厳選したヨーロッパのタンニン鞣しの革を中心に使い、一点物の総手縫いの革小物の制作・販売をしています。leon


by sittemasuka

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
詐欺サイトにご注意ください
製作工程~革小物ができるまで
レザー作品
レザー商品販売サイト
革小物オーダーについて
長財布・手帳セミオーダー説明
商品一覧と特徴
革の比較と特徴の説明
バケッタレザーとは?
革の経年変化とお手入れ
使用皮革
Many CHOICEとは
ギフトラッピングについて
お気に入りの良い物・本
長く続けてほしい旨いお店。
日々
純喫茶探訪
。。
ヘナアート
ラメヘナアート
アジア旅行記
沖縄
日本
民族楽器
夢の島オーストラリア
茅ヶ崎ギャラリー 
福岡
未分類

タグ

(366)
(248)
(193)
(154)
(123)
(113)
(97)
(94)
(87)
(73)
(63)
(62)
(52)
(50)
(47)
(44)
(43)
(33)
(31)
(29)
(16)
(15)
(15)
(14)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)

最新の記事

セミオーダー・プエブロコンパ..
at 2019-07-18 15:41
セミオーダー・イタリアンレザ..
at 2019-07-11 15:52
セミオーダー・病みつきエルク..
at 2019-07-10 13:51
消費増税の愚行ととどめ
at 2019-07-03 17:58
革の宝石ルガトー・2つ折りコ..
at 2019-07-03 17:25

記事ランキング

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月

画像一覧

ブログパーツ

ここにブログパーツのスクリプトを入れてください。
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

ファッション
シンプルライフ

ファン

タグ:プエブロ ( 123 ) タグの人気記事

セミオーダー・プエブロコンパクトキー財布とエルクのブックカバー

今回セミオーダー頂いたのは、
世界最高峰の革が集まるイタリアはトスカーナ産の
なかでも抜きに出るバケッタレザー
を鞣す、名門バダラッシカルロ社の

プエブロのオリーバを使った、
コンパクトキー財布です。


それとともに
エルクのブックカバーも制作しました。



{これ一つで何処へでも}

コンパクトキー財布は、これ一つで、
お札・鍵・小銭・カードが収納できるコンパクトな
すぐれものです。

L型のカード部分が可動式になっていて、
お札の出し入れがしやすくなっています。

お札の片方がホールドされるので、
鍵を使う際も落ちません。


小銭部分は膨らみをもたせているので、
出し入れがしやすようになっています。

これから配送しますので、お楽しみに。



{読書と手触り}

本体裏張りをした、厚めのエルク2枚分のもふもふです。

文庫本サイズのシンプルなもんですが、
エルクの優しい手触りに癒やされます。


MDノートブックコットン(文庫本サイズ)のカバーとしても
私は使っています。

MDは万年筆と相性が良いので、おすすめです。


f0032021_15383921.jpg



セミオーダー・イタリアンレザー・プエブロ・コンパクトキー財布(オリーバ)


f0032021_15384911.jpg

f0032021_15385951.jpg

f0032021_15391248.jpg
f0032021_15392124.jpg
f0032021_15393133.jpg




やみつきエルクのブックカバー(黄茶)

f0032021_15394464.jpg

f0032021_1539527.jpg

f0032021_1540395.jpg

f0032021_15401094.jpg






更に厚みをました一度触れば、やみつきの柔らかさと、手に吸い付くような質感。
大自然を生き抜いてきた、たくましくしなやかで強靭な風合い。
加工では出せない、自然なシワや傷はまさに一点ものです。
ディアスキン同様水に強く、しかも、ディアスキンより個人的には柔らかくしなやかです。
愛着のもてるラフな革小物はエルク(ヘラ鹿)が最高です。


「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-07-18 15:41 | レザー作品

セミオーダー・イタリアンレザー・プエブロ・ロディアメモ帳カバーno13

今回セミオーダー頂いたのは、
世界最高峰の革が集まるイタリアはトスカーナ産の
なかでも抜きに出るバケッタレザー
を鞣す、名門バダラッシカルロ社の

プエブロのコニャック・オルテシア・
コッチネラ・オリーバを使った、
ロディアメモ帳カバーno13を制作しました。


{筆記をアップグレードする}


ロディアメモ帳カバーは、13用です。(no11用もあります)

