックやポケットで、

はみ出てこないように、スリットを入れてあります。





今回使用している革(アリゾナ)は、

イタリアはトスカーナ州ので生産されている

バケッタレザーを使用しています。



バケッタレザーを簡単に言うと、

「植物タンニンなめし」の後に「オイルを加える」ことで、

極上の経年変化を楽しめる革です。



アリゾナや私のところで使用している革は、

ブライドルレザー、クロムエクセル、ルガトー、エルクレザー以外は、

全てこの「バケッタレザー」(タンニンなめしも含め)の世界最高峰に位置する革たちです。





アリゾナの経年変化の様子です。



f0032021_19104552.jpg




製作工程はこちらで詳しく書いています。



手縫いで、すべての工程を一人で制作、

金具はイタリアの真鍮製フィオッキ社の最高級ホックを使用しています。



f0032021_1911133.jpg






オイルケアは不要で、

普段は乾拭きのみのケアが、一番いいです。
汚れが付いたときや、たまに、固く絞った柔らかい布で拭き、

乾拭きしてあげるといいです。

(馬毛ブラシがおすすめです。)



アリゾナ の他にもいろいろなラインナップがあります。


f0032021_1911388.jpg




スティーブ・ジョブスが言っています。



シンプルであることは、複雑よりも難しい。




「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。


「イタリアンヴィンテージバケッタレザー」は、

イタリアはトスカーナ州で鞣されている
フルベジタブル
オイルドプルアップバケッタレザーです。


ビンテージテーブルの天板のように、
なめらかな手触りと極上の光沢。

美しい濃淡のある色味。

最高級であるベンズの中央部分を
使用し、
通常よりもたっぷりのオイルを
染み込ませた事により、

革を曲げると色が薄くなる「オイルが走る」
現象をおこします。

俗にいうプルアップですので、曲げるところを中心に、
使う方によって全く違う上質なエイジングを
お楽しみいただけ、

唯一無二の経年変化を遂げていきます。



「ブッテーロ」は
ワルピエ社が作る極上皮革、イタリアンバケッタレザーの
最高峰に君臨し続けるブッテーロは、
世界中で讃えられ、「革」自体がブランドになっています。

フランス原皮のステア(成牛)のショルダー部分を、
人の手で、古典的な製法でフルタンニンなめし、手染めされた革です。

薄化粧のため牛の個性がそのまま出ますので、上品さとワイルドさが共存します。

傷も目立ちやすいですが、それを補って余りある、質感・発色・
エイジングに伴う色の深み・ツヤ
極めて丈夫で復元力持った革です。

使い手の手入れ次第で、
新品よりも強く美しくエイジングしていくバケッタレザーです。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-08-19 19:12 | 商品一覧と特徴 | Trackback

革の宝石ルガトー・長財布とキーケース・時を刻む革小物

今回は、ベルギーの名門タンナーである
マシュア社で生産されている、
革の宝石ルガトーの紺を
を使った、長財布とキーケースを制作しました。


{可動式・定番長財布}

長財布は、小銭入れ部分が可動式になっているので、
お札の出し入れがしやすいです。
ホックでしっかりととまります。

カードは、最低限の4枚です。

最低限の機能にすることで、
いらないものを入れず、掃除もしやすく
清潔に保てます。


{つぎ目のないカギを握る}

キーケースは、金具が外にこないので、
革の手触りだけを味わっていただけます。

内側は、すべてを削ぎ落とし、
フラットで、鍵がはみ出しにくいように
スリットをいれてあります。

f0032021_15254367.jpg



革の宝石・ルガトー・長財布(紺)

f0032021_15255429.jpg

f0032021_152637.jpg

f0032021_15261179.jpg



革の宝石ルガトー・キーケース(紺)

f0032021_15262451.jpg
f0032021_15263691.jpg




ルガトーは”革の宝石”と呼ばれている牛ヌメ革です。
タンニンで鞣す伝統的製法で作られ、ショルダーならではのトラ目と
深く透明感のある染色が特徴です。
ひとつひとつ異なる模様が個性となり、
使い込むほどに独特の味わいを増し、深みのある上質なつやがあります。
質感はしっとり張りがあり、繊維がみつで、
しっとりなめらかな、極上の肌触りです。

しかも、トラ(肩のシワの部分)は染料の色が鮮やかで、
光の加減や、時間帯によって、角度によって、色の印象が、全然違います。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-08-17 15:27 | レザー作品 | Trackback