L型ポケットを2つ配置したシンプルな形です。



太いペンも入ります。


写真はDELTAヴィンテージです。




お客様のご要望で、プエブロを4色配置しました。

自分では思いつかない配色で、とても新鮮で、
とてもいい色合いになりました。


先程配送しましたので、お楽しみに。



セミオーダー・イタリアンレザー・プエブロ・
ロディアメモ帳カバーno13(多色使い)




f0032021_15513731.jpg

f0032021_15514354.jpg

f0032021_15515342.jpg

f0032021_1552126.jpg

f0032021_15521017.jpg





「プエブロ」は、イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社でバケッタ製法(タンニン鞣し)で
鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-07-11 15:52 | レザー作品

セミオーダー・病みつきエルクとプエブロの長財布

今回セミオーダーお頂いたのは、柔らかでフカフカのエルクと
イタリアンバケッタレザーを使った
長財布です。


{可動式・定番長財布}


お客様のご希望により、本体の裏張り
コインケース前面を裏張り・お札部分もエルクを使用しました。

その他はプエブロのオリーバです。


コインケース部分が可動式なので、お札の出し入れが容易です。

カードは最低限の4枚です。


染料染めの柔らかなエルクとプエブロの
エイジングをそれぞれ楽しんでいただけると思います。


黄色とグリーンの優しい色合いになりました。


これから発送しますので、お楽しみに。



セミオーダー・エルク×プエブロ・長財布(黄茶×オリーバ)


f0032021_13494533.jpg

f0032021_1349353.jpg

f0032021_13495545.jpg

f0032021_1350367.jpg

f0032021_13501182.jpg




更に厚みをました一度触れば、やみつきの柔らかさと、手に吸い付くような質感。
大自然を生き抜いてきた、たくましくしなやかで強靭な風合い。
加工では出せない、自然なシワや傷はまさに一点ものです。
ディアスキン同様水に強く、しかも、ディアスキンより個人的には柔らかくしなやかです。
愛着のもてるラフな革小物はエルク(ヘラ鹿)が最高です。


「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-07-10 13:51 | レザー作品

イタリアンレザー・プエブロ・システム手帳・時を刻む革小物

世界最高峰の革が集まる
イタリアはトスカーナ産の
なかでも抜きに出るバケッタレザー
を鞣す、名門バダラッシカルロ社の

プエブロのバイオレット(紫)を使った、
システム手帳を制作しました。


{共に刻む歴史}

システム手帳は、左側にペンホルダーを配置したことで、
筆記の際邪魔になりません。

太めのペンも収納可能です。
(写真はDELTAヴィンテージ)

カードも4枚収納できます。



イタリアンレザー・革新のプエブロ・システム手帳(バイオレット)



f0032021_1712468.jpg
f0032021_17125431.jpg
f0032021_1713252.jpg
f0032021_17131513.jpg
f0032021_17132549.jpg





「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-06-19 17:13 | レザー作品

イタリアンレザー・プエブロ・ブックカバーとキーケース

今回は、世界最高峰の革が集まる
イタリアはトスカーナ産の
なかでも抜きに出るバケッタレザー
を鞣す、名門バダラッシカルロ社の

プエブロのオリーバを使った、
ブックカバーとキーケースを制作しました。


{読書と手触り}

ブックカバーは、文庫本サイズのシンプルなものです。

ブックカバーの他に、
万年筆と相性が良いい、MDノートブックコットン
(文庫本サイズ)のカバーとしても
私は使っています。

ほぼ日誌手帳のカバーとしても。

シンプルなものですが、手触りと経年変化が
読書をより深く楽しめるものにできると思います。



{つぎ目のないカギを握る}


キーケースは、外側に金具が来ないので、
革の握り心地を楽しめます。

内側はフラットで、
鍵がはみ出にくいように、
スリットを入れているのが、特徴です。


f0032021_19404469.jpg




イタリアンレザー・革新のプエブロ・ブックカバー(オリーバ)


f0032021_1941435.jpg

f0032021_19415018.jpg

f0032021_19415967.jpg
f0032021_1942738.jpg


こちらは、MDを入れたところです。

f0032021_1947185.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・キーケース(オリーバ)



f0032021_19422560.jpg
f0032021_19424294.jpg

f0032021_19425493.jpg



「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-06-05 19:43 | レザー作品

イタリアンレザー・プエブロ・2つ折りコインキャッチャー財布と2本差しペンケース

今回は、世界最高峰の革が集まる
イタリアはトスカーナ産の
なかでも抜きに出るバケッタレザー
を鞣す、名門バダラッシカルロ社の

プエブロのオリーバを使った、
2つ折りコインキャッチャー財布と
2本差しペンケースを制作しました。



{煩わしさから楽しさへの鍵}


2つ折りコインキャッチャー財布は、お札も入るようになった
最新版です。

小銭を分けて収納でき、1円5円はコインポケットへ。
カードとお札も収納でき、

お支払いをスムーズにしてくれます。

サイズは手のひらサイズのコンパクトな仕様です。




{少数精鋭}

2本差しペンケースは、厳選した2本のペンを持ち運ぶための
シンプルなペンケースです。

蓋もなく、厚手の革なのでペンの太さに合わせ
経年変化をおこし、出し入れがとてもスムーズです。

太めのペンも入ります。
写真のペンの太い方は、
ファーバーカステルエモーション(万年筆)です。

長さ:約138mm(収納時)

最大胴軸径:約14.4mmφ キャップ径:約16.8mmφ(クリップを除く)




f0032021_1613117.jpg




イタリアンレザー・革新のプエブロ・2つ折りコインキャッチャー財布(改)(オリーバ)

f0032021_1622875.jpg

f0032021_1623819.jpg

f0032021_1624975.jpg
f0032021_1625728.jpg




イタリアンレザー・革新のプエブロ・2本差しペンケース(オリーバ)



f0032021_1631285.jpg
f0032021_1632548.jpg
f0032021_1633732.jpg




「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-05-25 16:04 | レザー作品

イタリアンレザー・プエブロ・ドリップポット鍋つかみ・時を刻む革小物

今回は、世界最高峰の革が集まる
イタリアはトスカーナ産の
なかでも抜きに出るバケッタレザー
を鞣す、名門バダラッシカルロ社の

プエブロのコニャック・ショコラ・バイオレットを
使った、
ドリップポット鍋つかみを制作しました。


{珈琲時間}

ドリップポット鍋つかみは、
ドリップポットに特化した鍋つかみです。
(画像のポットはカリタ銅ポット600)

一杯のコーヒーを特別な時間に。


プエブロを贅沢に2枚重ねにし、
2箇所のスリットにより、
人差し指から小指までと親指を
入れられます。
親指や小指は出しても使え、
左右どちらの手でも使用可能です。


写真を見てもらえれば、わかりますが、
縦型のポットの場合、三角形の先の部分が
持ったときに支えの役目を果たし、
革の厚みもありますので、
軽い力でも支えられるようになっています。

出かけるときや、フックに掛けられるように
真鍮製尾ハトメとプエブロの紐が付いています。

縦型の他に上から持つタイプにも使用可能です。


※使い初めは、少し固く感じるかもしれませんが、
使用につれ革も柔らかくなり、使いやすくなっていきます。


f0032021_164309.jpg



※金属に鍋つかみが当たらないように撮影しています。


イタリアンレザー・革新のプエブロ・
ドリップポット鍋つかみ(コニャック×ショコラ)


f0032021_16444241.jpg
f0032021_16442096.jpg

f0032021_16445424.jpg
f0032021_16512624.jpg





イタリアンレザー・革新のプエブロ・
ドリップポット鍋つかみ(バイオレット)



f0032021_16452229.jpg
f0032021_16453621.jpg
f0032021_16454538.jpg
f0032021_16455796.jpg