鍵+小銭を持ち歩ける、手のひらサイズのミニマムなコインケース。

イタリアンオイルレザー・アコーディオンコインケースミニは、


ジョギングや近所の散歩に最適な、手のひらサイズのポケットに入る
アコーディオンコインケースです。



ちょっとそこまでに必要な鍵と小銭だけを持ち歩けるので、

玄関においておけば、さっと何も考えずに出かけられます。



そしてもちろん、イタリアンバケッタレザーの最高峰の経年変化を、真鍮製の金具と共に楽しめます。



f0032021_14505395.jpg




3っつのポケットに分かれている一番手前側には、真鍮製の2重リングがついているので、

鍵を収納できます。

真鍮製なので,革と共に経年変化を楽しめます。


f0032021_14512641.jpg




もう一つの蓋を開くと、2つのポケットがあるので、

種類別に小銭を入れたり、他のものを入れたり、

アイディア次第で、いろいろな使い方ができます。



f0032021_1452330.jpg




アコーディオンの仕切り部分は、金属のカシメではなく、

手縫いで仕上げているので、

丈夫で壊れにくいようになっています。



ホックもイタリアのフィオッキ社製の最高級ホックなので、

開閉の感触や音が非常にいいのも特徴で、もちろん壊れにくいんです。


今回使用している革(アリゾナ)は、

イタリアはトスカーナ州ので生産されている

バケッタレザーを使用しています。



バケッタレザーを簡単に言うと、

「植物タンニンなめし」の後に「オイルを加える」ことで、

極上の経年変化を楽しめる革です。



アリゾナや私のところで使用している革は、

ブライドルレザー、クロムエクセル、ルガトー、エルクレザー以外は、

全てこの「バケッタレザー」(タンニンなめしも含め)の世界最高峰に位置する革たちです。





経年変化(アリゾナ・アルノブルー)の様子です。



艶をまとい

色が深く美しく変化し、

しっとり柔らかい、吸い付くような手触りに変化しています。

やがて、シボ(凹凸のあるシワ)が伸びて平になっていきます。



f0032021_14534495.jpg




アリゾナの他にもいろいろなラインナップがあります。


f0032021_14542080.jpg




ムーミン谷に出てくる、スニフが言っていました。



「見るだけと、手でもって自分のだと思うのは、全然違うのになあ。」
by sittemasuka | 2018-07-02 14:54 | 商品一覧と特徴 | Trackback

新作・イタリアンレザー・アリゾナ・コンパクトキー財布・時を刻む革小物

新作です。イタリアのトスカーナ州で鞣されている、
極上バケッタレザー
アリゾナのアルノブルーと黒を使った
コンパクトキー財布を制作しました。



{これ一つで何処へでも}


コンパクトキー財布は、
コンパクトでお札・小銭・カード・鍵を収納できる
新しい2つ折り財布です。

L型のカード部分が可動式になっていて、
お札の出し入れがしやすくなっています。

お札の片方がホールドされるので、
鍵を使う際も落ちません。

小銭入れ部分には、膨らみをもたせてあり、
小銭の出し入れもスムーズです。


これ一つでどこへでも出かけられます。



f0032021_15183089.jpg





イタリアンオイルレザーアリゾナ・コンパクトキー財布(アルノブルー)

f0032021_1520913.jpg

f0032021_15201987.jpg



イタリアンオイルレザーアリゾナ・コンパクトキー財布(黒)

f0032021_15203346.jpg


f0032021_15204415.jpg
f0032021_15205763.jpg

f0032021_15271571.jpg




アリゾナは、
イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で
作られたハンドメイドレザーです。
特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、
天然植物タンニンでなめし、タンブル(シボ出し)加工しています。
そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められたイタリアを代表する
最高級レザーです。

天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、
そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-06-08 15:21 | レザー作品 | Trackback

イタリアンレザーアリゾナ・ロディアメモ帳カバーとアコーディオンコインキーケース

今回は、イタリアのトスカーナ州で鞣されている、
極上バケッタレザー
アリゾナのアルノブルーを使った
ロディアメモ帳カバーとアコーディオンコインキーケース
を制作しました。