f0032021_16461781.jpg
f0032021_16463287.jpg
f0032021_1646441.jpg




「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-05-22 16:47 | レザー作品

ザッセンハウスコーヒーミルとカリタ銅ポットと新作鍋つかみ。

ゴールデンウィークの影響か、今月の
売上が激減で大変な状況の中、そんな場合でもないのですが、

ある焙煎の達人の店との出会いをきっかけに、
今までのコーヒーへの価値観が変わり、
コーヒー沼に更に更に入り込んでしまっています。

ドリッパーやポット、ペーパーなどを買っては
試し買っては試しの沼の中です。

そんななか、
あるかたから、ずっと気になっていたコーヒーミル
ザッセンハウスを頂きました。

f0032021_1355753.jpg



前に買った、カリタのすりつぶす刃と違い、
ザッセンハウスは豆をカットする刃なので、
手応えが軽く、豆の粗さが均一になります。

挽いているときの香りも段違いで、
ドリップの最初の蒸らしの時の香りのたちも
全然違います。

カリタと同じ細挽きでの湯抜けも良く、
細かいながら、湯だまりができにくいのも
優秀です。

雑味のもとの微粉もかなり少なくなります。


ただ一つ、粗さの調節ネジが、
固定式ではないので、
引く前に少量挽いてみて、粗さの確認が必要なのと
挽き具合が変わるため
安定した淹れ方が難しいです。

安定感、香り、手応え、デザイン、木の質感
どれをとっても買う価値のある逸品です。



ポットもステンレスのものから、
カリタの銅のポット(内側は錫メッキ)のものに
変えました。

錫メッキは、水の味を良くする効果があると
色々なところで、聞きますが、

個人的な感じ方ですが、
錫メッキの質にもよるのかもしれませんが、
コクが少し薄くなる印象があります。

そそぎ心地は、600mlの小さいもののせいか、
ドリップをするときに持ち上げながら、
お湯を落とさないと、ドリッパーに
当たります。

特に2人~4人用のドリッパーでは、注ぎにくく当たります。
1人~2人用ののドリッパーであれば、
奥側を注ぐときに少し持ち上げ気味にすると
湯量が均一になります。


それと、ポットの先から注ぐ時の湯量ですが、
やや太く、角度が急なので、特に初めは急に太く
お湯が出る傾向にあります。

急須スキッターを付け、角度を急にしてやると、
かなり改善します。


それでも、スレンレスの角度がゆるいものと比べ
湯は少し太くなります。

(ステンレスのものはこのぐらいの太さにできます。)
f0032021_1415263.jpg



色々なものをさしひいても、経年変化と共に、
銅のポットを使うのは、盛り上がります。


プラスチックの持ちてのものは、便利ですが、
デザインが野暮ったいのと、特に外で使う場合、
プラスチックが溶けてしまうので、真鍮製のものにしました。

f0032021_14192166.jpg





そこで、イタリアンバケッタレザー・プエブロで
新作の鍋つかみを制作しました。

f0032021_14194539.jpg


プエブロを贅沢に2枚重ねにし、
2箇所のスリットにより、人差し指から小指までと親指を
入れられます。
親指や小指は出しても使え、
左右どちらの手でも使用可能です。


画像を見てもらえれば、わかりますが、
縦型のポットの場合、三角形の先の部分が
持ったときに支えの役目を果たし、
革の厚みもありますので、
軽い力でも支えられるようになっています。

出かけるときや、フックに掛けられるように
真鍮製尾ハトメとプエブロの紐が付いています。


f0032021_1423496.jpg

f0032021_14231724.jpg



内側

f0032021_1427022.jpg


縦型の他に上から持つタイプにも使用可能です。


f0032021_11473870.jpg



使い初めは、少し固く感じるかもしれませんが、
使用につれ革も柔らかくなり、使いやすくなっていきます。



銅のポットやザッセンハウスと共に
プエブロの鍋つかみも経年変化を重ね
美しくなっていきます。


余談ですが、

ドリッパーはステンレスのものよりも、
ハリオの円錐型ドリッパーがおすすめです。

f0032021_1431472.jpg


そこに写真のように、メリタのドリップペーパーを
折っていれるのが、現在のところおすすめです。


ただのコーヒーを淹れる時間が、
道具により豊かに深くなっていきます。

買い物は、新しい扉を開いてくれ、
物事をより深いところまで連れていってくれるので、
失敗や発見がとてもおもしろいです。
by sittemasuka | 2019-05-20 14:44 | お気に入りの良い物・本

イタリアンレザー・プエブロ・長財布2・時を刻む革小物Many CHOICE

今回は、世界最高峰の革が集まる
イタリアはトスカーナ産の
なかでも抜きに出るバケッタレザー
を鞣す、名門バダラッシカルロ社の

プエブロのバイオレットを使った、
長財布2を制作しました。



{シンプルにお札を入れる}

長財布2は、シンプルにお札を入れるための
長財布です。

100万円以上たっぷりとお札が入り、
マチも広いので、出し入れがスムーズです。

カードは最低限の4枚。

小銭を入れることも可能です。

私もいつもこの長札入れと小銭を分けて
使用しています。


余計なもの入れないと掃除もしやすく、
清潔に保てます。


イタリアンレザー・革新のプエブロ・長財布2(バイオレット)



f0032021_14112184.jpg
f0032021_14113089.jpg
f0032021_14113969.jpg
f0032021_14114637.jpg
f0032021_1411579.jpg




「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-05-18 14:12 | レザー作品

イタリアンレザー・プエブロ・システム手帳とロディアメモ帳カバー・時を刻む革小物

世界最高峰の革が集まる
イタリアはトスカーナ産の
なかでも抜きに出るバケッタレザー
を鞣す、名門バダラッシカルロ社の

プエブロのオリーバを使った、
システム手帳とロディアメモ帳カバーを制作しました。


{共に刻む歴史}

システム手帳は、左側にペンホルダーを配置したことで、
筆記の際邪魔になりません。

太めのペンも収納可能です。
(写真はDELTAヴィンテージ)

カードも4枚収納できます。



{筆記をアップグレードする}


ロディアメモ帳カバーはno11サイズです。

ペンホルダーも排除したことでスッキリとしたデザインで
コンパクトです。

シンプルなものほど、上質な革で。


f0032021_1615863.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・システム手帳(オリーバ)


f0032021_162113.jpg

f0032021_1622168.jpg

f0032021_1622966.jpg



イタリアンレザー・革新のプエブロ・ロディアメモ帳ホルダー(オリーバ)



f0032021_1624263.jpg
f0032021_1624984.jpg





「プエブロ」は、
イタリアのトスカーナ地方にあるバダラッシカルロ社で
バケッタ製法(タンニン鞣し)で鞣されています。

イタリア語で、プエブロは「プエブロインディアン」の
集落を表し、
ワイルドさと温かみが混在する魅力的な革です。

佇まいは絵画のようで、エイジングは妖艶。


バケッタ製法が生む、たっぷりのオイルが
滑らかで手に吸い付くような手触りへ変化を実現します。


仕上げに表面を荒らすことで生まれる、
唯一無二の表情とエイジング。

使い込むことで、起毛の質感から滑らかに艶をまとい、
色は深みを増し、劇的とも言える変化をしていきます。

まさに、革新です。



気に入ってもらえたら、インターネットのサイトで
レザーで作った大事な作品たちを買ってもらえたらと、思います。
一つ、一つ丹精込めて制作しています。

使っている革はタンニンなめし(植物のタンニンで鞣した革)の革と
上質な(染料染めの)コンビなめしの革です。(タンニン鞣しとクロム鞣し)

革の持つ味わいを、残しつつ、使っていくほどに味わいが出ていく革です。

こちらから、お願いします。
メインの販売サイトは
http://manychoice.shopselect.net/

(後払い・クレジットカード・ゆうちょ振込・コンビニ払い可能です。)


https://manychoice.stores.jp/#!/
(クレジットカード払い可能です。)
上記サイトのみ送料無料

こちらでも、販売しています。

http://www.iichi.com/shop/F8595193
(クレジットカード・コンビニ払い可能です。)



前に撮っていた、写真の販売も始めました。
https://hikarinoki.thebase.in/



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村<
by sittemasuka | 2019-05-11 16:04 | レザー作品