{筆記をアップグレードする}


今回のロディアメモ帳カバーはno13用サイズです。

内側は太さ別のペンホルダー×3がついているので、
筆記はこれ一つでできます。

太いペンも入ります。(写真はDELTAヴィンテージ)です。

オレンジの表紙でおなじみ
1920年にフランスで誕生して以来、優れたデザイン性と使い勝手のよさで
ヨーロッパでは日常に欠かせないほど親しまれているメモパッドの定番です。



{手の平に収まる2way}


アコーディオンコインキーケースは手のひらサイズながら、
キーリングと小銭を分けて収納できるすぐれものです。



f0032021_162528.jpg





イタリアンオイルレザーアリゾナ・ロディアメモ帳カバー(アルノブルー)

f0032021_16261662.jpg

f0032021_16262484.jpg

f0032021_1626356.jpg

f0032021_16264527.jpg



イタリアンオイルレザー・アコーディオンコインケースミニ(アルノブルー)


f0032021_16265659.jpg
f0032021_1627771.jpg
f0032021_1627208.jpg
f0032021_16273517.jpg






アリゾナは、
イタリア中部に位置するトスカーナ地方で伝統的な製法で
作られたハンドメイドレザーです。
特に厳選された牛の肩(ショルダー)部分のみを用い、
天然植物タンニンでなめし、タンブル(シボ出し)加工しています。
そして 職人の手によって1枚1枚丁寧に染められたイタリアを代表する
最高級レザーです。

天然皮革特有の自然なシボとイタリアならではの色の深み、
そして使い込んでいくと味が出てくる経年変化をぜひ楽しんでみてください。





エルバマットは、

イタリアは、トスカーナ州でなめされている、バケッタレザーです。

独自のブレンドのオイルを配合し、
粘りのあるしなやかさ,マットな質感を表現。

蝋の原料とオイルを浸透させているため、
使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、
さらに、
ロウが溶け出し見事なまでに美しい艶感と深みが覆っていきます。



微妙な色合いは他を寄せ付けず、
色彩感覚の鋭さ、繊細な技術を見ることができると思います。


エイジングは比較的早い革です。

表面にブルームが浮き、
白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで美しい色合いが顔を出します。





気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-06-02 16:28 | レザー作品 | Trackback

イタリアンヴィンテージバケッタレザー・L型ペンケースとキーケースと名刺入れ

今回は、先日新入荷した、
イタリアのトスカーナ州で鞣されている、
光沢とプルアップが見せるヴィンテージ感が美しい
極上バケッタレザー
・イタリアンヴィンテージバケッタレザーのコニャックを使った、
L型ペンケースとキーケースと名刺入れを制作しました。



{L型の取りだしやすさ}


L型ペンケースは、直線と比べ出し入れがしやすいのが
特徴です。


{つぎ目のないカギを握る}

キーケースは2つ分の革を使った贅沢な仕様です。

外側に金具が出ないので、
革の手触りを楽しんでいただけます。

内側はフラットで、鍵がはみ出にくいようにスリットを
入れてあります。



{大人の嗜み(たしなみ)}


名刺入れは、40枚ほど収納可能なシンプルなもので、
クレジットカードやポイントカードの収納などにも
向いています。



f0032021_1461220.jpg




イタリアンヴィンテージバケッタ・L型ペンケース(コニャック)

f0032021_147528.jpg

f0032021_148656.jpg

f0032021_1481431.jpg

f0032021_1482152.jpg



イタリアンヴィンテージバケッタ・キーケース(コニャック)


f0032021_1483322.jpg

f0032021_1484182.jpg



イタリアンヴィンテージバケッタ・名刺入れ(コニャック)


f0032021_1485420.jpg
f0032021_149419.jpg
f0032021_1491244.jpg
f0032021_1491979.jpg





「イタリアンヴィンテージバケッタレザー」は、

イタリアはトスカーナ州で鞣されている
フルベジタブル
オイルドプルアップバケッタレザーです。


ビンテージテーブルの天板のように、
なめらかな手触りと極上の光沢。

美しい濃淡のある色味。

最高級であるベンズの中央部分を
使用し、
通常よりもたっぷりのオイルを
染み込ませた事により、

革を曲げると色が薄くなる「オイルが走る」
現象をおこします。

俗にいうプルアップですので、曲げるところを中心に、
使う方によって全く違う上質なエイジングを
お楽しみいただけ、

唯一無二の経年変化を遂げていきます。




気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)




前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2018-05-22 14:10 | レザー作品 | Trackback